転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

転職を考えている女性向け!女性が働きやすい職場と働きにくい職場の特徴

転職を考えている女性向け!女性が働きやすい職場と働きにくい職場の特徴

女性が働かずに家で家事をするというのは昔の話です。

現代では女性も社会に出るのはごく当たり前のことですが、女性からみて働きやすい職場とそうでない職場があるのも事実。

運よく働きやすい会社に勤めることができれば良いですが、そうでなかった場合には苦労することもありますよ。

では転職する前に、女性にとって働きやすい会社と働きにくい会社の特徴を知っておきましょう。

何度も転職するのは大変なので、居心地の良い職場を探すようにしてくださいね。

女性が働きやすい職場の特徴とは?

同じ職場で働く以上、男性も女性も同じ扱いを受けるべきです。

しかし女性は男性とは違いますし、女性ならではのこともありますよね。

自分にとって働きやすい完璧な職場というのは滅多にあるものではありませんが、それでも「女性が働きやすい環境」の特徴を抑えておくと失敗しにくいですよ。

転職してすぐに辞めることになると時間も労力も無駄になってしまいます。

職場に何を求めるのかは人によっても違いますが、転職前に以下の特徴をチェックしておきましょう。

女性が多い

女性からすると、同じ女性が職場に多くいる方が働きやすいです。

女性はコミュニケーションを取ることに長けていますが、それは職場でも同じです。

また、空気を読んだり周りに対して気を遣ったりすることも得意な人が多いですね。

女性が多ければコミュニケーションを取りながら、お喋りをしながら、お互いに気をつかいながら仕事ができるので働きやすく感じます。

もちろん男性であっても空気を読める人、コミュニケーション能力の高い人はいます。

しかし全体的に見ると女性の方がそういった能力が高い傾向がありますよ。

そして女性であれば出産、生理など女性独特の悩みを理解してもらうこともできます。

こういった話は男性にはしにくいですし、話したところで完全には理解してもらえませんよね。

例えば男性に「生理痛が酷いので少し休憩させてください」とは言いにくいです。

女性同士であれば話しやすいですし、理解もしてもらいやすいやすいため働きやすく感じることが多いのです。

休暇制度が整っている

有給休暇、夏休み、育児休暇など、会社には様々な休暇制度があります。

中でも女性が働きやすさを感じるのは、育児休暇と時間短縮制度ですね。

女性は出産をするとき、した後は休暇が必要です。

育児休暇がないとそのまま出産を機に退職することになりますよね。

せっかく1つの会社でキャリアを積んでもその実績もなくなってしまいますし、一度家庭に入ってから社会に復帰するのは大変です。

育児休暇があれば出産してもまた職場に復帰することができますし、時間短縮制度があれば育児をしながらもスムーズに働くことができます。

「今は出産や結婚の予定はないから大丈夫」と思う人もいるでしょうが、いつその機会が来るかは分かりません。

休暇制度が整っているとそういった場面に遭遇したときも退職しなくて良いですし、その後も職探しなどもしなくて良いので働きやすいのです。

出産を控えている女性や育児中の女性は大変です。

転職や退職のことなど余計なことを考えなくて良いというのは気持ちも楽になりますよ。

イレギュラーな残業が少ない

残業の多い職場、全くない職場がありますが、女性にとって残業は少ない方が良いです。

もちろん男性からみてもそうですが、特に女性にとっては大きな問題です。

その理由は、女性は家事や育児を負担することが多いからです。

独り暮らしをしていると自分で家事をしなければなりませんよね。

その場合は男女同じですが、結婚していると状況が変わってきます。

共働きの場合、男性も家事や育児をするというのはごく一般的な考え方になってきました。

しかしそれでも女性側の負担の方が大きいのは事実です。

昼間は仕事をして自宅に帰ってから家事や育児…という女性は多いです。

家事や育児には時間も労力もかかりますし、仕事が終わればすぐに保育園などに迎えに行かないといけないという場合も。

仕事プラス、家事や育児をしている女性にとってイレギュラーな残業は困ります。

残業がない職場であればその後の予定も組みやすく、家事や育児もスムーズにいきやすいので働きやすく感じますよ。

女性が働きにくい職場の特徴とは?

女性が社会に出て当たり前の時代になりましたが、それでも社会の中は男性優位です。

これはすぐに解決できる問題ではありませんよね。

女性はどうしても働きにくいと感じることがあるので、「働きにくい職場の特徴」を抑えておきましょう。

職場の環境を変えることはなかなか難しいですし、転職したばかりの人であれば職場の風習に従うしかありません。

中には生活のためにと我慢している女性もいるので、後悔しないように転職前に下調べをしておきましょう。

女性の上司や管理職がいない

女性の管理職がいる会社も多くありますが、全体的にみると圧倒的に男性管理職の方が多いです。

女性は仕事ができないというわけではありませんが、結婚や出産などで退職する女性も多いので男性の方が責任ある立場につきやすいというのも理由の1つですね。

そのため女性よりも、男性の上司や管理職が多いのはごく一般的。

しかし「女性の上司や管理職が1人もいない」となると働きにくさを感じやすいですよ。

例えば家庭の事情や出産などで休みを取りたいとき、女性上司の方が言いやすいです。

生理で体調が悪いとき、子供が熱を出して早退したいときなどもそうですね。

上司が女性であれば理解してもらいやすいです。

その女性上司が出産経験がない場合でも、友人や周りの人から「育児しながら働くのは大変」という話を聞いていることも多いので理解を得られやすいのです。

しかし男性ばかりだと言いにくいですし、状況や気持ちを理解してもらえないというケースも。

また、「管理職は男性社員しかいない」という会社では、社内で女性の地位が低い傾向もあるため働きにくさを感じることがあります。

男女の差がある

会社によっては、お給料が同じであっても男女によって仕事に差がある場合もあります。

よくあるのが、掃除やコピーなどの雑用、お茶くみ、電話番などですね。

入社時期が同じで立場が同じであっても、女性だけ雑用系の仕事をしなければならないという職場も実際にあります。

こういった風潮は小規模な会社、田舎の会社に多いですが、それなりの規模の会社でも男女に差がある場合もあります。

雑用をするのが嫌でない、むしろ好きというのであれば全く問題ありませんが、雑用を任されることに不満を感じる女性が多いです。

男女の差がある職場はその環境が当たり前になっており、一般的な会社よりも男性優位の傾向がありますよ。

女性は出世できない、管理職にはなれない、大きな仕事を任せてもらえないなど。

また、そういう風潮が残っている会社は「昔ながらの考え方」をもっている人も多いです。

有給休暇や育児休暇の制度はあっても、実際に使っている人が少なく、取得しにくいという傾向もあります。

職場の雰囲気が悪い

職場は仕事をする場所ですが、職場環境も大事ですよね。

男性ならある程度割り切ることもできますが、女性はコミュニケーションや人間関係を大事にする傾向があります。

そのため職場環境が悪いと居心地の悪さを覚え、働きにくいと感じることが多いです。

上司との関係、同僚との関係、配属されている部署の空気など。

雰囲気が堅すぎて一切お喋りも許されない環境、上司や先輩が怒りっぽくていつも誰かが怒られている、売上に厳しくいるもピリピリしているなどもそうですね。

他にも、常に誰かが誰かの悪口を言っている、愚痴が多い、ライバル関係によりピリピリしている、職場内での競争があるなど。

女性は居心地の良さを重視する傾向があるので、こういうことがあると職場に行くのが嫌になることがあります。

職場の雰囲気は実際に働いてみないと分かりませんが、ホームページなどを見てできるだけ調べておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です