TOP1
TOP2
Slider

履歴書に前職の退職理由を書く際の注意点と悪い印象を与えない記入例

辞めた理由は?

転職する際の履歴書を書く場合には、前職の退職理由を書く必要があります。

その際にはいくつかの注意点があり、人事担当者に対して悪い影響を与えないようにすることが採用への近道になっていきます。

そこでこちらでは、転職などの履歴書に前職の退職理由を書く際の注意点と、担当者に対して悪い印象を与えない記入事例を紹介していきます。

前職の退職理由の書き方を間違えてしまうと、いくら面接で上手くいったとしても不採用になってしまう可能性があります。

履歴書に前職の退職理由を書く際の注意点

履歴書に前職の退職理由を書く際の注意点は主に、退職理由をきちんと明記するということが挙げられます。

その他にも、退職理由が自己都合なのか会社都合なのかをはっきりと人事担当者に分かるように書く必要があり、そのためにも自己都合と会社都合との違いを知っておく必要もあります。

また、転職が多い場合になると前職の退職理由はより具体的に書いておかなければ、採用するにも「すぐに転職してしまうのでは?」と思わせてしまうことになります。

退職理由もきちんと明記する

前段としてですが、退職理由は必ず書く必要があるかと言われと、そういうことではありません。

退職理由を企業から求められていなければ、書かない方がいいという意見もあります。

ただ退職理由を採用企業から求められる場合には、履歴書には前職の退職理由を書く必要があります。

その際にはまずは退職理由をきちんと明記する必要があり、ただ単に「○○会社を退職」ということでは退職理由は書かれていないため、採用企業にとってはどのような理由で退職したのか分かりません。

退職理由には「一身上の都合により退社」や「会社都合のため退職」「自己都合により退職」という退職理由でいいので、きちんと明記するようにして下さい。

その他にも、退職理由を明記した最後には「以上」というように締めくくり、右詰めで記載するようにすることが正しい書き方となっています。

ただ、今現在も前職に在職している場合には退職理由ではなく「現在に至る」と明記して「以上」と締める書き方が正しい書き方となります。

退職が自己都合なのか会社都合なのかを書く

退職の理由は様々ありますが、自分から退職届を提出して退職した場合には「自己都合」による退職になります。

その場合には上記で紹介している「一身上の都合により退職」と書き、退職した年月日を書くことになります。

自己都合には子供出産、親の介護、引っ越し、結婚、スキルアップなどがあり、これらの理由で退職した場合には全て自己都合での退職の枠組みのなかに入ります。

一方、会社の都合による退職を「会社都合」と言い、前職に勤めていた会社が倒産してしまった場合などには会社都合での退職理由となります。

その場合には自己都合と同じく、退職した年月日と「会社都合により退職」と明記することになります。

会社都合には、会社からの解雇、退職勧告、大量離職(1ヵ月で30人以上または、被保険者の3分の1以上の離職)なども会社都合による退職理由となっています。

そして、自己都合と会社都合の違いは、会社の側に原因があり退職せざるを得ない場合には全て会社都合による退職理由となります。

そのため、パワハラやセクハラなどによって退職した場合には、自己都合ではなく会社都合による退職ということになります。

転職が多い場合はより具体的に退職理由を書く

1回や2回程度の退職の場合には、「一身上の都合により退職」や「会社都合による退職」という退職理由だけでも問題ありません。

しかし、転職の数が7~8回以上と多い場合には、「一身上の都合により退職」という理由だけでは人事担当者に対して「この人を採用して大丈夫なのだろうか?」と思わせてしまいます。

そのため、転職が多い場合には、より具体的に退職理由を書き記す必要があります。

例えば「スキルアップのために退職」「結婚のために退職」「親の介護のために退職」「病気のために退職」といいった理由を書くと採用する企業も退職理由がはっきりと分かり、不安を払拭させることができます。

また、より具体的に退職理由の理由を書き記したい場合には、履歴書だけではなく「職務経歴書」にやや長文の形で退職理由を書いておくと転職が多くてもマイナスイメージになりにくくすることができます。

