Slider

女性がUターン転職をする主な理由とは?メリット・デメリットも解説

女性がUターン転職をする主な理由とは?メリット・デメリットも解説

女性がUターン転職をする理由は様々ですが、その中でも主要な理由とメリットデメリットを知っておくことは大切です。

転職理由は将来設計をする上で重要な要素が含まれることが多く、多くの人がぶつかる課題ともなるからです。

事例から学んで事前に対策することが、Uターン転職を成功させる、あるいは首都圏で働き続けるポイントになってくるからです。

どちらを選択するにしても、比較の対象があった方がプラスになりやすいのも覚えておく必要があります。

マミ
女性のUターン転職について、詳しく知っておきたいわ。
ブレイブ
メリットとデメリットの両方を理解しておけば、転職の決断をする際の参考になるよね。

女性がUターン転職をする主な理由とは?

女性がUターン転職をする主な理由の一つが、首都圏の生活費用の高さです。

首都圏で生活するとどうしても家賃の負担が重くなり、家賃の負担を減らそうと首都圏から離れるほど通勤時間がのびてしまいます。

職場への往復時間が長く、家賃の支出が大きいことでなぜ働いているのかとわからなくなってしまう人も多いのです。

また、家族が高齢化や、育児や出産のためにUターン転職を考える人もいます。

首都圏は子育てをしたい人と保育園などの需要と供給のギャップが激しく、待機児童が多い自治体も珍しく無いのです。

両親の面倒を見るため、あるいは子育てとの両立のためにUターン転職する人もいることがポイントです。

ケリー
首都圏の家賃の高さには納得よね。東京都心なら、家賃10万円が普通だもん。
エンジェル
育児や出産のことを考えたら、女性はUターン転職がとても魅力的に思えるわよね!慣れ親しんだ土地で暮らしたほうが落ち着くから。

