TOP1
TOP2
Slider

20代の転職で失敗する人と成功する人の特徴|メリットと注意点を徹底解説!

20代の転職

学生時代から社会人へと旅立ったばかりの年代とも言える20代の方にとって、今勤めている環境が本当に自分にとってベストなものなのか?

そんな疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

もしも、今ある環境から別の世界へと旅立ちを検討しているとしたら、その転職は本当に実践すべき事なのか?

そして、もし転職する場合、どういった点に注意を配る必要があるのでしょうか?

今回は、20代という限定された年代にさしかかった方を対象に、この年代の方特有ともいえる悩みについて詳しく確認するとともに、実際に転職という行動に移る場合に是非抑えておきたい注意点などについて詳しくご紹介します。

これをしっかりと読むことで、どんなタイプの人が転職に成功し、またどういったタイプの人が転職をして失敗しやすいのか?がつぶさに確認できます。

20代の仕事に関する悩みとは?

人間として社会で生きるからこそ、年代や性別を問わずすべての方が何らかの悩みを抱えていて当然。

ただ、やはり年代など特定の条件に絞って見てみると、その年代の方にしか理解も共感もしづらいような特有の悩みもたくさん存在しています。

今回ピックアップする20代の若者とも呼べる年代の方が多く抱える悩みとは、実際にどのようなものがあるのでしょうか?

社会人として働く20代の方に限定して見てみると、その多くの悩みとして

  • 今の環境が本当に自分にとってふさわしいのかどうか?
  • 勤め始めて数年足らずだけれど、今の仕事や職場にどうしても満足できない
  • 将来を考えると不安ばかりで、転職するかどうか迷っている
以上のような点が多くの方共通の悩みといっても良いでしょう。

いずれの悩みも、大まかに見れば今の自分の環境や立場にどうしても納得がいかなかったり、或いは自分の仕事や職場など今ある環境に対して漫然として不満や不安が内在していることが窺えるものばかり。

実際、20代という年代は、良くも悪くもまだ若い世代ですから、30代以降の年代の方と比べると、まだまだ未来や自分に対して希望や夢、あるいは学生の頃から抱き続けていた理想を未だ有していて当たり前ともいえる年代です。

ですから、安穏とした今の環境や更に若い頃の自分が抱き続けていた夢や理想と比べると、今の環境に対してどうしてもなじめなかったり不安を感じてしまうと言う方が多いようです。

ですが、そういった悩みを持つ方の多くは、その悩みを心の中でため込みながら今の環境を大切に育み、そして30代や40代を迎えるとともに結婚や昇進など様々な人生経験を経ていくのです。

もちろん、こうした生き方もまた、社会人としては十分に立派な物。

けれど、熱い夢や希望を持っている方にとっては、当たり前の人生やありきたりな歩み方に対してどうしても納得や我慢ができないという方も多くいらっしゃいます。

年配の人から見れば、それはあくまでも「若気の至り」や「若さ故の衝動」といった言葉で済まされがちです。

しかし、20代の方にとっては始まったばかりの自分の人生のこれからを大きく左右する要素であり、その悩みの大きさからなかなか答えを見いだすことができない方もいるでしょう。

不安ばかりが連想されて行動に繋がらないという悪循環に陥っていった結果、思うように悩みを解消できていないという方もいるのです。

20代前半・20代中盤・20代後半それぞれの戦略

では、ここで20代という年代を前半・中盤・後半という3つの時期に区切った上で、それぞれの時期毎に悩みに対してどのような戦略を練っているのかを詳しくおさらいしてみましょう。

20代前半

この時期に当たる年齢の方と言えば、大学など学生として過ごして居る方や、大卒や高卒で既に社会人として働き始めた方など、同じ年代でもその環境に大きく違いがあります。

特に、20代前半でも学生という立場に属する方は、まだ将来に対して漠然としたイメージしか持つことができない故、悩みもあまり多くなく、どちらかと言えば自分がこれから進む道に対して何らかの不安や悩みを抱えているという方が多くいらっしゃいます。

いわば、これからの自分の新しい道を模索する段階ともいえますが、それらの悩みに対しては、例えば所属する学校やご家族を通じてある程度のアドバイスを受けることができる環境でもあるので、あまり自分一人で抱え込まず、周りのアドバイスを受けながら最終的に自分の道を選ぶという選択を採る方が多いようです。

