TOP1
TOP2
Slider

転職で給与交渉を成功させるための秘訣とやってはいけないことを解説

給与交渉

誰だって年収は高い方が良いですよね。

まだ仕事に不慣れであるとか、新人なので何もできないような状態ならともかく、一人前に仕事をこなせるのであれば年収アップを期待するのは当然です。

転職をする理由はそれぞれです。

中でも年収アップのために行うという人も多いですから、転職の際の給与交渉について紹介していきますね。

給与交渉を成功させる秘訣、やってはいけないことを説明していくので面接を受ける前に読んでおきましょう。

最初の交渉によって給与が変わってくることもありますから、しっかりコツを把握しておくようにしてください。

転職で給与交渉を成功させるための秘訣

給与交渉は気軽にできるものではありません。

会社内でそういった話し合いの場が定期的に設けられているならまだしも、自分からすすんで交渉していくことは日本社会の中では難しいものがあります。

しかし転職というタイミングであれば給与交渉がしやすいのです。

転職は人生の中で何十回もあるものでもありません。

せっかくの給与交渉チャンスともいえるタイミングですから、この機会を逃さないようにしましょう。

入社してからだと金銭的なことは言いにくいですが、まだ入社していないタイミングなので交渉がしやすいのです。

給与交渉はタイミングを見計らって行うようにしよう

給与交渉をするためのベストなタイミングは内定がでた後です。

一般的に転職をするときはまず書類審査があり、そのあとで面接という流れになります。

そして面接を終えて内定がでた後は、労働条件などの確認をする面接の場がありますから、給与交渉はそのときに行っていきましょう。

その際の面接であれば給与面や福利厚生について詳しい人が対応していることが多いので、話もスムーズです。

給与交渉をするときは誰に話すかということも大事ですが、そのタイミングであれば苦労することなく担当者と話をすることができるのです。

内定をもらったということは企業側にとって「欲しい人材」だったということです。

求人をかける、面接をするというには費用もかかりますし人の手もかかっていますよね。

できるだけ早く人材をみつけることは費用の節約にもなりますし、労力を少なくすることもできるのです。

ですからそのタイミングであれば企業側もしっかり話を聞き、できるだけ要望に応えようという姿勢を見せてくれることが多いのです。

希望年収が提示された金額よりも高い場合は根拠を伝える

内定がでたあとは個別の面接にて、担当者から給与額の提示などが行われます。

その面接までに希望額を決めておきましょう。

面接で希望額以上の金額が提示されれば交渉する必要はありませんが、それ以下だったときは交渉していきます。

その交渉がスムーズにいくよう、「〇円以下であれば交渉する」と前もって決めておくことが大事ですよ。

しかし希望すれば通るというものでもありませんから、「なぜその金額を希望するのか」ということをしっかり伝えていくようにします。

例えば前職の給与、役職、実績などを具体的に伝えます。

提示された金額が前職よりも大幅に下がる、平均以下というのであればそこまで詳しい説明がなくても良いでしょう。

しかし、平均的な給与よりも高い金額を希望する場合はしっかりとした根拠必要です。

逆にいえば根拠もなく高額な給与を支払う理由がありません。

今まで自分がどの程度の実績をだし、なぜ平均以上の給与を希望するのかということをしっかり説明できるようにしておきましょう。

年収交渉の前に仕事に対する姿勢についてもアピールしておく

働く上で給与面のことは誰しもが気なりますし、一番大事といっても過言ではありませんよね。

しかし年収や給与交渉など、お金に関することばかり話しているとなかなか良い印象にはなりません。

給与交渉だけを熱心にしていると「もっと良い給料がもらえる会社に行けばいいのに」と思われてしまうこともあります。

そうなると相手も構えてしまい交渉がしにくくなってしまいます。

給与面のことばかりになると「お金だけが目的」という印象になるため、給与交渉の前にはしっかり自分そのものをアピールしておきましょう。

仕事への姿勢、その会社を希望した理由など、まずは自分そのものをアピールしてから給与交渉に入ります。

お金だけが目的だと思われないように、キャリアアップやスキルアップについても伝えていきましょう。

誰にとってもお金は大事ですが、給与アップが一番の目的だと思われてしまうとマイナスの印象になりかねません。

熱意や仕事への姿勢もしっかり伝えるようにし、「検討してもいいかな」と思われる環境を作っていきましょう。

給与交渉をする際にやってはいけないことは?

