転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

50代も転職を考えるべき?現実は厳しい?失敗しないために知っておきたいポイント

50代転職

サラリーマン生活も第4コーナーを回り“定年退職”というイベントが現実味を帯びてくる50代ですが、最近、特に50代の転職状況が活況のようです。
でも多くの方が「今から転職活動なんて現実的ではない」とか、「このまま大きなトラブルなく過ごせば、定年まで今の会社にいれるだろう」なんて考えていることでしょう。
そもそも「50代で転職なんて考えたことがない」という人が多いかもしれませんね。
しかし50代であったとしても“転職”という選択肢は捨てるべきではありません。
なぜそんな風に言えるのでしょうか?
今回の記事では50代のリアルについて詳しく紹介します。

50代でも転職を考えるべき理由

50代ともなればよほどのことがない限り、誰もが「このままこの会社で定年を迎えるんだろうな」と漠然と思うことでしょう。
まだ20代、30代であれば転職先はたくさんありますし、新しい会社に転職してもイチからキャリアをやり直す時間がたっぷりあります。

しかし50代は違います。残された時間は極めて少ないですから、ここから新しく何かを始めるのは難しいかもしれませんね。
そして何より、50代のあなたが望むような条件で新しく受け入れてくれる会社はそれほど多くありません。
このように一見転職なんて無謀に見えるにも関わらず、なぜ転職という選択肢を捨てるべきではないのでしょうか?

リストラの可能性

会社の業績が悪くなった時、最初に人員整理の対象になるのは間違いなく給料が最も高い50代です。
「うちの会社は業績がいいからあと10年くらいは絶対に大丈夫」と思うかもしれませんが、これから先どんなことがあるかわかりません。
例えば、かつてエリートサラリーマンの象徴でもあった大手銀行の行員ですが、現在はAIの進歩により大規模なリストラの対象になっています。
まさかこんな時代がくるなんて、10年前に誰が想像できたでしょうか?
技術の進歩や変遷は著しく、今の職場が安定しているからと言ってこの先がずっと安泰とは限りません。
これまでは一度就職すれば定年まで面倒を見てもらえるのが常識でした。しかしこれからの時代、そんな保証はどこにもありません。
仮にあなたがどれだけ優秀だったとしても、そもそも今の仕事自体が数年後にはなくなっている可能性も否定できないのです。

体調を崩す可能性

給料が多いのは50代ですが、ストレスが多いのも50代特に管理職の特徴です。
厳しいノルマや、滅茶苦茶な上司とゆとり世代の若者の間に挟まれて日々苦労していることでしょう。
最近体調が悪いのに、忙しくてなかなか病院に行く時間もない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
過度なストレスや無理は確実に体を蝕みます。
「とりあえず定年するまでなんとか働ければよい」と思うかもしれませんが、定年した後にも長い人生が待っています。
医療の進歩により平均寿命もどんどん延びていますし、退職してからの人生はセカンドキャリアとして第二の人生を思う存分楽しみたいものです。
退職したら趣味に旅行に、悠々自適な夢を描いている方も多いはず。
でもそれも健康な体があってこそ。
どれだけお金があっても健康でなければ退職後の長い人生は辛いだけです。
将来の事を考えると、健康を害しながら働くのも考えものですよね?
会社はあなたの健康の補償をしてくれるわけではありません。
このままこの会社でずっと働き続ければ体が不調をきたすかもしれない、と思うのであれば、思い切って転職を考える必要があるかもしれません。

家庭の事情

自身や職場には特に問題がなかったとしても、家庭の事情で突然仕事を辞めざるを得ない場合もあるようです。
特に今後大きな社会問題となるのが、年老いた両親の介護です。
まだまだ現役で働けるにも関わらず、離れて暮らす親の介護のために仕事を辞めなくてはいけない状況に追い込まれてしまう人が近年、増加しています。
50代の転職は自分だけに原因があるとは限らないのです。

このようにすべての働く50代にとって転職は他人事ではありません。
いざという時に困らないように選択肢の一つとして事前に心づもりや準備をしておくことをお勧めします。

50代の転職に関わるリスクとは?

