TOP1
TOP2
Slider

キツい仕事12選|精神的にキツイ・身体的にキツイ代表的なお仕事

きつい仕事12選

世の中には多種多彩な仕事が溢れており、イキイキと働いている人は沢山います。

しかし、インターネットを見てみると「仕事がキツい…」「キツい仕事を今すぐ辞めたい…」といったような愚痴が溢れています。

自分の仕事にキツさを感じない人には仕事の何がそんなにキツいのか全く分からず、どんな仕事がキツい仕事であるのか知的興味を惹かれる事でしょう。

そして、仕事を探している人にとってはキツい仕事に就職してしまったら大変だと考えてどんな仕事がキツい仕事なのか知りたい事でしょう。

実は、キツい仕事と一口に言っても精神的にキツかったり、肉体的にキツかったりなど仕事内容によって“キツさ”は千差万別となっているのです。

そこで、特にキツいとされている12種類の仕事について、どのような仕事内容でキツさを感じるのか徹底解説をします!

飲食店の社員

“飲食店の社員”という仕事は肉体的にも精神的にもキツさを感じる仕事です。仕事内容自体はホールでの仕事など単純なもので問題ありません。

しかし、労働時間がとにかく長くなる事が多く、1ヶ月一度も休みがなかったり、夕方の5時~朝の5時まで働き通しになったりしてトイレ休憩すら満足にとれないような事もざらにあります。

チェーン飲食店だと視察などもあるので少しでも売り上げを伸ばそうとする上司によって、ただでさえ頑張っているのに更に頑張れと馬車馬のごとく働かされます。

このため、バイトから正社員に昇格できるチャンスがあっても断ったり、仕事のキツさから自殺してしまう人も少なくありません。

介護福祉士

介護福祉士も肉体的にも精神的にもキツさを感じる仕事です。“下のお世話”をはじめとした介護が仕事内容となるので非常に精神的なキツさを感じます。

痴呆老人を介護する際には謂れのない罵詈雑言を浴びたり、糞尿の臭いが常に漂う職場環境だったりするので非常に大きな精神的キツさを感じます。

また、被介護者の肉体を抱き抱えたりして支えながら介護をするので肉体的負担が大きくなります。

精神的・肉体的キツさを増長させる“給料の低さ”という問題もあります。仕事内容に見合わない低い給料しか貰えず、働いても報われないので余計にキツさを感じるのです。

アニメーター・イラストレーター

アニメーターやイラストレーターも肉体的にも精神的にもキツい仕事です。仕事内容はどちらも絵を描く事が仕事になりますが、そこに楽しさを感じる余裕がありません。

アニメーターはスタジオで1日に何十枚もひたすら絵を描かされ続け、帰宅する余裕がありません。

イラスト一枚の単価が低いので給料も10万円程度しか貰えませんし、アニメーター業界は9割がバイトなので正社員になる事も難しい報われにくい職業なので精神的にもキツさを感じます。

イラストレーターもイラスト一枚の単価が非常に安いのでひたすら絵を描き続けないと生活できず、肉体的・精神的キツさが大きい仕事です。

しかも、アニメーターやイラストレーターのどちらも“描き直し”という努力が全て無駄になる精神的キツさを増長させる事もしばしばあります。

プログラマー

プログラマーも精神的にも肉体的にもキツさを感じる仕事です。

プログラマーの仕事内容はプログラミングだけでなく、プログラムか正常に動くかテストをしたり、エビデンスというテストをした事を証明する記録を作成したり、プログラムデータの取扱説明書を作成したりと多岐に及びます。

しかも、慢性的な人手不足があるので一人当たりの仕事量が多く、休日や年末年始返上で働く必要があるほどです。

“デスマーチ”という言葉が使われるほどに仕事時間が長いので肉体的にも精神的にもキツさを感じます。

しかも、年功序列ではなく腕前で給料があがるので頭打ちになりやすい事からモチベーションの維持が難しく、突然のクライアントからの仕様変更によってプログラミングを一からやり直す必要がある時があったりと精神的キツさを増長させる要因もあります。

