転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

傷病手当って何?申請の仕方や受給条件・計算方法や期間を押さえよう!傷病手当金はいつ振り込まれる?

傷病手当

毎日当たり前のように会社に行って仕事をこなしているという方がほとんどですよね。
でも、それが当たり前ではなくなる日もあり得るのです。
例えば、あなたが突然大きな病気にかかって長期で入院しなければならなくなった時、それに、建設現場などでの作業中に大きなけがをして働けなくなるなんてことがあるかもしれません。
真っ先にお金のことを心配する方が多いでしょうが、そんな時に知っておきたいのが傷病手当です。

ポイント
傷病手当とは何か、どのように申請するのかなどをお伝えしていきたいと思います。

傷病手当って何?

そもそも、傷病手当とは一体どんな制度なのか、あなたのもしもの時のためにも知っておきましょう。

傷病手当とは、病気やけがをして休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。
被保険者が病気やケガのために会社を休まなければならなくなり、事業主から十分な報酬が受けられないという場合支給されます。

傷病手当はどんな人でも受けられる制度なの?

制度を利用してお金を支給してもらう場合には、やはり何かしらの条件があるのが一般的ですよね。
では、傷病手当はどんな人でも受けられる制度なのでしょうか。

こちらも、支給してもらうためには条件を満たすことが必要です。
その条件が以下のものとなります。

業務外のことで発生した病気やけがのための休業であること

健康保険給付として受ける療養に限らず、自費で診療を受けた場合も、仕事に就ける状態ではないがこと証明されれば支給対象となります。
また、自宅療養の期間も支給対象となります。
しかし、業務上・通勤災害によるものは労災保険の給付対象となるので傷病手当の対象とはならず、例えば、美容整形などによる療養は支給対象外となるのでご注意ください。

仕事に就けない状態

仕事に就けるかどうかの判定は、療養担当者の意見などを参考にして、あなたの仕事内容を考慮して決定されます。

連続する3日間を含み4日以上就労できなかった

業務外の病気やケガの療養で仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対し支給されます。
待期には、有給休暇や公休日も含まれるので、給与の支払いの有無は関係ありません。
また、就労時間中に業務外の事由で発生した病気やケガについて仕事に就くことができない状態となった場合には、その日を待期の初日として起算されます。
ちなみに「待期の3日というのは、連続して3日休むことなのですが、4日目をそのまま連続して休むことでも給付の対象となりますし、4日目は休んで、5日目からまた長期で休んだ場合も給付対象となります。
必ず3日間の待期を作らないと給付対象にはなりません。

休業した期間に給与の支払いが無い

業務外での病気やケガで休業している期間のための生活保障を行う制度なので、給与が支払われている期間に傷病手当金は支給されません。
しかし、給与の支払いがり、傷病手当金の額よりもそれが少ない場合にはその差額が支給されます。

これら4つのすべての条件を満たした上で傷病手当金は支払われます。

傷病手当の申請の仕方はどのようにして行うの?

では、あなたが上記の度の条件にも宛は余っているので傷病手当が欲しいとなった場合、どのように手続きをしていけばよいのでしょうか。

傷病手当金支給申請書というものがインターネットからもダウンロードができますので、それをプリントアウトして手書きするかPCを使って入力していきましょう。
これを提出するだけといいたい所なのですが、これを提出するにあたって、雇用主からの証明が必要になりますので、毎月給与の締め切り日までに申請するようにしましょう。

傷病手当金って一体いくらくらい、いつまでもらえるものなの?

気になるのは傷病手当がもらえるかどうかというのもそうですが、どれだけの金額がもらえるかということですよね。
いくらくらいもらえるのか、そしていつまでもらえるのかという疑問にお答えしましょう。

結論から言えば、それぞれの人によって異なります。
なぜなら、あなたの平均月収がベースとなるからです。
計算の仕方は以下の通りです。

支給開始日より前の12ヶ月間の標準報酬月額を平均したもの÷30日x(2/3)=1日に支給される金額
※支給開始日はあなたが初めて傷病手当金を支給された日のことを指します
例)標準報酬額30万円の場合、30万円÷30日x(2/3)=約6,500円
約6,500円が1日に支給される額となります。

ただし、支給開始日の前の期間が12ヶ月に満たないこともありますよね。
そんな時は、下記のいずれか低い金額を使って計算します。

  • 支給開始日月の前の月から継続したすべての月の標準報酬月額の平均額
  • 標準報酬月額の平均額
  • A支給開始日が2019年3月31日以前なら28万円
    B支給開始日が2019年4月1以降なら30万円