とはいえ、50代の転職には大きなリスクも伴います。
ここからは50代の転職で直面すると想定されるリスクについても考えてみましょう。

転職活動の長期化リスク

転職市場が活況であり50代の転職が増えているといっても、50代を積極的に雇用しようと思う企業はまだまだ少ないのが現実です。
安い給料で若い人を雇い、一から育てて行く方が企業にとって効率が良いのは間違いないからです。
一定の条件に絞って転職活動をした場合、その条件によっては転職活動の長期化が想定されます。
転職先が決まるまで今の職場を辞めないのが理想ですが、どうしても辞めざるを得ない状況に陥ることもあることでしょう。

その場合、少なくとも次の就職先が決まるまでの当面の生活費は確保してから退社すべきでしょう。
生活費が枯渇してしまうと焦って「とりあえず」の転職をしてしまいがちです。
自分にピッタリあった就職先をじっくりと見極めるためにも、余裕をもって蓄えを用意しておくべきでしょう。

正社員で雇用されないリスク

50代の再就職となると、場合によっては正社員としての雇用は難しいこともあります。
契約社員や非常勤など正社員以外の不安定な雇用形態にならざるを得ないかもしれません。
「絶対に正社員でなければ嫌だ」というこだわりは捨て、「正社員として雇ってもらえないかもしれない」という心の準備は必要です。

年収ダウンのリスク

50代ともなれば多くの方が今の会社でそれなりの収入を貰っていることでしょう。
最近は実力主義の企業が多くなってきたとはいえ、まだまだ日本の企業の多くは勤続年数をベースに賃金を計算していますから、50代の給料が一番高額です。
勤続年数がリセットされる転職では、年収の大幅なダウンが想定されます。

50代の転職でまずやるべき事は?

50代の転職を成功させるにあたり、まずやるべき事について紹介します。

自己分析

50代の転職における失敗で最も多い原因が、「自分の価値を見誤っていた」という事です。
自分には十分な市場価値があると高く評価してしまい、現実とのギャップに苦しむのです。

  • 「今、年収◯◯万円だから自分にはその価値がある」
  • 「一流企業の管理職だから大丈夫だろう」

という根拠のない考え方はNGです。

自分の価値を客観的に評価をしてもらうため、早めにスカウト型の転職サイトへ登録し、

  • 自分にスカウトが来るのか?
  • 企業からどんな条件を提示されるのか?

を確認するとよいでしょう。

もしあなたが特別なスキルや高度な知識を持っていれば、企業からのスカウトが来る可能性もグッと高まります。

人脈を見直す

50代の転職では、これまで築いてきた人脈を見直すというのも一つの手です。
これまであなたが付き合ってきた企業の中には、あなたのことを欲しいと思っている企業があるかもしれません。
意外と見落としがちなのがライバル会社への転職です。同じ業界で長い期間仕事をしてきたあなたを即戦力としてみてくれるかもしれません。
人脈というのは若手にはない大きなアドバンテージの一つです。
その業界に長く身を置いてきたからこそ持っている宝物なのです。

50代の転職を成功させるポイント

なかなか難しい50代の転職ですが、少しでも成功に近づけるためのポイントについて紹介します。

資格を取得する

50代の転職を成功させるため近道、それは「資格を取得すること」です。
転職先で使える資格を持っていれば50代であったとしても有利に働くことは間違いありません。
ここからは転職に役立つお勧めの資格を幾つか紹介します。

・中小企業診断士
中小企業診断士はその名の通り中小企業の経営状態を把握し、いろいろなアドバイスや提案を行うことができる資格です。
合格率も低く難関資格ですが、この資格を持っていれば転職に非常に有利なのは間違いありません。
中小企業診断士の資格を保有している人は会社でも要職に就いていることが多く、管理職としての転職も期待できます。

・簿記
あなたが簿記2級資格を持っていれば、経理畑への転職に少し有利に働くかもしれません。
もしさらに難関資格である簿記1級を持っていれば、経理の管理者としての転職も夢ではないでしょう。
取得までのハードルは高いですが、取得すればしっかりと見返りが期待できる資格です。

