TOP1
TOP2
Slider

就職して1年目で転職する人の主な理由と転職する前に知っておきたいデメリット

1年目で転職

就職してまだ1年に満たないにもかかわらず、転職を試みようとする人がいます。

せっかく苦労して就職を果たしたのに転職するというのですから、よっぽどの理由があると考えられますよね。

終身雇用はもう昔の話とはいえ、それでも辞職する意志さえなければ普通は長く働くことができます。

その権利を放棄してまで転職に踏み切るというのですから、それ相応の理由があって然るべきです。

ではその理由がいったいどういったものなのか、そして転職する前によく知っておきたいデメリットについても解説していきます。

就職して1年目で転職する人の主な理由

苦労に苦労を重ねて念願の就職を果たしたにもかかわらず、1年目であっさりと転職する人の主な理由は大きく分けて3つほどあります。

その3つともすべてに共通しているのは、就職する前に理想していた働き方と実際の現実とのズレです。

もしも就職する前の理想と実際の現実にズレがまったくなかったら、1年目から転職を検討しませんよね。

ではいったいどんなことが転職の理由として挙げられるのか、具体的な理由をこれから紹介していきます。

活躍の場がまったく与えられなくて転職を決断

就職したばかりの1年目の新入社員は、ともすれば雑用ばかりを請け負うことも珍しくありません。

学生やバイトでもできるような仕事を与えられるのは新入社員なら当たり前なのですが、人によっては理想とのギャップに耐えられないことがあります。

1年目から華々しく活躍することを夢見ていたのにいざ働き始めたら雑用ばかりでガッカリした、そういうことは新入社員ならざらにあることです。

会社としてはいくら即戦力を期待している面があるとはいえ、最初から重要な仕事を新入社員に任せることは普通ありません。

まずは下積みとばかりに簡単な仕事を覚えさせ経験を積ませてから少しずつ責任のある仕事を任せる、そんな働き方が一般的です。

ただしまだ社会をそれほど知らない就職して1年目の新入社員は、その苦労に耐えられないことがあります。

上司や先輩の指示に従って機械のように動かなければいけないことが、転職を決意する理由になることは往々としてあります。

社会人として働くことそのものが心身ともに辛い

これはどんな仕事にも共通することですが、社会人としてフルタイムで働くのは決して生易しいことではありません。

それまでのぬるま湯につかっていた学生時代とは打って変わり、相当シビアな環境の中で働かなければいけないケースもあります。

どんな会社に入社するのかにもよりますから、一概には言えない部分がもちろんあります。

ですが学生時代とはまったく違う生活環境の変化についていけず、転職を決意するケースはよくあります。

すし詰め状態の満員電車での通勤、神経を遣う人間関係、利益を重視したノルマ、定時を過ぎても働く残業、休日出勤、仕事のミスに対するプレッシャーなどがそうです。

社会に出て働くということは、必然的にこれらの課題に向き合っていかないといけません。

この社会人特有の働く厳しさに耐えられなかった新入社員は、もう少し楽な仕事を求めて転職を決意することがあります。

転職したからといって必ずしも楽になるとは限らないですが、それでも続けられないと判断すれば転職します。

社風や人間関係がどうしても合わない

会社で働いているのが人間である以上、誰かとの人間関係を構築することは避けられません。

その人間関係が自分に合っていて負担にならないようならいいのですが、運悪く社風や人間関係が合わないとかなり厳しい中働くことになってしまいます。

直属の上司、現場で仕事を教えてくれる先輩、同期の同僚などが人間関係の面で大きく影響します。

仕事をするとなればこれらのメンバーとほとんど毎日といっていいほど顔を突き合わせますし、実働が8時間ならその時間だけ一緒にいないといけないですよね。

もしも自分とはそりの合わない人が職場で近くにいたら、とてもではないですが働き続けられないです。

また社風も大きく関係していて、体育会系のノリやワンマン社長のノリについていけないこともあります。

