Slider

退職代行は派遣や契約社員でも利用可能!メリットと注意点を解説!

退職代行は派遣や契約社員でも利用可能!メリットと注意点を解説!

退職代行は派遣や契約社員でも利用が可能で、派遣先がブラックで辞めづらくなってしまった場合などにも利用が可能です。

ただし、派遣や契約社員の場合は雇用契約中に退職する場合はやむを得ないと認められる理由が必要になります。

どのような理由が通用するかは退職代行と確認して詳細を詰める必要があり、場合によっては体調不良などが理由として使われる場合もあります。

また、年単位で働いているのか有給が残っているのかでも若干変わる面があります。

派遣や契約社員が退職代行を利用するメリット

派遣や契約社員が退職代行を利用するメリットは、辞め方がわからなくてもサポートを受けられる点です。

派遣や契約社員は原則契約の満了まで仕事が辞められないようになっています。

しかし、例外となる処理が存在するため、退職代行を利用するとその例外処理の仕方を教えて貰えるのです。

また、パワハラやセクハラなどで退職願を出すこと自体も苦痛に感じる場合のサポートも行ってくれます。

退職願を代理で出すなど対応してくれるため、会社に出社せずに仕事を辞められる場合があるのです。

派遣や契約社員も契約期間中に辞める方法がある

派遣や契約社員は基本的に契約期間中に仕事が辞められない契約になっています。

ただし、例外が存在するのがポイントで、体調不良や家族の介護が必要になるなどやむを得ない事情であれば認められます。

これは労働契約が人権の侵害になってはならないためで、法律で守られているためです。

また、1年以上同じ職場に職場に努めている場合や、会社から合意を得られた場合も辞めることが可能です。

また、有給休暇が付与されていれば有給休暇を消化しながら退職期間まで待機するといったことも可能です。

派遣社員や契約社員であっても半年以上、8割以上の出勤を行っていれば有給は取得できます。

退職代行は有給の取得や会社を辞めるための方法など、様々な提案とサポートを行ってくれるのです。

会社とのやりとりを代行してくれる

退職代行が人気になる理由の一つが、会社とのやりとりを代行してくれることです。

パワハラやセクハラが原因の場合は仕事に行くこと自体が辛くなってしまうがあるだけでなく、派遣であれば派遣先と派遣元の板ばさみになってしまうケースなども考えられます。

退職代行を利用すれば会社とのやりとり自体を代行してくれるだけでなく、必要な手続きについても教えてくれます。

職場への説明や職場からのクレームなども引き受けてくれるため、安心して仕事を辞めることができるのもポイントです。

退職願なども郵送手続きを行い、依頼後まったく会社にいかなくても良いケースもあります。

どのような対応をしてくれるかは退職代行業者によってかわるものの、出社したくないなどの要望があればしっかりと伝えれば対処してくれるのです。

自分一人で契約満了まで働き続ける自信がない場合は退職代行を利用するのも方法です。

また、有給取得について強く出れない場合などもサポートをしてくれます。

会社に有給取得を制限する権限がないのもポイントで、たまった有給を消化した上で退職できるケースもあります。

人手が足りなくて引きとめなどが想定される場合も使いやすい

退職代行と一言で言っても利用する理由は様々です。

転職が決まっていても引き止めにあってしまい、なかなか仕事を辞められないようなケースもあります。

職場が繁忙期などで言い出しづらいという人がいるのもポイントで、退職代行を利用すれば引き止められたり冷たい目で見られることなく辞めることが可能になるのです。

契約期間の満了が近くても更新をしないで辞めますと言えない性格の人もいます。

ストレスがたまるようであれば退職代行に相談した上で、断るためのサポートをしてもらうのも方法なのです。

契約が自動更新になっていて辞めるタイミングが分からなくなっている人もいるため、悩む位であれば相談してしまうのも方法なのです。

もちろん、勤務状態などで条件がつく場合もありますが少なくとも一歩前進はします。

派遣や契約社員が退職代行を利用する際の注意点

派遣や契約社員が退職代行を利用する際は、利用できるサービスの範囲をチェックする必要があります。

退職代行業者が増えているため、全ての業者が契約社員や派遣社員に対応しているといえない状態になっているのです。

また、雇用形態によって料金が変動するケースがあります。

派遣社員の場合は派遣会社もセットで辞めるかで費用が変わることがありえるのもポイントです。

退職を検討する場合は、利用できる退職代行を探した上で料金なども比較した方が良いのです。

派遣や契約社員が利用できるサービスになっているのか

派遣社員や契約社員は正社員やアルバイトに比べて辞めるのに手間がかかる場合があります。

無期雇用契約とくらべ、有期雇用契約は期間中は働くことが前提になっています。

退職するための用件の確認や会社との交渉などに手間取れば、料金を割り増ししなければサービスの割りに合わない可能性もでてきます。

退職代行業者が増えているのもポイントで、正社員に特化した退職代行や、逆に派遣や契約社員に特化した退職代行が登場する可能性もあるのです。

事前に退職代行がどの雇用範囲に対応してくれるかチェックすることは大切で、意識にずれがあるとトラブルの元になるケースもあります。

時間の無駄にしないように気を配りたいポイントになっています。

雇用形態で料金がかわる場合がある

退職代行は雇用形態に限らず一律料金で対応してくれる場合だけでなく、雇用形態によって対応料金が変化する場合も存在します。

正社員やアルバイト、契約社員や派遣社員で料金が分かれるケースがあるのです。

派遣社員は派遣先だけでなく、派遣元も辞めたいかで料金が変わる場合があります。

一つの契約で辞められるかどうかも確認が必要なのです。

一般的に、手続きに手間がかからない正社員の退職代行の方が費用は安くなる傾向があります。

一律料金で対応してくれる業者に依頼した方が平均値がとりやすく、派遣や契約社員でも料金が安くなる場合があるのです。

契約社員や派遣社員でもそれほど費用が上がらないのであれば、口コミなどを参考に信用できそうな業者に頼むという方法もあります。

対応のタイミングは業者によって異なる

退職代行を利用する場合は、いつ利用できるかも大切になってきます。

即日対応が可能な業者も存在しますが、休業日が決まっている業者も存在します。

連絡のタイミングでいつやめられるかも代わってくる場合があり、早く辞めたい場合は考慮したい部分になっています。

会社に行きたくない状態であれば、病欠という理由をつけて休んで相談をしにいくなど工夫をすることも可能です。

一方で、生活費のために働かなればならない人や依頼費用を可能な限り安くしたい人もいるため、対応と着手のタイミングも確認して相談した方が良いのです。

人手不足などで連絡が繋がりづらいといった場面も想定されるため、複数の退職代行を候補にして比較することも大切なのです。

備品の返却が必要になることも忘れずに

退職をする場合は、会社の備品や制服を返却することは基本になります。

退職代行から案内があるのが一般的ですが、郵送で送る場合や、代行業者が直接届けてくれる場合など対応の内容は大きく変わります。

特にセキュリティに関わるアイテムや機密情報を含むメモなどは取り扱いに注意が必要です。

退職代行から確認がなかった場合は自分から返却方法を聞くことも大切で、会社内に残した私物の扱いなども相談しておくとよりスムーズになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です