TOP1
TOP2
Slider

フォークウェルはエンジニアに特化した転職サービス|口コミ評判・ジョブ&スカウトもご紹介

フォークウェル

あなたが今転職を考えている場合、様々な転職サイトやエージェントをチェックしているでしょう。
それはとても素晴らしいことですし、あなたに合ったモノを選ぶためには必ずやるべきことだといえます。
おそらく、あなたは大手転職サイトやエージェントをまずはチェックしている(目に入る)はずですが、そういったサイトやエージェント以外にもたくさんの「転職媒体」が存在します。

ポイント
そこで、もしかしたらあなたもノーマークのフォークウェル(Forkwell)という転職サイトについてご紹介していきたいと思います。

フォークウェルとは?

おそらく、特定の方以外はこの転職サイトについてご存知ない方の方が多いはずです。
では、フォークウェルとはどんな転職サイトなのかということをお伝えしましょう。

フォークウェルとは、株式会社groovesによって運営されているもので、このグループの主要株主には三井住友海上キャピタル株式会社やちばぎんキャピタル株式会社、株式会社新生銀行、株式会社JTBなど、錚々たるメンツが名前を連ねています。
インターネットを活用した総合人材サービスを提供している企業で、その企業によって生み出されたのが、ここでご紹介しているフォークウェルです。

そんなフォークウェルは、エンジニアに特化した転職サービスとなっており、大きく分けて3つのサービスを展開しています。
1つはフォークウェルスカウト、2つ目はフォークウェルジョブズ、そして最後はフォークウェルエージェントです。
では、この3つの詳細をご紹介しましょう。

フォークウェルスカウトって?

フォークウェルスカウトの内容をご説明していきましょう。

フォークウェルスカウトとは、エンジニアに特化した転職スカウトサービスです。
今まで、転職サイトを利用すると、毎日ひっきりなしにスカウトメール(というよりは意思確認レベル)が届きましたよね。
しかし、フォークウェルスカウトはあなたの経歴や希望などを考量した上での「厳選した」スカウトのため、あなたにマッチした企業からのスカウトを受け取ることができます。
これによって効率的な転職活動ができるというわけです。

フォークウェルジョブズって?

もう1つのカテゴリーであるフォークウェルジョブズの詳細を見ていきましょう。

こちらは、ウェブ系、スタートアップ業界に特化したエンジニア専門のサイトとなります。
プロダクトと開発環境から求人が選べるというものです。

フォークウェルエージェントって?

最後のフォークウェルエージェントとは何かについて見ていきましょう。

フォークウェルジョブズに似ていますが、フォークウェルエージェントは、ウェブ系やスタートアップ業界に特化した転職エージェントサービスのことを指します。
つまり、リクルートエージェントなどの転職エージェントと同じです。
エージェントのスタッフの方たちも、IT系などの技術に富んだ知識を有しているので、あなたの転職をスムーズに導いてくれます。
これは、フォークウェルジョブズと提携していて、非公開求人を紹介してくれることもあるので、大いに利用したい所です。

フォークウェルの特徴

既にフォークウェルがどんなサイトかということはわかっていただけたかと思いますが、さらにフォークウェルがどんな特徴を持つ転職サイトなのかということをご紹介していきましょう。

「デキる」ITエンジニア系のためのサービス

ただのIT系エンジニアを求めているわけではなく、転職者を対象としているため、「デキる」IT系エンジニアを求めています。
今勤めている(今まで勤めていた)IT系企業のネームバリューも役には立ちますが、大手企業以外の求人も扱うフォークウェルでは、それ以上にあなたの実質的な「ITに関する能力」が求められることも多いので、実績がない方にもおすすめですよ。

ハイクオリティな求人が多い

誰もがブラック企業には務めたくありません。
特に今の時代はそういったことが焦点となっているので、より一層そういった企業は避けたい所です。
そんな時代に沿ってか、フォークウェルではハイクオリティ(高収入・高待遇)の求人がIT系に強い転職サイトにしては集まっています。
そのため、朝から晩まで休みなく働かされると評判の業界をメインとするフォークウェルですが、そういった環境ではなく、心地よい空間でそういった仕事がしたいという方にも納得していただけます。

エンジニア目線で作られている

エンジニアに特化した転職サイトということもあって、ターゲットがエンジニアです。
そのため、エンジニア目線のサイトとなっていて、知らない人であれば「は?」と、思ってしまうこともあるかもしれませんが、エンジニア目線で考えると、すごく見やすいさいとになっています。

「ハッピー」がモットー

働く=辛いと考える方は少なくありません。
特に、日本では、有給だってまとまってとることなんてあまりできませんし、何だかわからないけどいつも残業をしている、しかも無報酬で。
しかし、誰もそんな労働環境は求めていないわけです。
そこでフォークウェルが考えたのが、「ハッピーに働く」というものです。
それを作る情報や場所を提供したいと思っているので、より良い環境で働きたいエンジニアにぴったりです。

フォークウェルのメリット

エンジニアの方にとってはメリットが多そうなフォークウェルですが、具体的にどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

エンジニア職種のスペシャリスト

エンジニアという業種に特化しているため、フォークウェルはこの業種のスペシャリストともいえる存在です。
中でも、ITとウェブ業界のエンジニアに強く、専門的な業界なので、こういった特化タイプの転職サイトでないと巡り合えないような求人と巡り合えるという、使って損はしない転職サイトです。

エンジニアベースだから使いやすい

エンジニアに特化したサイトということもあって、目線がエンジニア仕様なのです。
そのため、「こだわり」検索では、「現場で使われている技術」など、エンジニアならではの職場環境検索の仕方もできるようになっています。
特に職場環境にこだわる方、企業が使用するシステムやソフトにこだわる方にはぴったりでしょう。

