TOP1
TOP2
Slider

女性が転職を考えるきっかけベスト3!転職しても解決しない場合もある

女性が転職を考えるきっかけベスト3!転職しても解決しない場合もある

女性の社会進出が声高に叫ばれる中、既に社会人として第一線で働いている女性の方の中には、様々な理由から今ある職場から別の職種や環境への転職を検討しているという方も多いようで、実際に転職経験を持つ女性も急増しているのだとか。

転職は、社会人として働く全ての男性と女性に関連する問題ですが、男性と女性では性別の違いからか転職を具体的に考える理由についても違いがみられるようです。

女性はなぜ転職という選択肢を敢えて選ぶのか?

そのきっかけベスト3を今回ご紹介すると共に、転職が必ずしも成功するワケではない事情についても併せてご紹介していきましょう。

女性が転職を考えるきっかけベスト3!

社会人として働く女性には、全ての男性が理解できるような悩みだけに留まらず、決して男性には理解できない様々な悩みが多く存在しており、実際にこれらの悩みを通じて転職を検討し行動を起こそうとしている女性も多いようです。

女性が具体的に転職を考えるきっかけにはどういったものがあるのでしょうか?

特に多くの女性が思わず「うんうん」と共感するような物ばかりの中からベスト3についてここでは詳しくご紹介していきます。

そして、これらを見る事によって、女性が社会や仕事に対してどんな期待や思いを寄せているのかが具に見えてくるでしょう。

女性が転職を考えるきっかけベスト1:給与や待遇への不満

女性の方が実際に転職を考えるきっかけとして最も多くの賛同を集めているベスト1といえば、やはりこれを無視できません。

当然ながら、男性と同様の女性の方もまた、勤労に対する対価としてお金を受け取るべく、社会人として日々邁進しています。

ところが、職場環境によっては仕事の忙しさとは裏腹に具体的に得られる報酬や給与の額が決して満足できるものではないケースも多いようで、これが理由で、転職という行為が決して安易な道のりではないとわかってはいても、更なる待遇の向上を目指して転職という選択肢を敢えて選ぶ女性の方が近年、特に急増しています。

中でも、女性の方が給与や待遇に対する不満として挙げる中で最も顕著といえるのが、同じ職場で同じ仕事を担当する男性との待遇差について。

同じ職場で全く同じ労働内容で働いているにもかかわらず、毎月支給される給与額に目に見えて差を設けている職場は依然として多く、こうした差別ともいえる待遇差に辟易している女性が、男女平等な職場を目指して転職を検討するケースが多いようです。

また、中には学歴や勤務経験などを含めて総合的に勝っているにもかかわらず、同じ職場の男性よりも給与や待遇面でマイナス評価を下されているという理不尽なケースもあるようで、根強い男性と女性との格差が女性に転職という決心を持たせる大きな要因となっています。

女性が転職を考えるきっかけベスト2:人間関係

閉鎖的な環境となりやすい仕事場において最も大きな悩ましい問題として存在しているのが、上司や同僚、部下など他人との人間関係について。

特に、一線でバリバリ仕事を熟す実力派の女性にとって、自分よりも明らかに劣る男性に対する不満を感じたり、或いは自分が一定の結果を出しているのにもかかわらず、上司や同僚から理不尽な発言や対応を迫られるというケースは根強い形で残っているようで、こうした理由が女性に転職を検討させるきっかけのベスト2にランクインしています。

その数、具体的に転職を考えたことがあると回答した女性のおよそ10%以上(日経ウーマンオンライン調査より)を占めるまでとなっており、特に、最近では上司となる男性から理不尽な対応や指示を受ける女性からの怨嗟ともいえる声が聞こえる機会が急増しています。

また、依然までの職場環境と比較すると現在は転職しやすい環境が構築されていることから、敢えて我慢するよりも良好な人間関係が構築できる職場を求めて転職という選択肢を選ぶ方が増えており、こうした点もまた、このきっかけが転職を決意させる上位にランクインしている大きな要因ともいえるでしょう。

女性が転職を考えるきっかけベスト3:キャリアアップ

安定した職場環境や職を求める傾向が強い男性と比べ、社会に進出して社会人として働く女性の多くは冒険心に満ちあふれています。

これは、男性が経済面で家庭を支えるという日本的な考え方に由来しており、特に独身で社会人として働く女性にとって、自分のやりたいことを最優先にして仕事をバリバリ熟すという考え方から、転職を検討したことがある女性の多くがそのきっかけとして挙げているのが、違う職への変更も含めたキャリアアップ。

例えば、今従事している仕事よりも更に複雑で高度な知識や資格が求められる業務への従事を狙ってキャリアアップを図る女性であったり、現在の職業から全く違う職種へのキャリアアップを図るべく、資格取得や技能習得を前提とした一時的な休職を絡めた転職を図ろうとする女性が年々急増しています。

こうした傾向は、専門学校や職業訓練校における女性生徒の急増からも伺え、現在の待遇に甘んじることなく新たな環境や更なる待遇向上を目指して困難な道を選択する女性のきっかけとなっているようです。

きっかけによっては転職しても解決しない場合があることに要注意!

