TOP1
TOP2
Slider

転職で「卒業証明書」が必要になる理由と発行方法について解説!

転職で「卒業証明書」が必要になる理由と発行方法について解説!

卒業証明書は内定が決まった際に企業から求められるケースが多く、転職で必要になるとは思っていないという人もいます。

しかし、学歴詐称などを防ぐために転職先企業から求められるケースもあるのです。

すぐにいける範囲に学校があり、すぐに発行できる場合はそれほど障害にならない場合もあります。

遠隔地の大学などの場合は郵送などが必要になるため、早めに手続きをする意識も大切です。

学校ごとに手続きの方法が異なるのもポイントで、問い合わせをした上で対応するのが確実です。

卒業証明書とは?転職で卒業証明書が必要になる理由

転職で卒業証明書が必要になるのは、学歴詐称を防ぐためです。

学歴詐称があれば業務に支障を及ぼす可能性があるだけでなく、企業イメージを傷つけるようなリスクも背負うことになります。

特に高学歴で専門性が高い分野での人材獲得を目指す場合、論文や卒業証明書の重要性が増します。

製薬会社や医療系の企業であれば詐称によって発生する損失も大きくなりがちなのもポイントです。

採用コスト自体が高くなりがちなため、自衛のために卒業証明書を求めるケースがあるのです。

また、学校の統廃合などで学校の実在性の確認が難しくなっている場合や、地方の大学などで特徴が確認できない場合なども追加書類として求められる可能性があります。

高学歴であるほど企業の採用コストが上がるのがポイント

卒業証明書は学歴を保証するために必要になります。卒業を証明する書類がなければ学歴詐称の恐れが出てきます。

高い学歴や専門性が求められる仕事ほど、学歴に敏感にならざるを得ないのがポイントです。

これは人材にもめられるハードルが高く、希少な人材を選ばざるを得ない場合が多いためです。

能力がない人を採用しても採用コストやチャンスが無駄になるため、企業の負担が大きくなるのです。

採用のコストは企業が負担するのが一般的で、学生や転職者に求めることができません。

そのため、最低限の保証として卒業証明書が機能する場合があるのです。

専門性が低く、学歴が求められない仕事であれば卒業証明書を求められるケースも減ります。

転職を繰り返しても全く卒業証明書を求められないケースもありえます。

さほど重要でない場合は振るい落としの可能性もある?

転職にそれほど学歴が必要がなくても、振るい落としとして使われるケースもあります。

重要な手続きではなくても、一度導入して慣習化しているケースも存在し、担当者も必要性を理解していないケースもあります。

重要なのは実際に求められたときに対応できるのか、期限内などに用意が出来るかどうかです。

卒業証明書の発行には時間がかかるケースもあります。

発行が定めらた期間までに用意できない場合は転職先企業に説明する義務が発生します。

もちろん、卒業証明書の提出を拒むようなことがあればいらぬ疑念を招きかねないのもポイントです。

企業側にそれほど不利益になることが少ないため、ついでの感覚で要求することもありえるのです。

疑うような姿勢を示せばマイナス印象になることもありえるため、必要であれば確実に手続きを行い、しっかりと経過を報告することが大切です。

地方の大学や専門学校は単純に担当者が知らないケースもありえる

高学歴でチェックが必要な職業ではなくても、単純に企業の担当者が名前を知らないので確認したいケースなどもありえます。

自分が住んでいる地方以外の大学名に詳しい人は少なく、どのような大学か想像するのも困難な場合があるからです。

ネットなどで調べても情報が出ない場合や、学校の統廃合で確認がとりづらくなっているケースもあります。

不確実なことは可能な限り取り除きたいのが企業担当者の心理です。

大学などが実在したかどうか確認するために、卒業証明書を求められることもありえるのです。

卒業証明書があれば、学校の実在が確認できるだけでなく、どのような特色を持っていたか確認することができます。

どの段階で卒業証明書が求められかで違いがあるものの、採用担当の理解することもプラスになるケースがあるのです。

卒業証明書の発行方法について

卒業証明書は卒業証書とは別で、大学などが学校を卒業したことを証明する書類になります。

発行は有料であることが一般的で、事務手続きの費用として500円程度の費用がかかります。

学校によって費用が変わり一律ではないことに注意が必要です。

遠隔地の場合は郵送などの手続きを依頼することになりますが、家族などを経由して代理で発行してもらえる場合もあります。

この場合は委任状が必要になるため、事前の準備が大切になります。

学校で手続きをすれば卒業証明書を受け取ることが出来る

大学等の卒業証明書は必要に応じて発行してもらうもので、全ての人が貰える書類ではありません。

一般的には内定が決まったときなどに利用されます。

事務的な負担が発生するため有料での発行になることが多く、手続きに時間がかかるケースもあります。

手続きにかかる時間も学校によってまちまちです。

大学に直接行けばその日の内に発行される場合もありますが、数日から数週間かかるケースもあります。

卒業から年数がかかっている場合などは確認に時間がかかる場合もあるため、事前に問い合わせておくとトラブルを避けられます。

発行には身分証明証も必要です。

学校によって必要な書類が増える場合や、受付が出来る書類が異なるのもポイントです。

免許証など写真付きの身分証が使われることが多く、パスポートやマイナンバーカードで代用できることもあります。

遠隔地の場合は郵送や家族に代理での取得を依頼することになる

卒業した大学が身近にあれば、窓口に行けば簡単に卒業証明書の発行も比較的スムーズです。

一方で遠隔地にある場合は郵送などの手続きが必要になり、書類の往復が発生すれば発行に時間がかかるケースもでてきます。

ぎりぎりになると必要なタイミングに間に合わない可能性もあるため、企業などに求められた場合は早めに手続きをすることが大切です。

問い合わせをして間に合わないことがわかった場合は企業側に正直に伝えるなど、誠実な対応が必要になります。

到着日などを学校に確認した上で、企業に伝えることが重要です。

急ぎであれば家族などに代理で手続きをして貰うことも視野に入ります。

卒業証明書は委任状があれば第三者に発行を代行してもらうことができます。

委任状を用意した上で家族に手続きをして卒業証明書を発行してもらい、郵送して貰えば手続きの期間を短縮できる場合があるのです。

委任状を利用して手続きをする場合は、自分の身文章だけでなく手続きを代行する人の身分証明証、卒業証明書発行申請書類の用意が必要です。

書類の不備などがあれば発行が遅れる可能性もあるため、早め早めに行動するのが原則になります。

統廃合が合った場合も卒業証明書の発行は可能

学校の統廃合があり、卒業した学校がなくなっている場合も手続きは可能です。

統合された場合は統合先の大学などに問い合わせ、手続きをすることができます。

廃校になった大学などであっても、学校所在地の教育委員会に問い合わせれば卒業証明書の発行が可能です。

まず、教育委員会の問い合わせ先から確認する必要がありますが、発行手段がゼロになるわけではないのです。

ネットで連絡先が確認できるケースも珍しくないため、まずはネットで調べてみるのも方法です。

専用のサイトなどがない場合は実際に電話して窓口などを確認する必要があり、一般的な大学へ発行を依頼するよりも時間がかかるケースもでてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です