首都圏での生活はワークライフバランスをとるのが難しい

首都圏は物価が高く、家賃も高騰する傾向があります。

新卒社会人の場合は収入の大半が家賃に消えることも珍しくなく、生活を圧迫する原因となりえます。

家賃の負担を避けるために通勤に1時間以上の時間を使う人も珍しくなく、仕事の負担が増す理由となる場合もあるのです。

全体適に収入と支出のバランスをとるのが難しく、余裕を作ろうとすると通勤時間など見えない制限が増えるのが首都圏の生活です。

そのため、より自由な状況を作るためにUターン転職を志す女性も珍しくなくなります。

家賃が半額以下になるケースや、家族と一緒に暮らすことで負担そのものがなくなるケースもあります。

通勤時間も首都圏より短くなることは珍しく無いのです。

マイカーを持つのであれば地方の方が効率が良いと言うのもポイントになります。

首都圏は交通網が充実していますが、電車のタイミングを待つ待ち時間なども発生します。

マイカーで通勤範囲を広げ、買い物などを便利にすると言う考え方ができるのも地方ならではになります。

家族の高齢化や出産のタイミングでUターンする女性も多い

家族の高齢化や出産のタイミングでUターン転職を決意する女性もいます。

両親の怪我や病気などをきっかけに介護の必要性に目覚める女性が多いのがポイントで、ほかに面倒をみてくれる兄弟、姉妹がいるかも影響を及ぼします。

また、両親ではなく、自分の子育てを考えた場合に良くなれた地元の方法がプラスになることがあるのもポイントです。

親戚を頼りやすいことや、保育園の空きが多いことも大きなメリットです。

共働きの場合でも、一人で働き続ける場合でも、首都圏では子どもを預ける先自体に困ってしまう場合があります。

自治体が子育て支援のための補助金や、各種制度を充実させているケースもあります。

子育てのためのより良い条件を求めると地方の方が良い場合があるのです。

競争が激しいことに嫌気がさしてしまう女性もいる

首都圏の仕事は競争が激しく、忙しいケースが多くなります。

地方の仕事であっても忙しい仕事はありますが、時間の流れ方などが違うと感じる人も珍しく無いのです。

首都圏で就職してもリズムのあわなさや、他人との競争の激しさでUターン転職する人もいます。

のんびりとした性格の人は首都圏の忙しさが合わない人もいるため、自分のリズムを保てる場所を探すのも方法です。

UターンではなくIターンをする人がいるのも地方の空気を求めてという人がいるためです。

もちろん、仕事の忙しさは就職する場所の影響もあるため、実際に同業他社や地方で差があるかは考えたいポイントになっています。

女性がUターン転職をするメリットとデメリット

女性がUターン転職をする理由は様々ですが、当然メリットとデメリットがあります。

しっかりと把握せずに転職をしてからキャリアプランを練り直すのは難しいことも多く、事前に比較しておく気持ちも大切です。

特に地方は人口減少などの課題が表面化していることが珍しくなく、状況は常に変化を続けています。

長期視点で考えなければデメリットが上回る可能性も高くなっているのです。

人生は長い目で見る必要があるため、Uターン転職をするにしてもタイミングを意識する必要があります。

ブレイブ
Uターン転職のメリットだけでなく、デメリットもよく知っておこう!
エンジェル
仕事のキャリアプランを大幅に見直すことになるから、慎重に考えたほうが良いわよ。

生活の維持費が安いことや家族とのワークライフバランスが取りやすいのがメリット

女性のUターン転職の主なメリットと生るのが生活の維持費が安く済むことです。

首都圏に限らず、都心部はどうしても生活費が高くなる傾向があります。

また、生活費を安くしようとして都心から離れることで通勤時間が長くなる傾向があり、大きなデメリットになっています。

地方であれば生活費と通勤時間といった日々の負担を減らすことが簡単なのです。

両親や家族の面倒を見る場合や、育児をする際の待機児童の少なさがメリットにもなります。

両親がいる場合は地元に愛着があるケースが多く、都心部に来て同居しようとお願いしてもなかなか来てくれない場合が増えます。

また、地方は少子化が進んでいるケースが多く、保育園なども空きが目立ち安いのがポイントです。

地元の方が家族も含めたワークライフバランスをとりやすいと考える女性が多いのです。

キャリアが大きく変わるので最先端で働きたいのであれば注意

Uターン転職のデメリットとなるのが、キャリアプランが大きく変わることです。

都心部は生活費などがかかるかわりに高収入に結びつく仕事も多くなります。

様々な業界の最前線に立とうと思う場合は都心部の方法が利便性が高いケースが多く、一度地方で転職すると難しいのです。

フルリモートで働く地方に関係なく収入を得られる仕事などは少ないのが現実です。

地方だからこそ管理職になれるケースなどもありますが、向上心がある場合はその先まで考える必要があります。

収入を積極的に増やしたいのであれば管理職から経営者を目指す、独立を目指すステップとするなど段階も考える必要があるのです。

実際に仕事があるかもしっかりと確認が必要になります。

例えば特殊性、専門性の高い仕事の場合は選べる会社の数自体が少なく、条件などの融通がきかなくなる場合があるのです。

給料面だけでなく福利厚生も合わせてしっかりと確認することが大切です。

一時的に収入が下がることも珍しくないため、住んでいる地域の相場で考えることも必要になってきます。

中小企業はボーナスがないことも珍しくないため事前のチェックがが大切です。

20代の場合はUターン転職の先まで考える必要がある?

20代の場合は更に先まで考える必要があります。

地方は人口減少が進む地域が多く、経済圏も縮小している場合が多くなります。

そのため、今仕事があってもその仕事の人の募集が続くかはしっかりと見極める必要があるのです。

将来性のある事業に投資しているのかどうか、積極的に新人を採用しているなど将来を考えて動いているのかは注目のポイントです。

時間に余裕のある企業を選択し、自分なりのスキルを磨いて副業で稼ぐといった働き方もあります。

ただ転職するだけでなく、より賢く動けるように考えてキャリアプランを構築した方が後悔せずにすみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です