Slider

【転職後】初出勤の服装はどういう感じが良い?印象が悪くなってしまう服装は?

初出勤の服装

転職後の初出勤で服装はどのようなものが良いのでしょうか。

就職活動の服装には気を遣っていたけれど、初出勤の時にの服装にも気を付けておきたいところです。

どういった服装が好まれる傾向にあり、逆に印象が悪くなってしまう服装などはあるのでしょうか。

洋服は見た目の部分として目に入りやすい部分であり、気にしてみている人も多いといえます。

これから働く会社ですので、どのようなことに気をつけた洋服ならよいのでしょうか。

【転職後】初出勤の服装はどういう感じが良い?

初めての出勤のとき、どのような洋服を着るか迷うものです。

一緒に働く人たちや、社外のお客様にも悪い印象を与えないようにするためには、どのような洋服を着たらよいのでしょうか。

洋服も第一印象の一つに入ります。

悪く思われないためにも気を付けておきたいところです。

どのような洋服なら感じが良いと思われる洋服になるのでしょうか。

そのオフィスの雰囲気に合っている

面接やその会社に就職試験に来ているときに、オフィスの中の感じや実際働いている人の服装を見たことがある人も多いです。

場の雰囲気を乱さない為や、なんらかの理由でそのような服装スタイルになっていることもあります。

ですから初出勤の時どんな服装を着たらよいかからないときは、周囲の人に合わせた雰囲気にするというのが一番です。

私服で仕事をするとは限りませんし、カジュアルすぎてもフォーマルすぎても正解でない場合があります。

その会社ならではのルールがあったり、わからないようなところで、決められていることもあったりします。

入社するときに何度か打ち合わせなどで会社に足を運ぶときがありますが、その時に注意してみておくのが安心です。

入社したばかりの時は制服なども準備ができてないこともあります。

仕事がある程度できる服装を目安しておくのもよいです。

スーツスタイルにする

初出勤の日は何を着ていいかわからないときは、スーツスタイルもおすすめです。

そのまま就職活動で使っているようなリクルートスーツでもよいですし、簡単なジャケットなどを使ってもよいです。

スカートでもパンツスタイルでもよいのですが、靴はある程度歩きやすいものを選んでおきます。

かかとが高かったり、ブーツの先がとがったデザイン性の高いものは、歩きにくく初出社に向いていないかもしれません。

あいさつ回りや紹介などもあり、たくさん歩く場合もあるからです。

シャツの汚れはないようにして、できればアイロンをかけて襟や袖を気にして、靴や汚れてないものをはいて、バックはくたびれすぎていないものを選びます。

スーツを着ていて、全身を気にしていれば、他の人から何か言われるようなこともありません。

反対にもっとリラックスをしてもいい場合、明日からの服装のアドバイスをもらえることがあります。

その場合はアドバイスをもらった服装に変えていく方が良くなります。

スーツスタイルは真面目な態度が伝わりやすくなります。

清潔感があり、清楚なもの

これから仕事をするという面で、清潔感があり清楚な雰囲気なものという服装は、オフィススタイルとしては肝心です。

何日も洗っていないようなシャツや、しわしわの洋服、毛玉が目立つようなニットなどは避けて、清潔感がある様なものにします。

同じ洋服でも汚れやしわがないだけでも印象は変わります。

会社生活において、清潔感や清楚で洗練されているものを身に着けているということは、その人の本質を感じるきっかけとなります。

同時に社外でかかわるお客様に与える印象だったり、ビジネスマナーに置いてしっかりしていると印象も与えやすいのです。

第一印象でその人の中身の部分までわかることは、なかなか難しいものでもあります。

それだけ洋服などの見た目は大切な部分であり、気を抜けない部分です。

仕事の上でもだらしがない印象を持たれないためにも、身に着ける洋服には清潔感をもったきちんとしたものを着たほうが良くなります。

印象が悪くなってしまう服装は?

初出勤の服装は、初めてだから大目に見てもらえることも多少あるかもしれません。

しかしながら社会人として立派な大人なら、印象が悪くなるような洋服は避けたほうがよさそうです。

どのような洋服が印象を悪くすることにつながるのでしょうか。

わざわざ悪い印象の洋服を着て行って、自分の印象を悪くしていく必要はありません。

洋服は目に入りやすく、第一印象ととして頭に残りやすいです。

どのような洋服を避けたほうがよいのでしょうか。

デザインが派手すぎる

会社は仕事をする場所ですので、おしゃれを重視する必要がありません。

派手なピンクや蛍光の黄色などの色を使ってみたり、レースやたくさんついている服装や、ヒョウ柄やゼブラ柄は疎まれる傾向にあります。

普段からそのような服装しかもってないような人は、一日だけでも服を新調した方が良いです。

洋服で目立つ必要はありません。

注目をされるのは仕事ができるようになってからで、洋服で注目される必要がありません。

就職できた喜びから自分のお気に入りの洋服を着てきてしまい、周囲から非常に浮いてしまったということもありえます。

初出勤の洋服はくれぐれも注意した方が良いです。

洋服のセンスで他の人が目をつけられるようなことは、もったいないといえます。

だらしがない

肌の露出が多いような、胸元とおへそが見えるような洋服や、ローライズのパンツなどをはいて、下着が見えてしまいそうなもの、一見前から見るとしっかりしているように見えるのに背中がぱっくり空いているものなどは、だらしがないと思われてしまうので避けたほうが良いです。

女性の場合必要以上の短いミニスカートも避けたほうが良くなります。

足がキレイな人は見せたくなる気持ちもありますが、会社は足を見せる場所ではありません。

露出が多い服装は、会社という場所では必要がなく、だらしがない貞操観念が低いという印象に見られてしまいます。

会社の風紀が乱れるという考え方をする人もいます。

会社は仕事をする場所ですので、おしゃれを気にする必要もありません。

身だしなみという面で服装は肝心ですが、自分の見た目をよくするための服装は仕事にとって必要ないといえます。

会社は趣味や習い事の場所でなく、仕事をする場所ということを強く頭に入れておいた方が良いです。

汚い

会社では清潔感を重視した洋服の方が良くなります。

不潔な印象はよくありませんし、清潔感は努力次第でいくらでも保てるようになるため、手を抜いていると思われがちです。

印象をよくするためには清潔感は欠かせません。

洋服についたしみ、しわ、食べ物のカスがついている、シャツの襟や袖についている汗じみや黒ずみなどは避けなければなりませんし、スーツなどは定期的にクリーニングに出した方が汚れは落ち、品質は保たれて見た目の部分で安心できます。

汚れはすぐに落とさないと落ちにくくなってしまう傾向にあり、定期的にきちんと管理できるとよいです。

シャツを着るのなら、形状記憶ができるきれいなシャツを一枚在庫として自宅に常に持っていると安心です。

知らない間に落ちない汚れに変っていて、洋服をダメにしてしまったということも避けたいところです。

また、汚れはにおいにつながることもあり、なんだか臭いということも起こるようになります。

汗っかきなタイプの人で特に夏場の場合、着ている洋服には特に気を付けたほうが良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です