これらの人間関係のストレスが限界に到達して「もうこの会社にはいられない」と強く思ったら、その時点で転職することを具体的に考え出します。

人が集まった組織である会社で働いている以上、人間関係の悩みが就職して1年目の新入社員に転職を決意させることは珍しくないです。

【辞める前に知っておきたい】1年目で転職することのデメリット

わずか1年目で早々に転職をしようというのですから、その転職にデメリットがないはずありませんよね。

1年目で転職することには、思いのほか大きなデメリットがあります。

ポイントはやはり1年目という転職を決断する早さで、この早さがネックになってしまうことは容易に想像できるはずです。

ではなぜ転職の決断の早さがデメリットになってしまうのか、デメリットの詳細についてこれから見出しごとに紹介していきます。

デメリットをふまえたうえで、転職するかどうかを決めないといけないですよね。

条件のいい転職先がそう簡単にはみつからない

新入社員として就職を果たせたのだから転職も思い通りにいくのではないかと安易に思ってしまいがちですが、その考え方は改めなければいけません。

仕事の能力がよっぽど飛び抜けていて最初から引く手数多なら転職できるかもしれませんが、そこまでの状況を望むのは都合よく考え過ぎです。

新卒というプラチナチケットが通用するのは最初だけで、転職するとなれば厳しい状況が待っています。

ただ転職するだけなら雇用形態を問わずにバイトでも何でもすればいいのですが、それだと条件のいい転職とはお世辞にもいえませんよね。

勤めていた会社から条件が大幅に悪くなった転職をせざるをえない、そんなデメリットが就職1年目の転職にはあります。

これが10年目の転職なら能力を見込んで好待遇の転職になることもりますが、実績のない1年目の転職では厳しいと言わざるを得ないです。

転職がそう簡単に上手くはいかず、ただいたずらに時間を浪費してしまうこともあるのは苦しいですよね。

1年目で転職した経歴は変えられない

何か転職せざるを得ない理由があってしかたなく転職するならまだしも、自己都合で転職をすればその経歴を変えることはできません。

以後の就職活動や転職活動をする際、履歴書には1年目で転職したことを書かないといけないです。

その履歴書を見たら、面接官からは当然のように「1年目でどうして転職したのですか」と問われることになります。

その問いに対してあまりに自分の都合としか言えないような返答をしたら、印象が悪くなるのは目に見えていますよね。

その経歴の持ち主が「仕事を精一杯頑張ります」とアピールしても、どうしても説得力に欠けてしまいます。

1年目からすでに転職したという経歴が、印象を著しく悪くして後々まで悪影響を与えてしまいかねません。

その経歴を気にされないならいいですが、他の転職希望者と比べて不利な立場に置かれていることは火を見るより明らかです。

社会に出て最初に勤めた会社を1年足らずで辞めるということは、以後の就職活動や転職活動において大きなリスクを抱えることになるのです。

就職して1年目の転職はお金の不安が付きまとう

就職して1年目の転職は、どうしてもお金の不安が付きまといます。

すでに何年か働いて転職するならしばらく生活していける蓄えがあるものですが、1年目だとそうはいきません。

ちょっと仕事をしなかったらもう持ち金がゼロに近くなってしまう、そういうことも十分ありえます。

またお金の不安とは、単に持っているお金に対する不安だけにとどまりません。

長い人生を生きる以上安定的な収入はどうしても必要不可欠ですが、1年目の転職はそれを放棄する選択をしている面があります。

年功序列はすでに過去のものとはいえ、1年目に就職した会社で働き続ければ昇給やボーナスに期待できます。

それらがあれば収入は少しずつ安定していきますし、お金の不安も小さくなりますよね。

ですが1年目から転職して条件のいい仕事に就けなかったら、お金の不安からいつまでも抜け出せなくなってしまう恐れがあります。

安定した収入を得られなくなる可能性がある、それもまた就職して1年目の転職のデメリットなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です