Slider

【退職代行が後ろめたい、気まずい】利用した方がいい人としない方がいい人の特徴

【退職代行が後ろめたい、気まずい】利用した方がいい人としない方がいい人の特徴

退職代行とは、働いている本人と違う人が、辞めたい会社に対して代謝の手続きをすることになります。

会社を辞めたいと思う理由はさまざまですが、自分でなかなかいうことができない場合、他人に頼むことで自分への負担は減っていくことになります。

退職代行を利用した方が良い人、しない方が良い人、それぞれ特徴などはあるのでしょうか。

いくら楽だからといっても、自分とは合わないタイプのもので、後々後に響くような人は避けたほうが良くなります。

退職代行を利用した方がいい人の特徴や職場の状況

退職代行とは本人とは違う人が退職の手続きを行うことです。

退職代行に向いている人とはどのような人となり、職場の状況がどういう風の方が、利用しやすいといえるのでしょうか。

トラブルを抱えてしまって会社の人に会いたくないと思っている人

会社にいると仕事上のトラブルだけでなく、人間関係もトラブルになってしまい、抱えているものが多くなってしまいます。

大きくなりすぎると、自分では処理しきれず、他の人の手を借りないとなかなか解決しません。

ただもう、誰かに助けてもらうという状況も終わり、ただ苦しいだけということもあります。

辛い相手が上司の場合、その人にさえ会いたくないと思ってしまいますし、会いたくない人に自分の気持ちを伝えて退職とはなかなか緊張して伝えられないものです。

こういう時は思い切って退職代行に頼んだ方が楽になります。

気持ちはぐっと楽になりますし、もう散々苦しんだのだから今の会社のことは早く忘れて、新しいところでやっていく前向きな気持ちにもっていったほうが良くなります。

ぐるぐる同じところで長い間ずっと悩んで苦しんでいる人は、思い切って退職代行に頼んでみると、自分の道が開けていくことにつながります。

引き留められる可能性が高い人

時に重要なポストで働いていることがあったり、やめにくいポジションで働いている人もいます。

だからこそ責任感に押しつぶされて辞めたいと思ってしまうのですが、そういう人が会社に辞めたいと伝えても、引き留められる可能性があります。

そこで、はっきりと断ることができればよいのですが、今までのこともありますのでなかなか言うことができません。

そんな場合は、退職代行に代わってもらって、会社に退社の意向を伝えてもらうことで、ファーストクッションが免れます。

最初は現場は混乱するものです。

しかしながら社員が一人くらい欠けたからといって、会社が回っていかなくなるのは上司たちの責任でもあります。

引き留められて、それで考えたり、迷ったり、悩んだりしてしまいそうな人は最初から退職代行に頼んだ方が、退職の手続きはうまく行くようになります。

他に自分の仕事をしている人がいる職場

会社を辞めるときに、必要なことと言えば、新しく勤める人に引継ぎがあります。

例えば同じ仕事をしている人が自分しかいない場合、仕事に穴ができますので、しばらく現場はパニックになる可能性もあります。

しかしながら、自分の他に同じ仕事をしている人が何人もいる場合は、細かい引継ぎはなく、辞めることはしやすいです。

自分と同じことをしている人がいれば、その人からまた新しい人に引き継ぐこともできますし、しばらく残業などをしたら、仕事は滞りなく回っていく可能性が高くなります。

同じ仕事をしている人がいるかどうか考えたとき、一人もいない人も多いのかもしれません。

ただ何人かの知恵が混ざったら、仕事は回っていく想像がつくのかもしれないです。

同じ仕事をしている人が他に何人もいる場合、ラッキーなことだと思って、すぐに退職代行にお願いすることもしやすいです。

仕事ををやめたところで、多少の迷惑はかけますが、仕事が圧倒的に回っていかないようなトラブルはなくなります。

引継ぎも必要がなくて問題もなく、面倒だと思うことはしたくない、すぐにでも職場から離れたいとき、退職代行は利用しやすい退職方法となります。

退職代行を利用しない方がいい人の特徴や職場の状況

退職代行は基本的には誰でも頼むことはできますが、退職代行を利用しない方が良い人もいます。

どのような特徴の人でしょうか。

また、職場の状況がどのような場合、避けたほうがよいのでしょうか。

感情的になりやすい人

その職場に勤めることになって、何年くらいたっているかは人によって違います。

人間関係が複雑だったり、乗り越えてきた仕事の量が多ければ多いほど、仕事に感情が入って、努力して仕事をこなしてきた人もいます。

そういった場合、荒波に飲まれていても一方で人に助けられたり、逆に自分が助ける側になったりなど、人とのつながりがあったりもします。

辛い時に乗り越えてきた一緒の仕事の仲間です。

自分だけ早く辞めたいからといって退職代行に頼んで退職の手続きをしてしまうと、今までお世話になっていた人にもあいさつできなくなってしまいます。

連絡先などを知らないようですと、それっきりになってしまいます。

時に感情的になりやすく人に感謝の気持ちを伝えたいと思っているような人は、退職代行は向いていないかもしれません。

直接会える機会を失ってしまいますし、感謝の気持ちも伝えられなくなります。

後から後ろめたいと思ってしまったり、会社の人と他の場所で会う機会のある人は、気まずいと感じやすい傾向にもあります。

あまりにも難しい仕事を抱えている人

飛ぶ鳥跡を濁さず、と言いますが、仕事を離れても会社は残り、残された人で仕事は回っていきます。

ただ、あまりにも難しい仕事ををたった一人でこなしていたり、他に自分の仕事が誰もできない状態になると、辞めてしまったら現場がうまく行かなくなることは間違いありません。

1人の人に徹底的に教え込んで、一人前に成長するまで見守るなど時間を掛けたり必要はないかもしれないですが、ある程度誰かが自分の仕事をできるようにしておくことが、仕事をしている上での最低限のマナーかもしれないです。

嫌かもしれないですが、引継ぎが終わるまでが一つの仕事捉えて、退職代行を使わない方がよくなります。

非情な人間だとは思われなくなりますし、自分も気持ちよく退職することができます。

繁盛記や忙しい時期の職場は避ける

仕事によっては忙しい時期が決まっており、その時期だけ仕事を残業しないと片づけられない、仕事の量が偏っていることがあります。

このような状態の時に、退職代行で退職の手続きをすると、手続きをしている会社の人にも負担がかかりやすいですし、自分の仕事の穴も埋めにくい環境となってしまいます。

普段の仕事の量の時に伝えればスムーズにいきそうな処理も、忙しい時に言ったばかりに、自分の印象さえさらに悪くしてしまうのです。

嫌な会社ですので早く辞めたい、忙しいからすぐにでも辞めたいなど、思うことがあります繁盛期をさけて退職代行を使ったほうが良くなります。

突発的に仕事をすごく辞めたいと思う時もありますが、たいていは退職はよく悩んだ上の決断です。

時期も悩むものですが、もし仕事に繁盛期があるような会社ですと、そのような時期は迷惑がかかりやすいですのでやめたほうが良いです。

本来ならすぐに終わる様な内部処理も、繁盛期のために時間がかかってしまって、時間のロスになってしまったということもあり得ます。

辞める会社ですが、少しでも状況を把握して時期を調整しておくと、自分もスムーズに仕事を辞めやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です