20代中盤

こちらはごく一部の環境に属する方を除き、ほぼすべての方が仕事を通じて社会に参加し社会人として働き始めている時期。

当然、20代中盤の方特有の悩みといえば、仕事に対する不安や自分の可能性を考慮した上での転職など将来の道への模索、或いは結婚などプライベートな面での悩みを抱えている方も多く登場するタイミングといえます。

仕事の悩みについても、就職から数年ほど経過し漸く社会や仕事に対する認識を自分の中である程度形作ることができる時期でもあるので、漠然としてはいますが自分の将来を真剣に見据え始める時期といっても良いでしょう。

20代後半

こちらは社会人としてすで10年近く経験を積んだいわばベテランにさしかかり始めたタイミングでもあり、また30代という一種のターニングポイントを控えた年代でもありますから、必然的に自分の人生に対して再確認を行う方が多くいらっしゃいます。

中には、昇進をして同僚ではなく部下を有し始める人もこの年代から徐々に見られますから、部下との関係や指導に対する悩みを抱えている方が多い様子。

また、プライベートの面でも、結婚を真剣に考え始める時期でもあり、20代中盤以上にプライベートに対する悩みを強く意識し始める方が多いのもこの時期の特徴です。

実際の悩みに対する具体的な行動については、多くの方が20D会い中盤の頃以上に自分の力で切り開いていこうとする傾向が見られます。

周りに対する相談は同僚や仲間内程度に留めておき、最終的な判断は自分で答えを見いだすという方が多いようで、特に仕事に対してある程度今の環境の中で立場が出来上がっている人も多いでしょう。

転職よりも今の職場でどのように大刀振る舞っていくかについて、真剣に悩み解決する方が20代の中でも一番現れやすい時期といえるでしょう。

20代で転職に成功する人の特徴と失敗する人の特徴

20代で実際に今の環境に対する不満や将来像を求める上で転職を検討する方は少なくありません。

いわば、30代や40代などある程度今の環境において自分の立場作りが完了し始める年代よりも転職を検討・実行する人が最も多い時期といっても良いほど。

ただ、20代だからといってすべての方が必ずしも転職に成功するというわけではありません。

中には、勇気を出して転職してみたはいいが結果を出せず退職や更なる転職に甘んじるという失敗に終わる方も多いのです。

なぜ転職に失敗と成功という明暗が存在するのか?

それは、20代という年代ならではの様々な所に原因があるようです。そして、この原因を特徴としてつぶさに確認することで、転職に成功するタイプと失敗するタイプをある程度把握することができます。

20代ので転職に成功する人の多くが持つ特徴

転職に対して過剰な期待を持たない

転職という選択肢を敢えて選ぶのですから、転職先に対して以前の職場以上に期待をかけてしまうという20代の方も多いのですが、過剰な期待を最初から持ちすぎてしまうと、実際に働き始めた瞬間に様々な要素が不満点として感じてしまます。

その結果、また転職を考えてしまうと言う悪循環に陥りやすくなります。

転職するからといって、転職先に対し過剰な期待感を持たず前職と同じような認識を持って働くことで、転職を成功させることができます。

自分の未熟さや経験不足を認識できている

20代の夢や情熱を持つ世代の方に多いのが、自分の実力を過大に評価してしまっているという点。

よく、子供の頃にはどんな事でもチャレンジすれば必ず実現できると根拠のない自信を持っていた経験がある方も多いとは思いますが、これに近い意識を自分に対して未だ持ち続けている方が少なくありません。

当然ながら、転職を通じて人材を求めている側にとって見れば、過大な自己評価は邪魔な存在そのもの。

あくまでも、冷静に自分の実力を把握した上で自分にはどういった経験が欠けていたり未熟なのか?をきちんと把握している方ほど、転職も成功しやすくなります。

情熱や夢を前提とした行動を行わない

20代といえば、まだまだ学生気分を残している方も多い年代であり、当然ながら社会にどっぷりつかった年代の方と比べると、未だ情熱や夢を豊富に持ち続けている方が多くいらっしゃいます。

ただし、転職という環境に限定して見ると、実はこういった夢や情熱は決してプラス面としてだけ判断してもらうことができません。

強い情熱感や夢を求める気持ちは、得てして職場に対する反発心に繋がる恐れがあり、こうした要素を決して雇用側はよしとしません。

もちろん、ある程度の夢や情熱は20代という年代の方だからこそ大切な要素。

けれど、過剰に夢や情熱を前面に押し出すのではなく、心の内に留めた上で行動の原動力として活用するほうが、転職をより有利に進めることができます。

20代の転職で失敗してしまう人の特徴

仕事に対してネガティブになりすぎている

前職を辞職するという事自体にネガティブになるあまり、社会人である事に対して恐怖や不安からネガティブになりすぎてしまっている方が多く、こうした要素は転職を一気に失敗させる要因となりがち。

