TOP1
TOP2
Slider

転職は当たり前の時代!「転職」のメリット・デメリットと対策法を解説!

転職は当たり前の時代

現在では転職をすることは珍しいことではなくなって、転職が当たり前の時代になってきています。

しかし、転職によって何が変化するかを理解していなければ、今の仕事を辞めて転職に踏み切ることは難しいものです。

そこでこの記事では、転職をすることによるメリットとデメリットにはどのようなものがあるか紹介し、デメリットへの対策法についても解説します。

転職を考えている方や、転職に関して悩み事のある方はぜひ参考にしてください。

転職することによる3つのメリットとは?

現在では転職を考える方が少なくありませんが、実際に転職することには3つの大きなメリットがあります。

ここでは転職することで得られるメリットについて紹介します。

転職のメリットについて知っておくことで、思い切って転職をしてみたり、転職について考えてみる機会にもなります。

まずは転職することで何が変わるかを理解したうえで、転職活動を始めるようにしてください。

どのようなメリットを求めるか考えながら自分に合った転職先を探しましょう。

収入を増やすことができる

転職をすることによって得られるメリットのひとつが、収入を大きく増やせる場合があることです。

今までの職場と同じ職種であっても、人気の高い外資系企業など効率よく稼げる職場に転職することができれば年収を倍以上にアップできることがあります。

また、転職先で新しい仕事を身につけることも収入を増やすことにつながります。

新しい会社に転職することで今までの職場にはなかった経験を積むことができ、仕事を通して新しい知識を取り入れていくことができます。

その結果自分自身の能力を高めることになるため、収入を大きく増やせることがあるのです。

現在勤めている会社で得られる収入に満足できていない場合や、もっと効率的に収入を増やしたいという方はぜひ転職を検討してみることをおすすめします。

転職先を選択する際には、収入がどのように変化するかに注目してみると良いでしょう。

ボーナスなど追加の収入が得られるかどうかも確認しておいてください。

人事評価を高めることができる

転職をすることによって得られるメリットとなるのが、自分が受けている人事評価を一度リセットしたうえで高めていくことができることです。

現在勤めている会社内での自分の人事評価に納得できていなくても、評価が好転することはなかなかないものです。

人事評価があまり良くない会社にいつまでも勤めていても昇進や収入アップは望めません。そこでおすすめしたいのが転職をすることです。

自分の能力を必要としてくれる別の会社に転職をすることで、これまでの人事評価をリセットとして新しい評価を得ることができます。

自分を求めてくれている会社であれば、自然と人事評価も高くなることが多く気持ちよく働くことができます。

うまく評価を高めることができれば昇進も見込めるようになります。

現在の会社での人事評価に不満がある場合や、人事評価が固まってしまって将来性がないと感じている場合にはぜひ自分を高く評価してくれる会社への転職を考えてみてください。

資格や技能を生かすことができる

転職をすることによって得られるメリットとしてあげられるのが、転職先で自分が持っている資格や技能を生かすことができることです。

せっかく特別な資格や技能を身につけていても、職場によってはそれを生かすことができず評価してもらえないことがあります。

自分が持っている資格や技能をもっと生かして働きたいと考えるなら、思い切って転職をしてみると良いでしょう。

会社の業種によっては、従業員に特殊な資格や技能を必要としていることも少なくありません。

自分が持っている能力を必要としている会社をいくつか探し出して転職先の候補にすると良いでしょう。

また、採用試験や面接の際にも資格や技能を持っていることを積極的にアピールするようにしてください。

会社から見て価値のあるスキルを身につけている人間だと伝われば、評価も高くなって採用の可能性が高くなります。

身につけた資格や技能を無駄にせず仕事で生かすためには、ぜひ転職をしてみてください。

転職することのデメリットと対策法を解説!

転職をすることで必ずしもメリットばかりが得られるわけではありません。

実は転職をすることにはいくつかのデメリットもあるのです。

ここでは転職によるデメリットについて紹介し、その対策法についても解説していきます。

転職を考える場合にはデメリットについてもきちんと理解しておくことで、転職に失敗することを避けることができます。

対策法についても知っておき、転職することでデメリットが生じても対処できるようにしてください。

退職金や年金が少なくなってしまう

転職をすることによるデメリットのひとつとなるのが、退職金や年金が少なくなってしまうことがある点です。

退職金の金額は基本的に、その会社への勤続年数によって決まっています。

そのため転職することによって、定年まで勤務し続けた方よりももらえる退職金の金額が少なくなってしまうことが多いです。

また、転職をしたいからといって入社から1年ほどの短期間で退職してしまった場合には、退職金自体をもらうことができないケースもあるので注意が必要です。

転職の場合は会社都合ではなく自己都合での退職となるため、退職金の金額が下がることもあります。

企業年金の金額も勤続年数によって決まることが多いため、年金についても同じことが言えます。

このような転職のデメリットへの対策法としては、自分が退職金や年金をきちんと受け取ることができるか確認してから退職することです。

今すぐ転職したい場合でも、退職金やボーナスが受け取れるまでは働いておくことをおすすめします。

慌てて転職先を決めてしまうことがある

転職をすることによるデメリットになってしまうのが、慌てて転職先を選択してしまい、転職に失敗する可能性があることです。

転職先となる会社の環境や待遇についてきちんと理解せずに転職をしてしまうと、新しい会社の環境が合わなくてかえって働きにくくなってしまったり、すぐに辞めてしまうといったトラブルの原因となってしまいます。

収入の高さや会社のイメージだけで選択するのではなく、実際に働く環境や会社の細かな制度まであらかじめチェックしておくことが対策法となります。

転職を検討する場合には、まずは転職先の候補となる会社をいくつもリストアップして、詳しい情報を得ることから始めてみてください。

現在勤めている会社を慌てて辞めてしまうと収入がなくなってしまうので、はっきりとした転職先が見つかるまでは退職は避けるようにしましょう。

じっくり吟味したうえで自分に合っていると判断できる会社を見つけたら転職をすると良いでしょう。

信用を失う可能性がある

転職をすることによるデメリットとなることがあるのが、社会的な信用を失ってしまう点です。

何年も勤めてきた会社を退職して一度転職したというだけであればそれほど信用を失う心配はありませんが、短期間でいくつもの会社への転職を繰り返していると社会的な信用が低下してしまうことがあります。

転職回数が増えてくると新しい会社への採用に当たって、またすぐに辞めてしまうのではないかという見方をされるようになってしまいます。

その結果、転職回数が原因となって履歴書を提出した段階で不採用となってしまうこともあります。

このようなデメリットへの対策法としては、一度就職した会社をすぐに辞めることにならないよう事前に会社のことを知っておくことが大切になります。

自分に合わない会社かも知れないと感じてもすぐに転職してしまうのではなく、業務に慣れてくるまでは腰を据えて取り組んでみるようにしてください。

短期間で何度も転職をするのは極力避けた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です