保育士

保育士も肉体的にも精神的にもキツさを感じやすい仕事です。子供相手に走り回ったりして肉体的負担が大きく、子供の汚物処理をしたりする精神的な負担もあります。

また、幼い子供を預かる事から「何かあったら大変」と常に精神的ストレスを感じる仕事であり、クレーマー気質の保護者の相手をしなければいけない事もあります。

また、女性が多い職場なので女性ならではの面倒な人間関係による精神的なキツさを感じる事もあります。

更に、手取りが13万円程度しかもらえない事が珍しくないほどに給料が低いので報われにくい仕事でもあるので、特に精神的なキツさを感じやすいといえます。

看護師

看護師も肉体的にも精神的にもキツさを感じやすい仕事の一つです。患者さんの看護が主な仕事ですが、夜勤が非常に多いので肉体的な負担がとても大きくなっています。

また介護福祉士も下の世話など身体介助をする必要があるので精神的な負担もとても大きくなっています。

医師の指示で薬剤を投与したりするので「間違えたらいけない」というプレッシャーや、人の死に対面する事が多い職場環境なので精神的負担が更に増長します。

看護師は肉体的にも精神的にもトップクラスにきつい仕事なので、ハードワークに耐えきれずに辞めていく人が少なくなく、鬱病になってしまう人もいるほどです。

不動産の営業

不動産の営業も精神的にも肉体的にもキツさを感じる仕事です。不動産会社勤務と聞くと、華やかなホワイトカラーをイメージしますが実態は全く異なります。

不動産を営業して売るのが基本的な仕事ですが、他にも水漏れや近隣住民とのトラブルなど様々なトラブルを解決しないといけません。

また、クレーム処理をする必要があったり、上司から営業ノルマ達成のプレッシャーをかけたりという事もあって精神的な負担が非常に大きな仕事です。

更には、営業ノルマを達成するために近所にビラ配りをしたりといった泥臭い努力も必要です。ビラ配りの枚数が1,000枚を越える事も少なくありません。

セールスドライバー

荷物を宅配するという仕事のセールスドライバーも肉体的にも精神的にもキツさを感じる仕事です。

セールスドライバーは宅配する荷物を自分でトラックに積み込む必要があるので朝からハードワークになります。

荷物が多い時はお昼休憩を削ってでも仕事をする必要があります。

更には、当日中の再配達を頼まれた場合は20時や21時であっても再配達しなければならない時があり、勤務時間が非常に長いので肉体的キツさを非常に感じやすい仕事となっています。

また、「荷物に傷がついている」「宅配時間が遅い」といったようなクレームにも対応する必要があるので精神的にもキツさを感じます。

金融商品の販売営業

投資信託などの金融商品を販売する仕事は精神的キツさを非常に感じる仕事です。

利益を上げるために、時には購入者が明らかに損をするであろう金融商品を販売しないといけない事もあるので良心に大きな負担があります。

販売した金融商品で損が発生するであろう事を事前に購入者に報告する事も業界マナーなので、販売した後もアフターケアをする必要があるので気を抜けず、精神的負担が大きいです。

また、実際に損が発生した場合は購入者から罵倒を浴びる事があったり、クレーム処理をする必要もあるので精神的負担が更に大きくなります。

また、暑い夏にもスーツをしっかり着用する必要がある事にキツさを感じる人もいます。

コールセンタースタッフ

コールセンターは精神的負担が大きくて離職率が多い仕事として有名です。

仕事内容は、お客からの質問に答えたり、クレーム処理をする“カスタマーサポート”としての仕事と、電話営業をしたり市場調査ためにアンケートをとったりする自分から電話機をかける仕事があります。

この内、カスタマーサポートの仕事が精神的にキツいと感じる人が多いです。カスタマーサポートは電話ごしに話ために強気になる人が多く、高圧的な態度で苦情を言われたりします。

酷いときには理不尽な苦情を言われたりもします。

それに対し、常に謝り続けなければいけない事もあって精神がボロボロになってしまいます。女性の場合はセクハラ被害を受ける可能性があるという精神的キツさもあります。

学校教員

学校教員も精神的にも肉体的にも特にキツい仕事の一つです。

仕事は学生に勉強を教える事ですが、ニュースなどで最近話題になっている“時間外労働”が仕事のキツさを感じさせる大きな要因となっています。

放課後や休日に部活動の顧問をしたり、授業の準備をしたり、テストを作ったりと授業時間以外にもプライベートな時間を削って仕事に時間を使わなければならないので精神的にも肉体的にも非常にキツくなっています。

また、苦情処理やトラブル処理も教員の仕事です。モンスターペアレントによる理不尽な苦情に対応したり、苛めなどのトラブル処理をする必要があるのでキツさを感じます。

歩合制の保険営業

歩合制の保険営業も精神的にも肉体的にもキツさを感じる仕事の一つです。

歩合制の保険営業の給料システムは固定給+歩合制となっていて、保険契約をとるために営業するのが基本的な仕事です。

固定給だけでは生活できないので契約をとらなければならないというプレッシャー、上司からの営業ノルマを達成しろというプレッシャーがあって精神的にキツさを感じます。

また、契約をとるために休み時間返上で長時間働き続けなければいけない事も少なくありません。

これに加え、営業努力として営業先でセールストークだけでなく家事などを手伝わなければならない事もあるので肉体的にもキツさを感じます。

しかも、営業先で長い間世間話に付き合ったり、家事などを手伝っても契約してくれない場合もあるので精神的負担が増加します。

また、女性営業員の場合はセクハラ被害を受ける可能性もあるのでより精神的負担が増加します。

「キツい仕事」には身体的・精神的の種類がある

世の中には様々な“キツい”と感じる仕事もありますが、以上で紹介した仕事は特にキツさを感じるものとなっています。

  • 飲食店の社員
  • 介護福祉士
  • アニメーター・イラストレーター
  • プログラマー
  • 保育士
  • 看護師
  • 不動産の営業
  • セールスドライバー
  • 金融商品の販売営業
  • コールセンタースタッフ
  • 学校教員
  • 歩合制の保険営業

営業などの“ノルマ”によって上司からのプレッシャーを感じやすかったり、仕事内容に対して給料が低かったり、働く時間が非常に長かったり、理不尽なクレームをはじめとしたトラブル処理をしなければいけなかったりするからです。

介護福祉士にいたっては仕事柄、糞尿の臭いが漂う劣悪な職場環境で働かなければいけません。

また、営業食やコールセンター業務を女性が行うとセクハラ被害を受ける可能性もあるのでより精神的にキツさが増してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です