転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

『施工管理技術者』の資格には7つの種類がある!メリットやオススメの転職先は?

現場を取り仕切っている施工管理技術者

建設業の仕事をするうえで必要となってくるのが様々な資格です。

必要な資格を持っていなければ当然働くことができませんが、逆に言えば建設業界で重宝される資格を保有していれば新しい職場に転職できる可能性が広がります。

この記事ではすでに建設業に関わる資格を持っていて転職を考えている人や、資格を取った後に建設業界に転職しようと考えている人に向けて、「施工管理技術者」の資格について紹介していきます。

施工管理技術者とは施工管理技士資格を取得した人のことで、現在建設業界では非常に需要の高い人材となっています。

数多くの企業が施工監理技術者を求めていて、人材不足が発生している状態です。

施工管理技士とはどのような資格であるか、資格を取得することのメリットは何かについて説明していくので、これから建設業界で働こうと考えている人はぜひ参考にしてください。

施工管理技術者ってどんな資格?

施工管理技術者とは、建設業法によって定められている国家資格である施工管理技士の資格を持つ人のことです。

国家試験である施工管理技術検定の1級または2級の試験に合格することによって資格を取得することができます。

施工管理技士は建設業の現場で施工計画を立てたり、施工の際の安全管理を行うなどの役割を担っています。

具体的な仕事の例を挙げると、発注されている通りの品質を満たすための品質管理を行ったり、労働災害が発生することを防ぐために安全な現場作りに取り組むなどの仕事があります。

施工管理技術者は施工の計画が始まる段階から、竣工して建築物を引き渡すまでのすべての工程を管理するという重要な役割があるのです。

施工管理技士の仕事を行うためには建設の全体像をきちんと把握しておく能力が求められるため、十分な知識と実務経験年数が求められます。

建築業の経験がないのにいきなり施工管理技士の資格を取ろうとしても実務経験がないために受験資格を得ることができない点に注意が必要です。

建設会社が建設業の許可を得るためには営業所ごとに専任技術者を配置しておく必要があり、現場にも主任技術者や管理技術者を配置することが義務付けられています。

建築業界は人手不足の状態にあるため、技術者が不足している企業では建設の許可を得るための条件が満たせず、なかなか施工を始められないといった問題も起きるようになっています。

施工管理技士の資格を持っている人であればこういった技術者としての要件を満たすことができるので、現在では建設業に関わる多くの企業が施工監理技術者の人材を求めるようになっています。

また、施工管理技士の人材がいることで経営事項審査の際に技術力の評価で有利になることも企業が施工管理技術者を求めている理由となっています。

経営事項審査での評価が上がれば公共工事などを受注できるようになります。施工管理技士の資格を保有していることは企業の評価にも大きく貢献することにつながるのです。

施工管理技術者のそれぞれの種類を解説

施工管理技術者になるために必要な施工管理技士の資格には7種類の種目があります。

それぞれの資格に1級と2級の試験があり、取得することできるようになる仕事にも違いがあります。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は建設業の現場において施工全体を管理する役割があります。

現場全体を見渡して的確な指示を出して施工を進めていく必要があるため、優れた管理能力とコミュニケーション能力が要求される仕事です。

仕事量が多く責任も大きい役割になる分企業における待遇は非常に良く、建築施工管理技士としての役割を果たすことで特別手当が出ることもあります。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は道路や橋の建造といった土木作業における主任技術者や監理技術者になるための資格になります。

土木工事の管理者として施工の計画段階からプロジェクトに関わることができるようになり、現場監督よりもさらに上の地位につくことができるようになります。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は文字通り電気工事全般の管理をするための資格となります。電気工事施工管理技士になるためには電気工学について学び、施工管理法や電気法規を身につける必要があります。

学ばなければならないことは多いですが、電気工事は現代の建設業では欠かせない仕事となっているので人材の需要は高く、資格を生かして働ける場面が数多くあります。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は下水道や浄化槽、冷暖房といった設備の管工事を監督するための資格となります。

管工事は現代社会のインフラを支えるためには欠かせないものであり、人材の需要も高い資格となっています。

造園施工管理技士

造園施工管理技士は公園などの整備、道路の緑化、ビル屋上の緑化といった造園作業の施工を管理するための資格となります。

1級の資格を取得することで公共の造園や緑化といった工事の施工も受注できるようになります。そのため建設業界では施工管理技士の中でも特に評価の高い資格となっています。

ただし施工管理技士の資格の中では最も合格率が低くなっており、取得するのは簡単ではありません。

そのため造園施工管理技士資格を取得することができれば、それだけで建設会社から好待遇を受けられることもあります。

建設機械施工技士

建設機械施工技士は建設用の機械を使用する施工を管理するための資格です。

シャベルやブルドーザーといった建設用の車両は建設業では欠かせないものであるため、需要の高い資格となっています。

一番最初に制定された施工管理技士の資格でもあり、建設業で働く多くの人が取得を目指しています。

電気通信工事施工管理技士

電気通信工事施工管理技士は2019年に新設される施工管理技士資格です。電気通信工事施工管理技士は電話の通信を整備したり、インターネット回線の工事を管理するための資格となります。

このような電気通信に関わる施工は近年非常に需要が高まっており、管理技士としての能力を持った人材の不足が続いています。

そのため電気通信工事施工管理技士の資格を新設することで、人材難の解決を図っています。

このような状況のため電気通信工事施工管理技士の資格を取得することは転職をするうえでも有利に働きます。

施工管理技術者の資格を取得するメリットは?