・フォークリフト運転免許
「難しい資格はちょっと苦手」という方にはフォークリフトの運転免許がお勧めです。
物流関係は人手不足のため、フォークリフトの免許を持っていればまだまだ働き先がたくさんあります。
免許自体も2週間もあれば取得可能ですから、「何も資格がない」という場合は取得しておくとよいでしょう。

年収にこだわらない

日本の企業の多くは勤続年数をベースに賃金を計算しています。
転職では勤続年数がリセットされますから、年収のダウンが想定されます。
特に正社員以外の雇用形態の場合、確実に年収は下がってしまいます。
年収アップを前提に転職先を探せば転職活動が難航し、一層長期化する事が想定されます。
「転職=年収ダウンもやむなし」と割り切りましょう。
とはいえそれぞれ家庭の事情もあるはずです。
事前に「どのくらいの収入ダウンまでなら妥協できるのか」をしっかり試算しておくとスムーズです。

選択肢を広く持つ

自分がこれまで働いてきた業界内での転職ばかりを考えていてはなかなか転職先も見つからないかもしれません。
経験が長い分、これまでの経験が生かせる職種・業界に絞りがちですが、視野と選択肢を広く持ち、未経験の分野であってもチャンスがあればすぐに行動できるように用意しておいた方がよいでしょう。

50代転職で注意したい事

最後に50代の転職で注意したい点について紹介します。

悩んでいる時間はもったいない

50代で転職するということは次の会社で働ける期間は10年ありません。もし転職を決意したのであれば悩んでいる時間は非常にもったいないでしょう。
貴重な時間を無駄にしないためにも、思い立ったらすぐに行動に移しましょう。

転職サイト・ハローワークはNG

転職サイトは基本的に20代~30代の若者にターゲットを絞っています。そのため50代のあなたが登録してもふさわしい求人はほとんどありません。
転職サービスを利用するのであれば転職サイトではなく転職エージェントを利用しましょう。
なおハローワークの利用もあまりお勧めしません。
世代的にも「仕事探し=ハローワーク」というイメージが強いかもしれませんが、

  • 条件を下げてください
  • 仕事は選べません
  • 紹介できる求人はありません

など、自信を失うようなことを言われてしまう可能性が高いでしょう。
もちろん最終的な手段としてハローワークを利用することも考えなければいけないこともありますが、まずはハローワークに頼らずに探してみることをお勧めします。

給料は下がっても仕方ない

自分の都合で退職する場合、現在と同額の給料で転職できる事はほとんどないでしょう。
50代の転職では大前提として「給料はダウンするもの」と考えましょう。
給料が下がることを前提に、どこまでの収入減は許容できるのかをしっかりと把握する必要があるのです。

実績・キャリア自慢は絶対にNG

これまでたくさんの実績を積んできた50代であれば、転職するにあたり自分の実績やキャリアをここぞとばかりに自慢げにアピールしたくなることもあるでしょう。
しかし転職先の企業からみれば、そういった自慢はあまり関係がありません。
むしろマイナスに働くこともあるのです。
会社の仕事は一人でするものではなく全員でするものです。以前の会社で挙げた実績はあなただけの実績ではないのです。

50代の転職で求められるのはマネージメント力やリーダーシップなどのスキルです。
キャリア自慢が過ぎると「この人は使いにくい人だ」と煙たく思われてしまう可能性があるのです。

50代の転職は慎重に

今回は50代であっても転職の可能性を捨てるべきではない理由と転職に関わるリスク、成功させるコツや注意点について詳しく紹介しました。
50代の転職を成功させるためには、

  • 自己分析をしっかりとする
  • 年収や働き方にこだわりすぎない
  • 資格を取得する
など、準備すべき事がたくさんあるのです。

それでも50代の転職が難しいことには変わりありません。
その場の思いつきや勢いで動くのではなく、入念な準備をしっかりと慎重に行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です