以前の職場環境や社会全体の考え方と比べると、現代社会では転職に対しても比較的寛容な考え方が定着しており、また具体的に転職活動を行う上で有効な様々なサービスやサポート体制の急増もまた、男女を問わず多くの社会人が転職を検討する上で背中を押す要素となっています。

一方、現在の待遇や職場や仕事に対して何らかの不満や悩みを持ち、それが理由となって転職を検討して実際に行動に起こしたからといって、必ずしもその転職を通じて悩みや不満が解消されるというわけでもない所にはご注意を。

では、なぜ今の職場や待遇への不満から転職を実行したからといって、必ずしも悩みや不満が解決するわけではないのでしょうか?

その理由を知っておくことで、転職を実際に行動へと起こすかどうかの判断基準を見いだすことができるかもしれません。

前職までのキャリアが0になってしまう

日本におけるビジネスでは、1つの職場でどの程度の期間にわたって仕事に従事したのか?という勤続年数やキャリアに対して一定の評価を下す風習があります。

このため、今の職場や仕事に対しての不満から新たな職場環境への転職を実践した場合、当然ながらそれまで勤めていた職場でのキャリアは全て、0になってしまいます。

このキャリアが全て0になってしまうことで、たとえ新しい環境への転職に成功したとしても、その後の待遇や働きやすさが必ずしも満たされるというわけではありません。

例えば、給与面で見てみると、多くの企業では基本給となるベース部分とは別に、勤続年数などに応じて給与が手当という形で割り増しされる制度が導入されており、この手当部分の多くを占めるのが、その職場で長く勤めているかどうか?のキャリア年数に掛かっています。

当然、転職した段階でその職場でのキャリアは0の状態から再スタートとなるので、毎月の給与で基本給の部分が前職よりも上昇したとしても、それ以外の部分で下がってしまった結果、待遇が以前よりも相対的に悪くなってしまったという苦い経験を実感する方も多いようです。

新しい職場へと転職するということは、それまで培った前職での数字上の経験を全て0にしてしまうという事を、あらかじめしっかりと理解しておく必要があるといえるでしょう。

転職先の人間関係は実際に働かないとわからない

特に、転職前に勤めていた職場に対して人間関係への不満を理由に転職を検討・行動へと移した方の中には、転職後の環境が依然と比べてあまり変わらなかったり、場合によっては以前以上に厳しくなったり辛い環境になってしまい失敗してしまったという声も多く聞かれます。

その理由として、新しい職場での人間関係が必ずしも良好なものとは限らないという点が挙げられます。

当然ながら、新しい職場の人間関係の善し悪しについては、実際に働いてみないことには伺うことさえできません。

最近では、職場体験などある程度の体験制度を設けている企業などもありますがその数は依然として少なく、やはり多くの企業がぶっつけ本番で働いてみることではじめて、人間関係をチェックすることができる環境と言わざるを得ない様子。

このため、転職したきっかけが「人間関係」を挙げている方は、転職したからといって必ずしも新しい職場の人間関係が良いと誤解してはいけません。

場合によっては、転職前の面接などの段階でその会社の人間関係や風土をチェックすべく頻繁に交流を図ってみたり、或いはネット上で投稿されている現役社員や過去に働いていた社員などから寄せられた口コミ情報などを参照してみるのも1つの手。

実際に体験しないとわからない情報だからこそ、入念な下調べが成功へのカギともいえます。

必ずしも希望通りの職場に配属されるわけではない

多くの方が社会人として働き始める段階で経験する苦い思い出の1つに、希望通りの職場に配属されなかったというものがあります。

実はこれ、女性が転職を考え具体的な行動へと起こした際に実感する失敗談の1つとしても上位に食い込むほどで、特に前職での仕事内容自体に不満を覚え、キャリアアップや自分がやりたいことを目指して転職を果たした女性の方に多く見られる失敗の理由にもなっています。

なぜこのような問題が起こるのか?

それは、転職したからといって必ずしも入社前の段階で伝えた希望が受け入れられるわけではないという会社の都合に依るから。

中途採用を含めた人材を幅広く募集している企業にとっては、特定の職場や職への配属を求める人材よりも、企業側が求める環境での仕事従事を実践してくれる人材を率先して求める傾向があり、転職希望の方の全ての配属希望を叶えることは当然困難となります。

結果、せっかく前職を辞して転職したにもかかわらず、事前に希望していた通りの職場に配属されず、全くやりたくなかった職場への配属となってしまうケースも多いようです。

そのあげく、再度やりたいことができる職場への配属を目指して再転職という大胆な行動を起こす方もいらっしゃるほど。

女性の方が転職を考えるきっかけとして上位に食い込む「今の仕事への不満」や「キャリアアップ」の中には、こうした罠が潜んでいる事も事前に知っておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です