施工管理技士の資格を取得することには建設業で働きたいという人にとって大きなメリットがあります。

専任技術者になることができる

建設業法によって建設業者は営業所ごとに専任技術者を配置しなければならず、専任技術者になれる人材がいなければ建設業を続けていくことができなくなってしまいます。

施工管理技士の資格者は専任技術者の要件を満たすことができるため、企業にとっても必要性の高い人材となっています。そのため好条件での就職が期待できるのです。

主任技術者や監理技術者になることができる

こちらも建設業法によって配置が義務付けられているため、人材をうまく確保できなければ建設業が成り立たなくなります。

そのため施工管理技士の資格者は企業にとっては需要の高い人材となっていて、好待遇で働くことができます。

さらに、現場で主任技術者や監理技術者を務めることは施工管理技術者として高い能力を持っていることのアピールにもなります。会社内の待遇だけでなく、建設業界における自分の地位を高めることができるのです。

施工管理技術者にオススメの転職先はどんな職種?

施工管理技術者としての能力を生かせるオススメの転職先はいくつかあります。資格を取得してから転職する際の参考にしてください。

ゼネコン業界

ゼネコン業界では大きな開発プロジェクトや海外を舞台にした事業などに携わることができ、施工管理技術者としての経験や知識を生かした活躍をすることができます。

それまでに経験したこともないような大規模なプロジェクトに関わり、それを管理することは大変なことですが、非常に価値のある経験であり自身のスキルアップにもつながります。

特に大手ゼネコンは現在では日本に限らず世界中にビジネスを展開しているため、ワールドワイドな仕事をしてみたいという人にもオススメできる業界となっています。

新しい経験をして施工管理技術者としてのスキルを磨きましょう。

大手不動産会社

不動産業界であれば施工管理技術者としての経験を生かした営業や開発に携わることができます。

特に大規模な住宅街の開発プロジェクトなどでは施工管理技士の人材が重要となってくるため、活躍の機会がやってきます。

また大手の不動産会社のほとんどは、建設業界の中では給与や労働環境の面で非常に優れているため、安定して長く働き続けることができます。

建設業の仕事に安定感を求める人には大手不動産会社への転職がオススメです。

中途採用の枠は少なく転職がやや難しいですが、そこでも施工管理技士の資格を持っていることは大きな武器となります。

ハウスメーカー業

ハウスメーカーの業界では近年では新築よりもリフォーム工事の需要が高まっていますが、その現場でも施工管理技術者としての知識や経験を生かして活躍することができます。

大手ハウスメーカーの多くが現在ではリフォーム業を重視するようになっていて、リフォームの施工を管理できる資格を持った人材への需要も高まっています。

顧客から寄せられる要望に対応したリフォームを行うのと同時に、コストを抑えるためには施工の計画の段階からきちんと管理を行う必要があり、そのためには施工管理技士の人材が欠かせません。

そのため企業としても施工管理技士への需要が高く、好待遇での勤務が期待できます。

リフォームは今後も需要が高まっていくだけでなく、顧客一人一人の要望に応えるために働く仕事でありとてもやりがいがある業種となっています。

施工管理技術者の試験日時、内容、流れ、料金など

施工管理技士の資格試験は1級の試験が年に1回、2級の試験が年に2回開かれています。

2019年度であれば1級の学科試験は7月7日、実地試験は10月6日となっています。2級の試験は前期が6月2日、後期が10月27日に開かれています。

前期は学科試験のみが行われ、後期は学科・実地の両方の試験を受けるかまたはまだ受けていない方だけを受けるかの選択ができるようになっています。

施工管理技士の学科試験の試験内容はすべての問題がマークシートを使った選択方式となっています。

記述問題がないので比較的勉強しやすく、知識さえ身についていれば高得点を狙いやすい試験となっています。

問われる内容としては建設業や工事に関係する基本的な知識をはじめとして、実際に施工を管理するために何をするべきかや、安全のためにどのようなルールを守るべきかといった問題があります。

基礎的な問題は普段から身についている知識だけで解答できることもありますが、専門的な問題についてはしっかりと学習しておかないと得点できないことが多くあります。

実地試験の内容は、自由記述による筆記試験となっています。名前から誤解している人も多いのですが、実地試験は実技が問われるのではなくあくまでも記述形式の試験となっています。

自分で記述して解答しなければならないため学科試験よりも難易度は上がりますが、学科試験で問われた知識を応用することで解答できる問題が多いので、きちんと学科試験の勉強をしていれば高得点を目指すこともできます。

試験の流れとしては、1級試験では学科試験は午前の部と午後の部に分かれていてそれぞれに解答します。

後日実地試験も行われ、こちらを受けることで試験は終了となります。2級試験では学科試験が1部しかなく、学科試験と実地試験は同日に行われます。

学科試験・実地試験共に受験料がかかり、どちらも9,400円となっています。また、試験に申し込むためには1部600円の願書を購入する必要があります。

施工管理技術者は建設業界に転職する時に役立つ資格

施工管理技術者とはどのような資格であるか、資格を取ることによってできる仕事の内容や取得することができる資格の種類、資格によって得られるメリットについて紹介しました。

建設業界で働くうえで施工管理技士の資格を取得することには大きなメリットがあり、建設の現場で管理職として働くことができるだけでなく、業から重宝されるようになって転職にも有利になります。

自分の知識や経験を生かすことができる新しい職場を見つけることができるのです。

施工管理技士の試験に合格するためにはきちんと勉強することが欠かせませんが、実技試験はなく知識が問われる筆記試験だけなので準備さえできていれば比較的合格しやすい試験と言えます。

建設業界で働き続けたいという人や、転職に有利になる武器が欲しいという人はぜひ施工管理技士の資格を取ることにチャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です