スムーズに転職活動ができる

フォークウェルは、応募する段階から希望年収などを出すことができます。
これは、通常面接時などに伝えるものですが、なかなか面と向かって希望年収は言えません(あまりにも高いものを伝えたら不採用になる可能性があると考えるため)。
ですが、インターネットを通してであれば、ある程度の金額は伝えやすいですし、このせいで面接に行きつかなかった場合でも「ああ、その程度の企業か」と、納得することができます。

最低限の情報で登録できる

インターネットを介して個人情報を入力することに不安を感じている方は少なくないでしょう。
こういったしっかりとした転職サイトでは、社内システムエンジニアや社外の業者を利用して個人情報の漏洩を防ぐ努力はしています。
それでも100%それが防げるという保証はないので、あまり細かい個人情報は伝えたくありませんよね。
ですが、フォークウェルの場合、住所など、あなたを特定する情報入力は必須ではないので、最低限の情報だけで登録することができる、個人に優しいサイトです。

フォークウェルのデメリット

メリットがあればデメリットもあるということで、ここではフォークウェルを利用する際のデメリットもご紹介したいと思います。

求人数が少ない

求人数自体は600件ほどしかないという、かなり少ない転職サイトなのです。
そのため、他のIT系に特化した転職サイトと比べると、求人情報は充実しておらず、転職先も見つけにくい場合があるといえます。
しかし、スカウト機能やエージェントを利用して、あなたのスキルを最大限にアピールすれば、転職先は決まりやすいです。

サポートはあまりない

一応フォークウェルエージェントというのもご紹介した通りあります。
しかし、フォークウェルは転職エージェントではありません。
そのため、よくある提出書類の添削やアドバイスなどはフォークウェルでは一切してもらえませんし、転職先が決まって、現職を退職する際に特にアドバイスを受けられるわけではないので、ただの「転職サイト」と考えておかなければなりません。

未経験者の求人が少ない

残念ながら未経験者の求人に関してはあまり扱っていません(年収設定も低くないので、ある程度の実績が求められます)。
そのため、エンジニアとして働きたいと思って転職活動をしている方で、エンジニア未経験者の方の場合、フォークウェルはあまりおすすめできません。

フォークウェルがおすすめの人

具体的にどんな方にフォークウェルを利用するのがおすすめなのでしょうか。

エンジニアになりたい方

そもそも、フォークウェルはエンジニアに特化した転職サイトとなっています。
エンジニアの中でも特に、IT系やウェブ系の方に強いサイトなので、こういった業種をお探しの方に(この業種の営業やMRなどの職種の方にも)おすすめです。

年収アップを望んでいる方

未経験者の求人が少ないフォークウェルなので、経験者であるということを前提にして、年収アップを望んでいる方は、500~800万円ほどの年収を提示している求人が多いフォークウェルを利用するのは、キャリアアップになるので、おすすめです。

楽しく働きたい方

とにかく「ハッピー」を心がける企業で、フォークウェルを使って転職を考えている方にも、ハッピーに仕事ができる環境を提供したいと思っているので、今まで精神的に仕事がきつかったから楽しく働きたいという方にもおすすめの転職サイトとなっています。

フォークウェルの利用方法

では、早速フォークウェルを使って理想の転職先を見つけたい方はどうするのか、その方法をお教えしましょう。

まずは、フォークウェルのフォークウェルジョブズから会員登録をしましょう(ジョブズのトップページ右上にあるのでクリックしてください)。
TwitterかFacebookからログインも可能ですが、それが嫌ならメールアドレスを登録してください。
住んでいる地域などを登録すればOKです。
その後、企業へ提出するための書類を入力し、ご自身で検索機能を使って求人情報をチェックします。
そして応募、気になる企業から連絡があれば面接、そして、問題なければ採用、入社という流れです。

フォークウェルの口コミ/評判/評価はどうなっているの?

では、フォークウェルを実際に利用した方の評判はどうなっているのか見ていきましょう。

元々エンジニアで、転職先もエンジニアと考えていました。転職会議は、企業のサービスなども応募前に分かったのである程度どんな起業家イメージでき、転職先決定に大きな存在となりました。実際にその企業に転職してみて、口コミ通りだったと思います。

求人条件などが事細かく説明されているので、改めてチェックする必要がないのは効率的ですし、面倒くさがりの私にとってはすごくありがたい存在でした。

エンジニアとして働いていたので、またエンジニアとして活躍したい、そのためには今よりも上の企業というのが頭にあったのですが、私が希望していた夢のような企業からスカウトがあった時には何ともいえない感情になりました。

無駄な情報が一切ないので、判断する際にも時間を要さなかったです。とにかく理容師やすかったので、こういったサイトが今後増えれば転職する人たちにとっては助かるのになと思いました。

ITエンジニアとして働いたことはありますが、経験が少なかったため、当然ながらスカウトもなく、自分の価値を思い知らされました。

ITエンジニア以外になりたい方には向かないと思います。それ以外の求人がほとんどないですし、求人数自体も少ないので、ITエンジニア以外は使わない方が良いでしょう。

IT系エンジニア職に転職したいならフォークウェル

IT系エンジニア職に特化した転職サイトということもあって、こういった企業を望む方にはぴったりの転職サイトです。
未経験も扱っていますが、大半は経験者優遇で、年収も比較的高い求人ばかりです。
今までITエンジニアとして働いてきた方で、そろそろ別の会社で新たなチャンスを得たいとか、新しい企業でもっと上のポストについて良い待遇を得たいという方も、まずは転職会議に登録してどんなものかチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です