TOP1
TOP2
Slider

育児中の女性が転職するメリットってあるの?注意するべき点も解説!

育児中の女性が転職するメリットってあるの?注意するべき点も解説!

女性のキャリア形成において育児は重大な転換点となります。

子育て優先かそれともキャリアが優先かで洗濯しは変わり、キャリアを含めてライフプランを総合的に考慮する必要が生まれます。

育児と仕事の両立が難しい場合、転職して新しい職場に移るのも一つのアイディアです。

現在の職場の育児環境が充実していないのであれば環境の整った職場に転職すれば大きな悩みが解消されます。

育児中の転職は簡単ではありませんが、挑戦するだけのメリットがあります。

職場の無理解にストレスを溜めるくらいなら転職にチャレンジしてみましょう。今回は、育児中の女性が転職するメリットと注意点について紹介します。

育児中の女性が転職するメリットを解説!

女性の社会進出が叫ばれて久しいですが、まだまだ育児環境が十分に整っているとは言えません。

先進的な取組を進める企業は増えていますが旧態依然とした慣習が残る企業も多く、とても仕事と育児を両立できない職場も多く見られます。

転職はそんな環境を変えるビッグチャンスです。古い職場を抜け出し育児に理解のある新しい職場に転職することで、育児と仕事を同レベルでこなせます。

転職に不安を覚える気持ちは理解できますが、メリットは想像以上に大きなものです。

子育てに苦労するような職場なら転職で新しい環境に挑戦してみましょう。

育児環境が充実する

育児に対する職場の理解は企業によってバラバラです。

育休や短時間勤務を積極的に進めてくれる理解ある職場もありますか、子育て中であることに全く配慮してくれない無理解な職場もあります。

育児に無理解な職場に理解を求めるのは簡単な仕事ではありません。

意見の衝突がありつつも説得を重ねながら育児への理解を深めていくのが理想ですが、現実的なことを考えればそんなことをしている時間も労力もありません。

子育ては時間との戦いでもあり、悠長に職場に理解を求めている暇などどこにもないのです。

職場を変えるのに多大なエネルギーを使うくらいなら、理解な職場にはとっとと見切りをつけるのが賢明です。

育児に十分な理解のある職場に転職すれば苦労することなく充実した育児環境が実現します。

先進的で優秀な企業ほど社員を大事にしますから育児環境に無理解があります。

いつまでも古い体質を引きずっているような企業に未来はありません。

転職して充実した育児環境が実現すればキャリア的にもライフプラン的にも大きなメリットが生まれます。

ライフスタイルに合わせて働ける

育児中はどうしても子供優先になるためスケジュールは余裕がなくなります。

突然の病気やケガで緊急帰宅しなければならないこともありますし、学校の休日などで休まざるを得ない日も増えてしまいます。

正社員として働いているとそうそう簡単に休みは取れません。

有給を使うと言っても上司や同僚には気を使いますし、短時間勤務も会社に制度がなければ希望は通りません。

時間に融通が利く職場に転職すれば、子供を最優先にしながらでも無理なく働けます。

シフト制ならもって予定を入れておけば休みを取りやすく、短時間勤務なども柔軟に対応してくれます。

アルバイトやパートなど自由度が高い雇用形態ならさらに子供優先で生活が出来ます。

収入面ではある程度妥協が求められますが、時間的な自由が利くのは大きなメリットです。

子供が小さいうちは勤務時間を短めにしある程度成長して手が離れたら本格的にフルタイムで働く、といったようにライフスタイルに合わせて無理なく働ける職場に転職すれば子育てと仕事を上手に両立できるでしょう。