傷病手当金の支給日以前の12ヶ月で勤務先が変わっただとか、定年して再雇用された場合には申請書以外に別に書類を記入する必要がありますので、ご注意ください。
また、この期間に有給休暇や出勤日があった場合、これらの日に対して傷病手当金は支払われませんが、支給最長期間である1年6ヶ月の中にはカウントされるということを覚えておきましょう。

そして、気になるいつまで支給されるかという点についてですが、同一の傷病で、傷病手当金の支給開始日から最長1年6ヶ月間までとなっています。
傷病手当金は一生病気である限りもらい続けることができるものではないということは押さえておいてくださいね。
また、支給額も普段の給料より下がってしまうということも覚えておかないと、いつもギリギリで生活をしているという方は厳しくなってしまうので注意してください。

傷病手当金受給中に退職!継続して傷病手当金を受けられるの?

傷病手当金を申請する際に、おそらく多くの方が「こういったケースでも支給されるのだろうか」という疑問が出てくるかと思います。
例えば、傷病手当金を受給中に退職してしまった場合は傷病手当金を継続して受けられるのでしょうか。

退職後も傷病手当金を受けられるケースはありますが、下記の条件をどちらも満たしていることが条件となります。

・退職日までに1年間以上継続して被保険者期間があること(ただし、健康保険任意継続の被保険者期間は対象外)
・退職日の時点で傷病手当金を支給されているか、もしくは支給される条件を満たしていること
(退職日に出勤した場合、継続給付の条件を満たさないため、退職日翌日以降は傷病手当金が支給されません)

何だか簡単なようで複雑な仕組みですよね。
もし、傷病手当金を退職後に設けたいようであれば、現在の勤め先に聞けるようであれば総務などに確認を取りましょう。
それが気まずいというのであれば、全国健康保険協会に問い合わせすれば回答してくれますから、退職前に早めに確認を取るようにしてください。

傷病手当金は申請した後どれくらいで支給がスタートするの?

保険関連の支給というのは、ちょっと時間がかかるイメージがありませんか。
働けなくなり、その状態がいつまで続くかわからない状態の時に傷病手当金がいつから支給されるかは知っておきたい点ですよね。
そのことについて見ていきましょう。

傷病手当金の申請をした後、平均して1~3ヶ月後に最初の支給がスタートします。
タイミングによって期間が前後してしまうのですが、申請書を出すタイミングは、5月分は6月に提出することになるので、傷病手当金の支給は、早ければ7月からスタートすることになります。
ただし、書類に不備があった場合などは遅れてしまうので、そうならないよう、申請書類の提出には不備が無いようにしましょう。

どんな時に傷病手当金の支給がストップしちゃうの?!

傷病手当金の支給が停止されることもあります。
では、一体どんなケースの場合にこういったことが起きるのでしょうか。

資格が喪失した後に年金の受給がある時

資格を失った後に傷病手当金を給付されている方が年金を受けている際には傷病手当金は支払われません。
しかし、例外として、年金の額の1/360が傷病手当金の日額より低かった場合にはその差額が支給されます。

障害厚生年金もしくは障害手当金が支給される時

たとえ傷病手当金の支給期限である1年6ヶ月に満たない場合でも、同一のけがや病気で障害厚生年金受給されるならば傷病手当金は支給されません。
ただし、老齢年金と同じように障害厚生年金の額の1/360が傷病手当金の日額より低かったらその差額が支給されます。
また、厚生年金保険法によって障害厚生年金が受給される方に関しては、傷病手当金の合計額が障害手当金の額になるまで傷病手当金は支給されませんのでご注意ください。

出産手当金が支給される時

傷病手当金が支給されている期間に出産手当金が支給される時期と重なった場合、傷病手当金は支給されません。
ただし、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ない場合は、傷病手当金を請求すればその差額が支給されます。

労災保険から休業補償給付が支給されている(されていた)時

以前、労災保険から休業補償給付を受けていたことがあり、休業補償給付と同一の病気やけがで仕事ができなくなった場合、傷病手当金は支給されません。
また、業務外の理由による病気やケガで働けなくなった場合も、別の原因で労災保険から休業補償給付が支給されていた期間中は、傷病手当金は支給されません。
ただし、休業補償給付の日額が傷病手当金の日額よりも低い場合、その差額が支給されます。

働けない時に生活に困らないための傷病手当金

突然体に変化が出ることはよくあることです。
そのせいで働けなくなるという状況になったら、生活面で途方に暮れてしまいますよね。
そんな時に使いたい制度が傷病手当金です。
働けなくなってからでは遅いので、万が一の時のためにここで傷病手当金の存在や新製法を学び、いざという時のために役立ててくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です