担当者に悪い印象を与えない退職理由の記入例

退職理由を履歴書に書く場合には、上記で紹介したいくつかの注意点に気をつけながら書くと担当者に対しては悪い印象を与えないで済みます。

退職理由をはっきりと明記し、転職回数が多い場合にはより具体的に退職理由を書く必要があります。

とは言えどのように書いたらいいのか分からないという方もいると思うので、いくつかの退職理由の記入例を紹介したいと思います。

退職理由の記入例は、自己都合、会社都合、転職が多い場合の3つの退職理由での記入例を紹介します。

自己都合による退職理由の記入例

自己都合による退職理由の場合には、上記で紹介している「一身上の都合により退職」と明記します。

その場合には、履歴書の「職歴」の欄に左詰めで記入することになりますが、退職理由の前には入社年月日と「○○会社に入社」といった退職した会社に入社したことを明記する必要があります。

記入例
平成25年 7月 株式会社○○ 入社
○○事業部に配属
令和元年 8月 一身上の都合により退職   以上

また、入社した後にどの部署に配属したのかを明記して、その後に退職理由を記載すれば採用企業の人事担当者に対して悪い印象を与えることはありません。

悪い印象を与えてしまうというのは、「一身上の都合により退職」という定期文や定期フレーズを使わないで、明記してしまうと人事担当者に対しては悪い印象を与えてしまう可能性があります。

例えば冒頭でも紹介した、「○○会社を退職」というように退職した理由が書かれていないと、「履歴書の書き方も知らない人間なんだ」というように思わせてしまうことになってしまいます。

会社都合による退職理由の記入例

前の会社が倒産などのために退職した場合には自己都合による退職にありますが、その際の記入例も自己都合の場合と同じになります。

まずは退職する会社に入社した年月日と、「○○会社に入社」というように明記します。

その後は、左詰めで「会社都合により退社」と書けば、担当者に対しては悪い印象を与えないで済みます。

記入例

平成25年 7月 株式会社○○ 入社
○○事業部に配属
令和元年 8月 会社都合により退職
以上

ただ、自己都合なのに会社都合で退職したことを理由にしてしまうと、その後になって不採用になってしまうことも十分考えられるため、自己都合と会社都合を間違わないように気をつける必要があります。

前述していますが、会社都合の場合には会社側に何かの問題がある場合になるため、自己都合よりも会社都合の方が採用企業に対しては悪い印象を与えづらいことになります。

そのため、自己都合のところを会社都合と書いてしまいたい気持ちにもなってしまいますが、それは後でバレることになり虚偽の履歴を書くことになってしまいます。

転職が多い場合での、退職理由の記入例

最後に、転職が多い場合の退職理由の記入例をいくつか紹介します。

転職が多い場合の退職理由は、先ほど紹介したように「一身上の都合により」という理由では不十分のため、具体的な理由を書く必要があります。

また、転職が多い人の退職理由には「自分には仕事内容が向いていない」などがありますが、その理由を書いてしまうとマイナスイメージになってしまいます。

そのため、転職が多い場合には出来るだけ前向きな理由に置き換えることがポイントになります。

例えば「他業界へのスキルアップのため退職」や「キャリアアップによる退職」という、ポジティブな理由にした方が担当者に対して悪い印象を与えることもありません。

その際の履歴への記入の仕方も自己都合や会社都合での書き方と同じよな書き方でも構いません。

記入例

平成22年 7月 株式会社○○ 入社
○○事業部に配属
平成23年 8月 他業界へのスキルアップのため退職
平成23年 9月 株式会社○○ 入社
○○事業部に配属
平成25年 6月 結婚のため退職
平成25年 7月 株式会社○○ 入社
○○事業部に配属
平成29年 8月 親の介護のため退職

以上のように、転職が多い場合には具体的な退職理由を書けば、採用企業にも分かりやすくマイナスイメージを和らげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です