通勤負担が軽減できる

子育て中の女性が仕事をする場合、通勤の負担は無視できません。長いとどれだけ体も疲れますし、子供を預けに行くのにも時間がかかってしまいます。

会社の近くの託児所に子供を預けるとなれば、満員電車での通勤は事実上不可能です。

自分一人なら通勤時間の苦労も我慢できますか、子供の送り迎えがあることを考えれば長時間通勤はマイナスです。

自宅に近い勤務先に転職すれば、通勤負担は大きく軽減されます。

通勤経路の途中に保育所、託児所があれば子供を預けやすく、わざわざ子供を預けるためだけに遠回りする必要はなくなります。

通勤時間が短くなればそれだけ子供と一緒に過ごせる時間も増えます。

ただでさえ仕事をしていれば子供と過ごす時間は制限されてしまいますが、転職で通勤時間が短くなれば親子のコミュニケーションがより密接なものになります。

通勤手段も満員電車の路線から空いていて座って会社まで行ける路線に変われば通勤時の疲労は大幅に軽減されます。

徒歩で通える会社に転職すれば朝夕の貴重な時間を通勤に費やすことなく有効活用できます。

育児中の女性が転職する際に気を付けたい点

育児中の転職にはたくさんのメリットがあります。

転職を実行する事で難しかった今度と子育ての両立ができるようになればキャリアプランも充実します。

しかし、育児中の転職には注意しなければならない点も多く失敗すればただでさえ苦労の多い育児中なのに新たに悩みの種が生まれてしまいます。

転職で失敗しないよう注意点を押さえておきましょう。

年収ダウンは覚悟する

転職でキャリアをステップアップし年収アップを目指す、と言うのが一般的な転職のスタイルです。

しかし、育児中の転職の場合は年収が下がってしまうケースがほとんどです。

そもそも育児中の女性というのは会社からすると扱いづらく移ります。

子供という変動可能性の高い要素が絡むため。育児が重要なことには理解しつつも会社の事情を考えればどうしても育児中であることが-4になってしまいます。

ただでさえ残業がしにくく早退や半休なども増えてしまう子育て中は年収が低く抑えられてしまいます。

ましてや転職ともなれば雇う側にとって不利な条件が揃っているため、特別な技術やスキルでもない限り前の職場よりも下がってしまいます。

賃金よりも働きやすさや労働時間を優先するのが育児中の転職のスタンダードです。

子供にお金がかかるのを考えるとできるだけ高い年収を希望したいところですが、子供を最優先に考えるのであれば収入面である程度妥協せざるを得ません。

育児休暇は1年以上の連続勤務が条件

育児休暇は労働者の権利ですが権利を行使するには条件が付けられています。育児休暇を取得できるのは1年以上の連続勤務実績のある労働者に限られます。

仮に転職に成功したとしても、転職直後は連続勤務の実績が新しい会社でありませんから育児休暇を取得することはできません。

前の会社で勤務していた実績があり育児休暇を取得せずに転職した場合でも同様です。

今現在育てている子供に関しては転職直後に育児休暇は取れません。

2人目3人目の子供を考えているのなら、育児休暇の取得条件を満たす1年間の継続勤務を達成してから子供を設ける必要があります。

近いうちに子供が生まれる予定があるなら、多少育児環境が整っていなくても休暇を取得できる権利を満たしている今の会社で勤務を続けた方が有利になります。

ただし、会社によっては転職直後でも育休を取らせてくれるケースもあります。

育児中に転職活動をするのなら育児休暇の取得条件や実際にどのくらい育児休暇制度が利用されているかなども確認しておきましょう。

周囲のサポートがあることをアピール

転職活動ではどうしても育児中であることがネックになってしまいます。

本来であれば育児中であることを理由に評価を下げるのはルール違反なのですが、現実的に育児中であることはマイナスに見られてしまいます。

育児中の転職活動で面接を成功させるコツは、周囲のサポート体制のアピールです。

同じ子育て中でもワンオペで奮闘しているのと親や知り合いに子供を預けられる状態では会社の評価はガラリと変わります。

何かあっても子供を預けられる、保育園に代わりに迎えに行ってくれる人がいるというのは会社にとっても好印象です。

あまり大げさに話すのは問題ですが、会社に安心感を与えるために助けてくれる知り合いが言うことをきちんとアピールしておきましょう。

子供を預けて転職面接に来ている場合はに預けているかをきちんと伝えると評価につながります。

採用後も預けられるのか、残業や変則的なシフトにも対応できるか働き方にも大きく関わるので正直に話しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です