過大な自信は必要ありませんが、自分に対して卑屈になりすぎるのも考え物。

辞職する事自体が目的となってしまっている

転職を実践する人の中には、転職してやりがいのある仕事や職場を手に入れるという目的から実行しているという方だけでなく、実は「今の仕事を辞めること」自体が目的となっている人も少なくありません。

当然ですが、こういった転職という行為の意味を少しはき違えてしまっている人は、転職しても決して次の仕事に対してやりがいを見いだすことはできませんし、ひどいときは前職以上に後悔してしまうケースも多いほど。

転職活動を就職活動と同じと捉えている

特に20代という、まだ就職してから数年ほどしか経っていない年代の方特有の失敗の原因の1つがこちら。

冷静に考えてみれば自ずとわかるのですが、当然ながら転職活動と就職活動は全く似て非なる物。

にもかかわらず、就職活動をしてからまだ数年しか経っていない20代の中には、転職=就職の延長線といった間違った認識の元、転職活動を安易に考えているという方が少なくありません。

就職活動は、あくまでも社会経験が無い方を社会人として迎える上での関門。一方、転職活動は、採用する側から見れば即戦力となり得る人材を広く募集する関門。

結果、就職活動と同じノリで転職活動を行っても、雇用側からは良い人材として見てもらえないばかり、もしも転職先が見つかったとしても、結果的に転職先で思うように仕事を熟せず後悔してしまうという結末に陥るケースも珍しくないのです。

20代で転職するならどういう業種がオススメ?

20代という年代に限定して転職という行為を見た場合、どういった業種への転職が特にオススメといえるのか?ここではその点について詳しく解説します。

まず、20代の方が転職する際のオススメの業種とその理由については以下の通りです。

IT業界

言わずと知れた、今最も学生に注目される人気の就職先でもあるIT業界は、20代の方の転職先としてもオススメ。その理由は、将来性の高さです。

20代の方は、これから先数十年にわたって社会人として時間が残されています。一方、IT業界ではソフトウェア開発や管理者など様々な業種が存在し、そのどれもが優秀な人材を求めています。

また、IT業界は一人職場などの環境が意外に多い業界でもあります。

最初こそある程度の技術や資格が必要ですが、経験自体は勤めることで培うことができるので、たっぷりとある時間を費やして資格や技術を獲得しつつ安定した自分の職場を作り上げることができる業界です。

運輸業界

通信販売の拡大によって慢性化するドライバー不足。また、働く世代の減少によってドライバー減に悩むバス会社や鉄道会社など、運輸業界は慢性的な人手不足に悩まされています。

当然ながら、運輸を担当する故に自動車やバスなどを運転するための資格を取得する必要はありますが、こちらも20代の方ならではの豊富な時間を費やすことで十分に取得可能です。

