Slider

「女性が長く働ける仕事」ってどんな仕事?長く働くための秘訣も解説!

「女性が長く働ける仕事」ってどんな仕事?長く働くための秘訣も解説

女性の社会進出が増えてきて、生涯働く選択をする人が増えてきています。

育休や産休が義務化され、今後ますます働く女性は増えていく傾向です。

結婚や出産で仕事を離れる女性は減っていることになります。

一般企業でも働く女性は増えてきていますが、女性が長く働くことができる仕事とはどのようなもなのでしょうか。

例え女性にとって、長く働きやすい職種を選ぶことができなくても、一つの職場で長く働く秘訣などはあるのでしょうか。

「女性が長く働ける仕事」ってどんな仕事?

産休育休が法律で義務付けられていることから、一般企業でも一時的な休暇をとり、ずっと働き続ける女性が増えてきています。

もちろん今までしてきた仕事をそのまま生かして、ずっと働き続けることもできるのですが、より女性に特化している仕事はあるのでしょうか。

女性だから需要が高く、お客様や患者に受け入れやすくなるという特徴もあります。

医療関係、病院系

一般的に、看護婦さんや病院の受付は、女性の方が受け入れやすいこともあり、力仕事以外なら介護や擁護してもらう時女性からおこなってもらう方が安心感を感じます。

母性や、優しさを感じることもあり、医療現場では女性も男性に負けないくらい第一線で働いていることもほとんどです。

女性だからこそ気持ちが寄り添える産婦人科や、美容関係とつながりが深い皮膚科、もし医師に興味がないようなら医療事務の受付や調剤薬局の薬剤師のフォローなど、女性らしい細やかな視点から、患者様の気持ちに寄り添ったり女性だからこそできる仕事でもあります。

看護師などは配属される科によっては体力仕事でもありますが、常に患者と寄り添うことで充実感もありますし、医師のサポートをおこなうことで医療現場にたずさわることになり、仕事へのやりがいも感じます。

医療の現場はたとえ年配になっても、それは患者にとっての知識への深さや安心につながり、重宝されることもあります。

家庭用品、住宅系

キッチン用具や、布団、風呂やトイレのメーカーなどは、経験を積んだ女性だからこそアドバイスができますので、年齢を重ねた女性も知識がとても役に立つことがあります。

家の中での家事全般を請け負うことが多い女性は、家庭用品の使い勝手を誰よりも熟知しており、それは年齢を重ねたほうが経験を積み、言葉の重みを生みます。

年齢が若い間は、店頭にたってお客様のサポートをおこなったり、一方で、内部で事務処理の選択もできます。

若い男性にキッチン用品について詳しく知ろうしても、この人大丈夫かな、感じることもありますし年配の女性なら、説得力もあり納得ができます。

長年の知識や経験が、家庭用品の分野では役に立つことがあります。

年配の女性まで幅広く働く事ができることができるのが、家庭用品の現場です。

美容系

若い年齢の人から年配の女性まで、気になるのは肌や髪などの美容のことです。

その年齢ならではの悩みがありますので、それを共感しながら一緒に解決できます。

たとえば、化粧品のカウンターでも若い女性でしたら若い女性の悩みに共感できますし、年配の女性ながら年配の女性にならではの悩みがあります。

それぞれ必要な人材となり、長く働きやすくなっているといえます。

化粧品は、肌や年齢別に使うものが変わってきます。

まだまだニキビができる若い女性に、乾燥肌でしわの悩みを相談しても、相談している方もピンときません。

ですから、相談を持ち掛けている人の年齢層にあっている人を相談相手にした方が、お客様も安心します。

美容系は女性が本来興味を持っていることも多く、商品の開発や企画なども意欲をもって携わりやすいです。

売る商品が自分の興味のあるもの、になりますので営業なら気持ちも入りやすいですし、事務のサポートも興味をもってかかわることができます。

年齢別にあったアドバイスや経験が生きていることから、長く働きやすくなっているのが美容系の仕事といえます。

女性が長く働くための秘訣を解説!

女性は働きやすくなっている会社は増えていていますが、自分のフォローだけでは追い付かないことがあります。

それを解決するためには、入社する会社がどのようなものになっているか、最初にある程度判断するべきです。

女性が長く働くことができるような秘訣や会社の選び方などはあるのでしょうか。

育休、産休の実施実績がある会社を選ぶ

女性が長く働く事ができるようにするためには、結婚や出産のライフステージの変化をうまく乗り越えていかないといけません。

法律で育休、産休を取ることを認められていても、中小企業や零細企業などは、人員がもともと少ないことがあることから、実績がない会社もあります。

また多くの先輩が、結婚や出産のタイミングで退社することを選んでいると、育児休暇などの実績はありません。

法律で認められているため、自分が取得したいと伝えたら休みをとれることになりますが、自分が最初のひとりですので、先輩方の道ができていない状態です。

周囲の人の視線や、環境の整備などが整っていない中、自分が最初の道を作ることになります。

好意的に受け入れてくれる人もいるとは思いますが、そうでもないかもしれません。

自分が長く働きたいと考えているのなら、育休産休の実績がある会社があるとよいです。

先輩方が作ったその道を歩んでいけばよいですので、最初に道を作るより若干楽になります。

もちろん周囲の人に気を配った、自分の対応もある程度必要になります。

女性が上司の会社を選ぶ

女性が上司の会社ですと、自分の置かれている環境を理解してもらいやすくなります。

上司も育休産休の経験者ならなおよいですし、必要なサポートを受けやすくなるといえます。

一方女性ばかりの会社は、妬みや嫉みなどがうまれることもなり、人間関係も複雑です。

しかしながら、そういう人ばかりではなく、味方になってくれるような人もいるかいる確率が増えます。

男性社会で、男性ばかりがいるような会社につとめていると、最初から説明したり、働きながら育児や家事をする女性の気持ちに対して共感してくれる人が少ないかもしれれません。

そういった意味でも女性の上司がいればある程度女性の気持ちに寄り添ってもらえる確率も高いですので、生涯い働きやすくなるといえます。

また女性が上司ですと、自分も出世できる確率も増えていきます。

契約社員、派遣社員、パートなど働く環境を選ばない

長く働く事にこだわるなら、自分の身分などに固執しないことも大切です。

もちろん正社員で定年まで勤めあげることも立派なことですが、同時に子育てや家事、年齢を重ねると介護なども加わってきます。

仕事への自分のパワーや気持ち次第なところもありますが、家庭のお金の問題で仕事をしているなら、必ずしも正社員にこだわる必要もなくなります。

もともと働いていた会社の働くレベルを変えることでもよいですし、新しくパートなどで働いても、家計の足しにはなります。

収入が減ることや、正社員でなくなることに不安を覚える人もいますが、忙しすぎて病気になってしまったり、家族のことがあまりにもおざなりになってしまうのが、果たして自分にとって本当に良いことなのか考えると、必ずしもそうではありません。

もちろん家族との相談も必要ですが、自分にこだわりがなようでしたら、長く働くためにも働くレベルを調整することによって、長く細く働き続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です