Slider

退職代行を利用して即日退職出来るケースを解説!注意点もチェック!

退職代行を利用して即日退職出来るケースを解説!注意点もチェック!

退職代行サービスを利用すれば即日退職出来ると思う人もいるかもしれませんが、実際に即日退職できるケースは限られます。

退職の意思を伝えて2週間以上たっている場合は即日退職が成立しますが、実際に退職の意思を伝えていなければ最低2週間は待たなければならないのです。

しかし、有給休暇を消費することで会社にいかずに退職できる場合があるのはポイントになります。

退職日は後ろにずれるものの、会社にいかなくても仕事を辞めることが出来るのです。

ブレイブ
退職代行って即日退職できると思ってた・・・。
ケリー
即日退職できる場合と出来ない場合があるの?

退職代行を利用して即日退職出来るケースを解説!

退職代行を利用して即日退職が可能なのは、すでに一度以上退社の意思を伝えている場合になります。

民法上の規定では正社員(無期雇用者)は仕事を辞める2週間前までに意思を伝えればよく、意思を伝えてから2週間以上経過していれば即日退職が可能になります。

まだ意思を伝えていない場合は即日の退職は難しくなりますが、有給などを消化することで職場にいかずに退職することは可能なのです。

実質的な退職日は、2週間は後ろにずれることに注意が必要になります。

ブレイブ
最初に意思を伝えてから、2週間経過しないと即日退職できないんだね。
ケリー
人によって状況は違うから、まずは自分の今の状況を整理することが大事ね。

退職代行を使っても即日退職は難しい

退職代行を使って即日退職を目指す場合は、民法の規定を満たしているかが重要になります。

民法上の規定では退職の意思を2週間前に示すことが定められているため、医師の提示と2週間という期間の二つの要素を満たす必要があります。

すでに退職の意思を提示していたが会社に拒否されたなど、やめるにやめられない状態がなければ成立し無いのです。

ポイントになるのが、退職の意思を会社側で拒否することは出来ない点です。

本来会社側に退職の意思を拒否し、労働者を強制的に働かせる権利はありません。

そのため、退職代行に依頼をすれば、即日退職も含めた選択肢が生まれるのです。

ただし、会社側と揉める可能性が高い場合や、より良い退職の方法があれば退職代行業者側から提案やアドバイスを受けられるケースもあります。

退職代行業者と相談しながら、即日退職が良いかどうかを探っていくことになるのです。

退職の意思を表示していない場合は意思表示からはじめる必要がある

退職代行を利用する場合に会社に退職の意思を伝えられていない人は多く、利用者の多くは退職の意思を伝えることからはじめる必要があります。

退職の意思の伝え方は退職代行業者がさまざまな提案をしてくれます。

書面などで送ることも可能なため、会社に直接出向かなくても良いケースも多いのです。

次に2週間は会社に在籍を続ける必要がありますが、有給休暇があれば有給休暇を消化することで出社せずに退職日まで乗り切ることが出来ます。

有給が不足する場合は体調不良などを原因に休むことも出来るため、出社せずに済むこともあるのです。

有給休暇の消化は会社側都合で拒否が出来ないのがポイントで、理由などを求められるのはあくまで社内のコミュニケーションの状態を良くするためです。

仕事を辞める人間にはかかわりがないため、退職の手続きと同時に有給の消化に入る人も多いのです。

即日退職は出来なくても、有給を消化しながら仕事を辞められることも多いのです。

入社したばかりの場合や有給がない場合は?

入社したばかりで有給がない場合や、すでに使いきっている場合は会社側と協議が必要な場合もあります。

ただし、退職代行業者を挟む場合は協議も代行してくれる場合がほとんどです。

退職代行業者が時間を稼いでいるうちに2週間が経過して退職が成立する場合もあるのです。

どのような対応をするかは退職代行によって異なりますが、有給がなくても職場にいかずに辞める方法はあります。

職場に行くストレスや人間関係のわずらわしさに触れることなく、仕事を辞めることが出来るのが退職代行の魅力になっているのです。

備品の返却などは退職代行が会社と協議を行った上で、郵送で返却するなど結果と対処法を伝えてくれるのが一般的になります。

退職代行によって対応方法も変わるため、担当者と話しをしながら確実に手続きをすれば良いのです。

即日退職をする際の注意点

即日退職をする場合は、有給の消化や備品の返却など、必要なことを退職代行にしっかり伝えることが大切です。

また、有給を消化して退職をする場合の退職日は有給消化が終わってからになります。

失業給付金の申請などは退社してからでなければ手続きが出来ないため、会社に在籍した状態が続くことに理解が必要です。

多くの場合は退職代行がしっかりと案内をしてくれますが、返却物の確認などは自分でしなければならないことになります。

返却忘れなどでトラブルがないように注意が必要です。

ケリー
即日退職の注意点はあるのかな?
エンジェル
退職代行業者が上手く立ち回ってくれるから、業者に情報をしっかりと伝えておくことが大事なの。

退職代行に必要なことを全て伝える

即日退職が成立するかどうかは、退職の意思をすでに伝えているのか、有給がどの程度の残っているかで代わってきます。

会社にいかずに退職が成立するケースもありますが、会社上の処理や給与面などに違いがあるのがポイントです。

即日退職が成立するパターンは少なく、多くの場合は退職の規定を満たすまでの待機時間が発生するのです。

有給がどの程度残っているかなど、重要な情報は退職代行から確認があります。

正直に答えるだけでなく、記憶が曖昧なところは曖昧だと正確に伝え、会社側に確認してもらうことも重要になります。

話がこじれないように工夫をしてくれるのが退職代行ですが、伝え漏れや嘘があれば手続きに影響がでる場合もあります。

退職代行に依頼しても、最低限の情報を伝えることは必須になるのです。

備品の返却方法なども確認しておくと安心

退職代行は備品の返却なども手慣れていることが多く、郵送などで返却するなど手続きも代行してくれる場合が大半です。

ただし、業者によって、業者側で受け取って返却を行うのか、直接ダンボールなどで会社に送ってもらうのかといった細かな部分が異なる場合があります。

念のため確認しておくのがおすすめで、任せられるのであれば任せてしまうのも方法です。

会社内の私物なども郵送で自宅に届くように代行してくれる場合もあります。

ただし、会社側の対応によっては返却の依頼自体が困難になる場合もあります。

どの程度会社側に問題があるのか、職場に行きたくないのかでも対応が変わるケースがあるため、やはり退職代行業者との協議が必要になるのです。

退職日の扱いにも注意が必要

退職代行を利用しても即日退職になるケースは少なく、失業給付の手続きや転職に影響を与える場合があります。

退職日までは会社に在籍しているため失業給付の手続きが出来ないほか、転職先が決まっていても二重に会社に在籍することになりかねないのです。

副業に大らかな企業は増えていますが、雇用契約の関係上複数の企業に正社員として務めることは難しい場合があります。

転職は正式な退職日を待つなど、自衛の意識を持つことも大切です。

また、正社員の場合は2週間で退職が成立しますが、派遣社員の場合や契約社員の場合は月末退職など契約の区切りまで待たなければならない場合もあります。

有給の消化などが出来るのは正社員と同じで、退職まで出社せずに済むこともあります。

結果的に契約満了まで仕事を務めた場合や、契約更新をしないで辞めた扱いになれば次の転職にマイナスになりづらいのがポイントです。

どのタイミングで退職が成立するかは契約内容によっても大きく変わります。

リスクを避けるために退職代行が存在するため、まずは相談するのが基本です。

契約更新のタイミングによっては、より即日に近い形で退職できる場合もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です