Slider

退職代行を利用した際保険証などの返却物はどうすれば良い?主な返却物とは?

退職代行を利用した際保険証などの返却物はどうすれば良い?主な返却物とは?

仕事を辞める事情は人それぞれですが、職場にこれ以上関わりたくないと考えるほど過剰なストレスを抱えているかたにとって、退職代行サービスの存在は救いになります。

しかし、気持ちよく辞職をするためにも忘れてはいけないのが、在職中に利用していたものや借りていたものの返却です。

そのまま所持しているわけにもいきませんので、必ず何らかの方法で職場に返さなければなりません。

スムーズに手続きを進めていくために、自身が行うべき対応をご紹介していきましょう。

退職代行を利用した際保険証などの返却物はどうすれば良い?

退職代行を利用して仕事を辞める手続きを完了させても、そこで全てが終わるわけではありません。

立つ鳥跡を濁さずといいますが、手元に残った職場に関するもので返却が必要なものは、放置をせずに忘れずに返しておく必要があります。

そのままにしておくと後々のトラブルに繋がりますし、せっかく代行業者を利用して退職できても、職場から確認のための連絡が来て対応をしなければならなくなるため、くれぐれも注意をしておきましょう。

返却対応は退職代行業者依頼することができない

せっかく退職代行業者を利用しているのですから、会社から借りているものも自身の代わりに返してきてもらうことが可能であれば便利ですが、これらについては退職者本人が個々に行動をしなければなりません。

会社に持っていって欲しいものを預けておくことができると確かに心身ともに負担がかかりませんが、本人にしか手続きを進められないものもありますので、基本的に返却物の対応ができるのも本人のみということを覚えておきましょう。

逆に、私物を会社に置きっぱなしにしてしまっている場合には、退職代行業者のかたにお願いをして回収をしてもらうことができます。

そのまま処分してもらっても構わないものであれば問題ありませんが、退職が突発的なものだった場合で私物の行方が心配だという場合には諦める必要はありません。

業者のほうから会社に話をつけてくれますので、気まずい思いをして足を運ばなくても済みます。

返却物は郵送や宅配で会社に送る

会社に返却物がある場合、最も確実なのは最後の出勤日までにできるだけ会社側に戻しておくことです。

その後の手間が軽減されますが、保険証等当日までに揃えて返すのが難しいものもありますので、そういった場合には後日、郵送や宅配でまとめて会社に送るようにしてください。

なお、退職者から荷物が届くことは、退職代行業者に前もって打ち合わせをしておくことで業者のほうから伝えておいてもらえますから、わざわざ会社に連絡をする必要はありませんし、返却のために会社の人と話しをしたり顔を合わせるリスクもありません。

ただ、当然ですが退職代行業者の利用料金とは別途、返却物の郵送及び宅配のための送料は自己負担です。

できるだけ会社に置いておけるものを前もって準備しておいたほうが、後日返却するものを減らして送料を節約することができます。

万が一破損や紛失があった場合は伝える

もし会社から借りたものを破損してしまっていたり、紛失したものに気がついた場合、早い段階でそのことを会社側に伝えておくことが大切です。

借りた状態のままきちんと返せることがベストですが、使っているうちに状態を劣化させたり失くしてしまうことがあっても仕方がありません。

ただ、そのことをきちんと伝えておかなければ、返却のための諸々の手続きを本人が行わなければならない以上、退職代行業者を通さずに会社から直接本人のところに連絡が来る可能性が高まってしまうでしょう。

せっかく会社と必要以上にコミュニケーションを取ることを避けるために利用する退職代行業者ですから、こうしたトラブルがあった場合には返却物に問題があったことをわかりやすく示せる状態で荷物を送るか、代行業者のかたに伝言をお願いして会社側の指示を待つようにしてください。

なお、郵送及び宅配時に返却物が損なわれてしまうことも考えられるので、返す前に状態を写真などで記録に残しつつ、しっかり梱包をした上で送るようにしましょう。

退職する際の主な返却物

退職をする際に返却する必要があるものは、私物以外の全ての貸与品や支給品です。

所有権が退職者自身にあるもの以外、会社の経費で購入をして個別に宛がわれていた借りものや、ちょっとした備品なども会社のものであれば全部含まれます。

長期間利用していて愛着が湧いている私物に近いものであっても同様です。

幸い、退職代行業者は返却物の扱いに関しても熟知をしていますので、どんなものを返さなければならないのか相談をしながら整理をしていくことができます。

少しでも取り扱いに不安があれば、どんどんアドバイスを受けるのがおすすめです。

手続きを忘れてはいけない保険証

退職時の返却物で最も重要になるのが保険証になります。

本人だけではなく扶養に入っている家族がいる場合には、その分もまとめて返却をしなければなりません。

健康保険組合に加入している場合には保険料が会社と折半担っていますから、退職と同時にその資格もなくなり使用期限が切れるため注意をしてください。

既に転職先が決まっている場合には新しい会社の健康保険にすぐに加入ができますが、そうではない場合には他の家族の被扶養者になったり、国民健康保険への加入の手続きを進めなければならないことも覚えておきましょう。

そうしなければ、退職したその日から医療費が全額自己負担になってしまいます。

なお、トラブルを避けるためにも他の返却物とは別に、簡易書留などを利用して会社側が確実に受け取ったことがわかるように返却をしましょう。

詳しい保険証の扱いかたについては、退職代行業者側に確認しておくと安心です。

作業着や社員証やIDカードなど会社に属することを示すもの

作業着や社員証等はすべて貸与品ですから、毎日のように自身で管理していたものでも忘れずに返却しなければなりません。

退職した段階で会社の人間ではなくなりますし、社員であることを証明するものは基本的に全て返すことになります。

作業着に関しては会社によって返却時のルールが異なってきますが、基本的には綺麗な状態にしておかなければならないので、クリーニングに出してから送るようにしましょう。

中にはそのままの状態でも構わないというところがあるものの、特に言及されていなければやはりマナーとしてできるだけ状態を整えておくべきです。

社員証や入館証、IDカード、セキュリティカード等を所持していた場合にも、そのままにしておくわけにはいきません。

会社の所属であることを示すものは退職時に手にする資格を失います。

間違っても退職後に利用できるものではありませんので、保険証と同様にやはり記録に残せる形で郵送をしてください。

職務で知り得たデータや書類

会社が支給しているパソコンで仕事をしている場合にはそのパソコンを、書類やデータ等職務で知り得た情報が残っているものは機密事項が含まれている場合が多いので、紙媒体や記録媒体も必ず返却をしなければなりません。

なお、自身の所持している媒体で仕事をしていた場合には、速やかに職務上の情報を削除をしましょう。

これらに関しては、退職をする最後の日までに直接返却をしておくことが望ましいのですが、急な退職で難しい場合にはやはり記録に残る方法で郵送をするべきです。

昨今では情報の扱いに関して、より厳しく取り締まっている会社が増えてきています。

このくらいは大丈夫だろうと判断しがちな業務書類やマニュアル、簡単なメモや研修資料なども返却を求められる場合が多いので、判断がつかない場合には会社に関する全ての手持ちの資料をまとめて送付してしまうのが確実でしょう。

後から返却した、返却しないなどで揉めてしまうと手間ですので、リストアップしたものと添付しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です