転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

JACリクルートメントの口コミ評判、メリット|担当者に優先的に案件を紹介してもらうコツ

JACリクルートメントについて解説しているヨーロッパ風勇者

JACリクルートメントは管理職や専門職、技術職の転職に特化した転職エージェントです。

付加価値が高いハイクラスの求人を扱っていて、年収をあげたい人、より積極的にキャリアを積みたい人から支持されています。

上場企業への紹介実績も豊富で外資系に強く、海外赴任も含めた転職が視野に入ります。会員登録の時点で語学スキルをどの程度もっているか入力できる項目があるほどです。

求人の検索性が高いのも特徴で、ある程度業界を絞り込んで仕事を探すこともできます。

また、新規プロジェクトや事業にかかわる人材の案件を扱うなど、先端分野に関われるチャンスも多いのです。

一方でキャリアがほとんどない人は求人自体を見つけることが難しく、ある程度能力や経歴、専門知識や技術に自信がある人向けの転職エージェントにもなっています。

30代から50代向けで、自分のキャリアや年収の見直しなどに利用する人も多いのです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメントの口コミ評判

年収が高い求人を多く取り扱っており、キャリアアップに関する相談もしっかり相手にしてもらえて良かったです。
紹介してもらえる年収高い分スキルもそれなりに求められますが、普通の転職サイトで職探しをするよりは効率が良いと思います。

ブラック企業勤務でスキルはあるものの年収は上がらないという状態だったので大幅な年収アップを期待して登録しました。
しかし、年収400万円だと相手にしてもらえずショックでした。

取り扱っている求人は中小企業の管理職ポジションもしくは大手企業の求人が多かったです。
外資系に強いと聞いていましたが、外資系の求人はあまり紹介してもらえず残念でした。

外資系への転職を希望していて利用しましたが、外資系を希望する場合かなり高い英語スキルに加えて仕事での結果も求められます。
そのため、利用する際に自惚れすぎると危険だと感じました。

スキルチェックがしっかりしており、担当の方が自分のスキルを客観的に見てくれた点が良かったです。
今後のキャリアを見越してどんな経験を積んでいけば良いかなどのアドバイスも貰えました。

JACリクルートメントは他のエージェントと比べて何が優れている?

JACリクルートメントは管理職、技術職、専門職の転職を専門に扱っています。高収入に絞った転職エージェントは多いものの、具体的に内容をチェックすることが困難なケースもあります。

管理職や技術職などに絞込みをすることで効率的な転職が可能な他、紹介なども受けやすくなるのがポイントです。

転職エージェントを比較する場合に大切になるのが取り扱う紹介の件数とコネクションです。

特定分野に絞ることで仕事が集まりやすくなるケースも存在し、JACリクルートメントも例外ではなくなっています。

公開案件だけでなく多くの非公開案件を取り扱っていて、外資系企業の取り扱いも多いのが大きな魅力になっています。

管理職、技術職や専門職など付加価値が高い転職の紹介が多く、ある程度年齢が上がっている人のチャンスに繋げやすいのも特徴です。

年齢層でわけて求人を絞るエージェントは珍しくなく、JACリクルートメントの場合は30代から50代の転職に強くなっています。

エグゼクティブ求人中心になると40代以降がメインターゲットになるなど30代の転職案件の取り扱いが薄くなってしまうこともあるため、年齢が若く向上心が強い人も使いやすいのです。

大手企業とのコネクションがあるのも魅力です。JACリクルートメントは上場一部企業を含む、さまざまな企業への紹介実績があります。

紹介実績があることで転職のハードルが下がることがあるだけでなく、独自の求人などの打診が入りやすくなります。外資系企業の求人が多いのも取引実績が多いためです。

また、紹介実績があると言うことはそれだけコンサルタントがうまく調整を行っていると言うことでもあります。コンサル体制の手厚さも選ばれる理由になっています。

求人検索自体の使いやすさも魅力です。経験職種から求人検索を行うこともできますが、EMCやメディカル・バイオなどユニークな項目も目立ちます。

項目として成立するほど求人があるかも重要になるため、手軽に選べるというのはそれだけでプラスになります。

記載がない分野であってもコンサルが充実しているため相談がしやすく、先端分野での転職を考える場合も利用しやすくなっています。

サポート体制のてあつさも含めてメリットで、他のエージェントと比較してもすぐれているポイントになっているのです。

JACリクルートメントで担当者に優先的に仕事を紹介してもらうコツ

JACリクルートメントで優先的に仕事を紹介してもらうコツはフットワークの軽さなどをアピールできるかです。

年齢や職種的に転職に時間がかかる場合は問題がないものの、決断能力が低ければそれだけマイナスになります。

転職に不安がある場合はまずはしっかりとコンサルを受けて不安を解消してから紹介を希望するなど、決断にかかるスピードは短縮していく意識がが大切になります。

退職に関わるアドバイスなども行っているため積極的に活用した方が良いのです。

また、外資系に強く、管理職や専門職、技術職の転職が多い関係上海外勤務が視野に入るケースもあります。

国内のみで仕事をしたいとなれば優先順位がどうしても低くなるケースもあるのです。

どのような仕事をしたいのかでも違いが出るものの選択肢が多い方が優先して仕事を紹介される確立が高くなります。条件が絞られた状態であればマッチングに時間がかかる可能性があることにも理解が必要です。