人手不足を通じて待遇面でも大幅な向上が図られているので、やりがいだけでなく給与面でも高い報酬を若い段階から得たいという方にオススメの業界です。

製造業

私たちの生活には様々な「物」が欠かせず、また物を作るためにはそれを作る機械も必要です。

こうした「物」や「工作機械」などを製造する製造業界は、様々な業界が時代とともに淘汰される中も多くの方や社会に必要とされている業界です。

数十年単位で先を見ても供給以上に需要が高まりつづける業界でもありますから、仕事に対するやりがいはもちろん、解雇などの心配もあまりないのが特徴。

また、業種によってはプライベートな環境で黙々と仕事に打ち込むことができる物も多いので、コミュニケーションがちょっと苦手という方でも安心して働ける業界です。

公式サイトはこちら

20代で転職するメリット

20代といえば、学生から社会人へとデビューしたばかりの初々しい状態。

もちろん、入社したばかりだからこそ、これから徐々に経験を培いながら社会人として立派に育っていこうとする世代でもあります。

にもかかわらず、なぜ20代という早い段階で転職という行為に及ぶのか?そこには、20代の転職だからこそのメリットが有り、ここではそれを詳しく紹介します。

早い段階で様々な環境を体験できる

20代と比べ、30代や40代にさしかかると、今度は転職したくてもなかなか働く場所が見つからないという状況になりがち。

一方、20代ならまだどの業界でも十分に人材として採用してくれるので、自由に職場を選ぶことができます。当然、その雇用されやすさから様々な業界を体験することが可能。

1つの職場に縛られるのではなく、転職を通じて様々な業界を体験しやすいのも、この年代の転職ならではの利点です。

やりたい仕事を見つけられる

新卒を通じて就職した環境にずっと居続けるよりも、転職を実践することで本当に自分のやりたい仕事を見つけられる可能性が一気に高められます。

これは、実際にその職場で働いてみないことにはわからない要素の1つですから、転職という方法でしか実現できないポイント。

人間関係を作り直せる

20代で働き始めた方の中には、同じ職場の同僚や上司との関係がちょっと煩わしいと感じている方も多いはず。

転職には、その人間関係をすべてリセットした上で作り直せるという隠れたメリットも存在しています。

特に、それまでの職場でミスをしたり人間関係で気まずい思いをしている方ほどこの点は大きな利点となるでしょう。

20代で転職するデメリット・注意点

次に、20代で敢えて転職をすることによって考えられるデメリットについても詳しく解説します。

職場に対する真面目さや忠誠心が薄いと判断される

人材を雇用する企業や雇用主にとっては、仕事だけでなく職場や同僚に対しても一生懸命になれる真面目な存在ほど貴重なもの。

20代という早い段階で転職をすると、場合によってはこの行動自体が仕事や職場に対して不まじめであったり忠誠心が薄いと判断される恐れがあります。

特に、この傾向は社員に対して絶対的な忠誠心を求める大企業ほど強いので注意してください。

待遇がリセットされる

20代とはいえ、就職してから2年目以降であれば、その勤続年数に応じて待遇も向上します。

一方、転職という行為を実践することで、この待遇の向上も一斉にリセットされる点に注意してください。

もちろん、転職先となる新たな職場の待遇が前職よりも良いのであれば問題ありませんが、まだ経験が浅い20代の方の転職では待遇面でもあまり変化は見られません。

なので、転職によって一時的に給与が下がるなどのリスクがあることを理解しておきましょう。

続いて、20代の方が転職する際に知っておきたい注意点についてもいくつかご紹介します。

候補が多く惑わされやすい

20代という可能性が十分にある世代の転職だからこそ、転職先となる候補の数も他の年代を上回ります。

これは一見すると良いことのように思いがちですが、実際にはたくさんの候補が目の前にあると、どの候補を転職先として選べば良いかどうしても迷いがちになるという事。

特に、20代の方はまだ社会人としての経験は浅いので、こうした企業の違いをしっかりと把握した上で吟味するのはやや苦手といえるので、転職先で失敗しないようたくさんの候補から理想の転職先を見極めましょう。

前職と比較してしまいがち

前職での勤続年数が少ない20代の方ならではの注意点となるのが、転職先と転職前の職場や仕事を比較しがちというところ。

比較すること自体はもちろん問題ありませんが、前職での勤続経験があまりないことから前職に対するネガティブな要素も当然ながら少ないので、今の職場と比較した上で「やっぱり前の仕事の方が良かったかも?」と後悔してしまう方が意外に多いようです。

結果、今の職場に対してまた不満が募ってしまい、再転職という結果を選ぶケースも。

若いからと言って考え無しで転職はやめよう!20代だからこその行動力を大切に!

20代といえば、社会人としてデビューして数年以内という初々しさからもさることながら、学生時代から持ち続けていた熱い理想や夢を追い求めている方も少なくありません。

その上で、今の職場に骨を埋める覚悟で働き続ける方もいらっしゃいますが、中には夢や理想を求めて転職という冒険に旅立つ方が依然として多いのも当然のこと。

まだまだ先が長い20代だからこそ転職という業界では非常に有力な人材としてもてはやされていますが、必ずしも20代だからといって転職が成功するというわけではありません。

今回は、20代の社会人という点に限定して、様々な観点からこの年代の方が持つ悩みとその解決法、更には転職という道を選んだ場合の進み方や注意点などについても詳しくご紹介しました。

今現在も、勤めている職場や仕事に対して何らかの不満を感じながら転職を検討している方も多いと思います。

そんな方の成功を実現する為にも、今回紹介した内容が多くの20代の方の転職を成功へと導く糧となる事を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です