TOP1
TOP2
Slider

転職がうまくいかない人の主な特徴と理由|対策法もあわせて解説!

転職がうまくいかない人の主な特徴

転職がうまくいかなくて悩んでいるという人はいませんか?

転職がうまくいかなくて仕事がなかなか決まらないと焦ったり不安になったりしてしまいますよね。

でも大丈夫です。

実は転職がうまくいかない人には共通の特徴があり、対策をすることで成功率がアップします。

そこで今回は、転職がうまくいかないという人に向けて、転職がうまくいかない人の主な特徴と理由を紹介します。

対策法もあわせて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職がうまくいかない人の主な特徴と理由

転職がうまくいかないのはたまたま運が悪かっただけ、と思っていませんか?

実は転職がうまく人、うまくいかない人には共通点があります。

自分がなぜ転職がうまくいかないのか、その理由を知らなければ同じ失敗を繰り返してしまうだけです。

転職がうまくいかない人の特徴と理由を理解すれば改善点が見えてきます。

まずは、転職がうまくいかない人の主な特徴と理由を紹介していきますので、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

自分の市場価値を把握していない

自分の市場価値をきちんと把握できていない人は転職に失敗してしまいます。

資格や学歴がなかったり、実務経験が浅かったりするのに、高い能力を求められる大企業を狙っていても転職できないのは当たり前です。

そのことを理解せず、自分の理想ばかり追ってハードルが高い企業ばかりを狙っても、いつまでも転職が成功しない、という事態になってしまいます。

大企業は福利厚生がしっかり整っていて、給与も高い傾向にあります。

また、大企業がブランドのようになっていて、入社することで他社からの羨望を受けたり、自分の気持ちも安定したりします。

しかし、自分の市場価値に見合っていなければ、いくら面接受けたとしても時間だけがどんどん過ぎてしまいます。

スムーズに転職をするためにも、市場価値を見極めることは大事です。

転職回数が多く勤続年数が短い

これまでの転職回数が多く、かつ継続年数が短いのも、転職がうまくいかない人の特徴です。

このような人は、仕事を教えてもまた今回も早く辞めてしまうのではないかと思われて、企業側に警戒されてしまいます。

企業は、1人を雇い、一人前にするのに多大なコストをかけています。

せっかくコストをかけたのに、すぐに辞めてしまうような人は忍耐力に欠けていて雇いたくないというのが本音です。

やはり、転職回数が多く、勤続年数が短い人の場合にはあまりいい印象を与えられないでしょう。

資格や経験がないのに未経験で転職をしようとしている

資格や経験がないのに未経験で転職を成功させようとしていませんか?

当然ながら、資格や経験がないと転職のハードルは上がってしまうでしょう。

企業側はなるべく教育に時間やお金などをかけず、即戦力を必要としています。

資格や経験がない人を雇えば、その分仕事を身に着けるまでにコストがかかってしまいます。

その仕事に関わる資格を持っていたり、働いた経験があったりする人が応募者の中にいれば、わざわざ仕事を1から教える必要がないので優遇されます。

それゆえ、転職をしたいと思ってせっかく応募をしても、資格や経験がない人は目に留まってもらえない可能性があるのです。

企業に魅力的なアピールができていない

企業が採用したいと思えるようなアピールができていない人は転職はうまくいきません。

履歴書や面接のアピール方法は、本やネットでいくらでも調べることができます。

しかし、転職がうまくいかない人は、本やネットで掲載されているマニュアル通りの言葉で伝える人が多いです。

当然ながらそれでは他の人に埋もれてしまって企業側に印象を残すことができません。

大事なのは、自分がこの企業で働くことでどのような利益を与えられるか、自分の経験や得意なことがどのように仕事に生かせるかをアピールすることです。

自分の言葉できちんとアピールできない人は、やる気がないとみなされてしまいます。

転職がうまくいかせるための対策法を解説!

転職がうまくいかない人の主な特徴と理由が理解できたでしょうか?

転職がうまくいかない人には共通点がありますが、自分がそれに当てはまったとしてもあきらめる必要はありません。

うまくいかない人の特徴がわかれば、対策をすることで転職がうまくいくようになるからです。

では、次に転職をうまくいかせるための対策法を解説していきます。

ぜひ参考にして取り入れてみてください。

市場価値を把握して自分の能力に合った転職先を探す

まずは、自分の市場価値を把握することからはじめましょう。

学歴、能力、資格、経歴などを考慮して、無理なく働くことができる企業を選べば転職の成功率はアップします。

市場価値を把握するためにおすすめなのは、転職サイトや転職エージェントを利用することです。

転職サイトのスカウト制度を利用すれば、経歴などの個人情報を見た企業側からスカウトのメールが来ます。

スカウトの数や企業の種類を見れば、自分の市場価値がおのずとわかるようになるでしょう。

また、転職エージェントを利用すれば、エージェントが経歴や実績などの能力に合った転職先を紹介してくれます。

転職エージェントを利用することで、自分でわざわざ転職先を探さなくてもよいので、市場価値を誤る失敗を防げます。

転職エージェントは、転職に関するサポートをしてくれるので、時間や手間をかけずに転職活動ができるのでおすすめです。

転職に必要な資格や経験を取得して準備をする

転職したい業界がわかっていれば、その仕事に必要な資格や経験を事前に取得して準備をしておくのが転職成功のポイントです。

資格や経験があれば、たとえ未経験であったとしても即戦力として働けるので企業側もすぐに採用したいと思うはずです。

ですから、転職をしたいと考えたらすぐにでも準備をすることです。

経験を積みたい場合には、その業界のアルバイトをしてみるのがおすすめです。

業界未経験者が、資格や経験を事前に取得することで、企業側にやる気をアピールすることができて採用率が上がります。

自分の弱みを強みに変えてアピールをする

資格や経験を取得したくても事前の準備に時間がかけれらない、転職回数や勤続年数が短いから不利だという人も大丈夫です。

未経験であっても、資格がなくても、うまくアピールすることで転職をうまくいかせることができます。

その方法は、自分の弱みを強みに変えて企業側にアピールすることです。

たとえば、資格や経験がない場合には、自分がこれまで働いてきた企業で得てきた経験や能力を、どのように転職先の企業で活かすことができるのかをアピールするのがおすすめです。

また、転職回数や継続年数に不安がある場合でも、仕事をすぐにやめるといったネガティブなイメージを与える必要はありません。

色々な業界を経験するために多くの業界で転職経験を積んだ、とアピールすれば、転職回数や継続年数に不安があっても少しでもポジティブなイメージを与えることができます。

自分の弱みを知られたくないからと隠すのではなく、どう強みに変えてアピールするかがポイントです。

自分には弱みしかないとあきらめずに、まずは弱みをノートに書き出してみて1つずつ強みに書き換えてみましょう。

また、先ほど紹介した転職エージェントを利用すれば、プロの目線から履歴書の書き方や面接の受け方などのアドバイスを受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です