外国語スキルが高い、海外で仕事をした経験があるなどキャリア上のプラスがあればそれだけ優先順位が高くなるのも特徴です。

外資系での印象が良くなるだけでなく、海外への展開を考える企業が多いのがポイントになります。

国内の人口が減少することが予測されているため、国内ではなく海外の販路開拓などを目指す企業が増加しているからです。

国内で成長を目指すハードルが高いだけでなく、外国人労働者の受け入れが徐々に緩和されるなど海外からの人材も集まりやすい状況になっています。

将来を見すえるからこそ国際的な人材を獲得したいと言う企業は珍しくないのです。訪日外国人や海外からの問い合わせに対応する人材の育成など、課題が多い企業も増えています。

また、新規ビジネスに挑んだ経験があるかも大切になります。これは実際に取り組んだ経験自体が貴重で、失敗した経験であってもプラスの評価になることがあるためです。

全く情報がない分野のビジネスを開拓しようとしている企業からすれば、失敗例でも経験があることは大きなプラスになります。

大規模な労働環境の変化などに対応した例など、レアケースを経験した人もプラスになる場合があり、積極的にアピールしたいポイントになります。

経験は財産になるからこそ積極的に情報を公開し、コンサルタントや担当者と協力して強みを出していくことが優先して紹介を受けるコツになっているのです。

JACリクルートメントに登録する際の注意点

JACリクルートメントに登録する際に注意したいのは、ある程度キャリアがある人向けのサービスであることです。

専門職や技術職としての経験がないうちに転職を目指そうとしても仕事自体が見つからない可能性がでてきます。

20代でも専門的な仕事をしていた場合や起業や管理職としての経験があった場合は例外となりますが、第二新卒などキャリアが薄い状態では登録する労力が無駄になりかねないのです。

市場的に価値が低い案件の取り扱いがないのもポイントです。キャリアの長さや質と直結する部分になりますがそもそも年収が低い仕事の取り扱いがないのです。

大幅年収増が見込めるケースがある一方で、責任が薄く、付加価値も低い仕事を求めても期待はずれになる可能性が高くなります。

また、キャリアを重視するため提出した職務経歴書の情報で担当者の熱量が変わる可能性があります。

キャリアがないと思われないように提出書類の情報量にもこだわった方が良く、情報量が少なすぎれば「熱意がない」「コミュニケーション能力が低い」などと思われる可能性があるのです。

JACリクルートメント登録方法・利用の流れ

JACリクルートメント登録にはメールアドレスが必要です。

メールアドレスと希望するパスワードを入力して新規登録をする必要があります。Facebookなどの連携は行っていないため、連絡先としても使えるアドレスを用意しておくのが基本です。

基本情報の入力画面では事実に即した情報を入力します。年収額は手取りではなく税や保険料を引く前の支給額を入力する必要があります。

現状の年収は紹介案件を選ぶ基準になってくるため正確に入力する必要があるのです。キャリアが浅い人の場合はこの時点で弾かれる可能性すらあります。

仮登録は可能ですが、紹介できなる案件がないと断りのメールが可能性が出てくるのです。

職務経歴は箇条書きが基本になります。余り詳細に書く必要はないものの、コンサルタントが見てわかるようにわかりやすくまとめるのがコツになります。

直近の勤め先の情報を掻く必要がありますが、どのような業務を行ってきたかは大切です。新規事業に関わった経験や、海外赴任の経験などの経験があれば書いておくだけで目立ちます。

また、職務経歴を盛って少しでも有利にと考える人もいますが、嘘をついて後から嘘が判明した場合は採用取り消しなどもありえるため注意が必要です。

転職回数等の情報も嘘を入れるメリットがないことがポイントになります。

職歴や語学スキル、希望職種などの情報を入力後は確認画面に移行し、実際の登録を行います。登録するとその情報がJACリクルートメントに送られます。

担当者に伝えたいことなども入力できるため、希望する年収などがあれば記載することができるのもポイントです。

送信後24時間以内に連絡が来るのが一般的で、休日や祝日などの例外を除き迅速に返信が来るのも魅力になります。

転職の詳細はメールや電話のやりとりで詰めていきます。特に実際に企業に送るための職務経歴書はコンサルタントのアドバイスを受けながらしっかり練っていくことが大切になります。

転職の希望先によって表現を変えた方がいいかといった細やかな情報にも対応してくれるのです。

ただし、アドバイスの希望する場合は自分から積極的に聞く姿勢も大切になります。

担当者とコミュニケーションをとりながら希望する起業を絞り込んでいくのが基本で、積極性を見せないと熱意がないと見られる可能性が高くなります。

他にも多くの転職希望者がいて、競争が発生している事にも理解が必要です。

条件が合う求人があれば担当者から連絡が来ますが、どの程度の頻度で連絡がくるかはアピール内容で異なるのです。

JACリクルートメントはある程度キャリアがある方へオススメの転職エージェント

JACリクルートメントはハイクラス求人に絞り込んだ転職エージェントであり、技術職や専門職などの分野もカバーしています。

国内企業だけでなく外資系もカバーしているため能力や野心があるほどチャンスが広がります。ただし、キャリアがあることが前提で、能力などがなければマッチング自体が難しいのも現実です。

自分の能力を客観的に把握できていない場合は積極的にコンサルタントに相談するなど、情報の整理も必要になります。自分の長所と短所を正確に把握して初めてチャンスが広がるのです。

自分の能力が高くても常に競争が発生することにも理解が必要です。

自分以外の多くの人間が転職を希望してJACリクルートメントを利用しているため、人気の高い企業であればそれだけ競争率も高くなります。

優先して案件を紹介してもらえるように自分から動くことも大切なのです。

公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です