給与交渉は誰がやってもいいものですが、言い方や状況を考えて行わなければなりません。

金銭がからむことなのでシビアな問題ですし、気軽にOKが出るようなものでもありませんから、交渉がうまくいくように控えた方が良い言動を知ってきましょう。

給与交渉は場合によっては非常に失礼な行為になってしまうこともありますから、状況や現状を把握した上で失礼のないようにしていきましょう。

失礼な態度をとってしまうと給与が上がらないばかりか、内定取り消しとなってしまう場合もありますよ。

内定がでていない時点での交渉は悪印象になりやすい

給与交渉は内定がでてから行うようにしましょう。

間違っても書類審査で提出する履歴書の備考欄に書く、電話で問い合わせるなどはしないようにします。

中にはハッキリとした希望年収が決まっており、それ以下だと働きたくないと考えている人もいます。

だからこそ面接を受ける前に給与を確認したくもなりますが、内定前に給与アップを交渉することはほとんどの場合で悪い印象になります。

また、面接でもできるだけ給与交渉はしないでおきましょう。

面接の最後に「何か質問はありますか?」と問われることが多いですが、まっさきに給与面のことについて質問するのはあまり良くありません。

どうしても質問したいのであればまずは業務面などのついて聞くようにし、その後に給与について質問するようにしましょう。

しかしまだ給与交渉をする段階でもありませんから、交渉ではなくあくまで質問する程度にとどめておくようにしてください。

交渉などをしてしまうとそれが原因で不採用となってしまうことも考えられます。

理由もなく相場以上の高額な給与を希望するのはNG

給与は高ければ高い方が良いですが、相場以上の高額な給与を希望することは控えておきましょう。

あくまで現実的な金額にとどめておくことが大事です。

給与は年齢や業種、地域や資格の有無によっても違います。

まずはその地域の同じ職種での相場を調べておくようにし、あとは自身の経験などを踏まえて希望額を決めていきます。

給与とはその人の労働に対する対価です。

必要以上の給与を求めることは印象がよくありませんし、交渉したとしても希望が通ることはまずないでしょう。

ただし、高額な給与に見合うだけの実力や資格がある人であれば問題ありません。

自分の状況を客観的にみていくらくらいで交渉していくのか考えておきましょう。

インターネットで平均的な給与を調べる、同じ業種の求人募集をチェックして給与を調べるなどしておくと安心です。

月収だけではなくボーナスのことも考え、年収で判断していくようにしましょう。

また福利厚生もチェックしておき、総合的に希望額を決めていってください。

金額を断言するのではなく交渉していく

給与交渉というのは話し合いで決まります。

お互いに希望を伝えて交渉をし、その間ですり合わせて決めていくものなので、自分の意見ばかり伝えることはやめておきましょう。

例えば「年収希望は〇円です」とだけ伝えると一方的な印象になります。

上手に交渉したいのであれば「できれば〇円以上の年収を希望していますがいかがでしょうか」と相手に投げかけるように伝えましょう。

自分の希望額だけを伝えると高圧的な印象にもなります。

まずは「できれば」と一言付け加えてワンクッションおき、希望額を伝えて相手に判断をゆだねる姿勢をみせていくようにしましょう。

また、「じゃあ〇円でいいです」といった妥協にもとれる言葉を使うこともやめておきましょう。

お金がからんだ交渉はデリケートです。

悪気は一切なくても低姿勢のつもりでも相手は敏感になりますから、慎重に言葉を選んでいくことをおすすめします。

交渉が上手であれば給与が上がるというわけではありませんが、交渉がうまくいきやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です