TOP1
TOP2
Slider

転職面接を受ける際の自己紹介の良い例と悪い例【退職理由は何と答えた方が好印象?】

転職面接を受ける際の自己紹介の良い例と悪い例

転職をする際に面接でどう振舞うべきか悩む人は多く、実際の転職の課題となる場合もあります。

面接での振舞いしだいで採用の可否が分かれる可能性があり、気を抜けない分なおさら緊張するという人もいます。

重要になってくるのが面接は企業と人材のマッチングのために行われていることです。

無理にキャラクターを作っても失敗する可能性があるため、どこまでが許されるのか許容量をチェックする面もあるのです。

受かっても続くかは別問題になるため、印象を良くすべき部分とそうでない部分があることにも理解が必要です。

転職で面接を受ける際の自己紹介の良い例と悪い例

転職で面接を受ける際にどのように自己紹介をするかは重要になってきます。

アピールポイントを事前にまとめておくのは大切で、行き当たりばったりで行動してもうまくいく確立は減ってしまいます。

特にネガティブな思考や回答が癖になっているとマイナス印象になる可能性が高く、転職活動が長引いて転職先が決まらない状態になると空回りする癖がつきがちです。

転職自体をポジティブに考えることや、自分の魅力を引き出すことを重点的に考える必要が在るのです。

自分のアピールポイントは事前にまとめておくのが大切

転職の面接を受けるに当たり、アピールポイントをまとめるのは重要です。

ただし、ただポジティブな面をアピールすれば言い訳ではなく、業種や企業のイメージにあわせて自己紹介の内容を調整することは必須になります。

例えば、金融関係や医療系など堅実さが求められる職場で「大胆さ」や「行動力」を全面に打ち出してもマイナス印象になる可能性があります。

「失敗してもめげない精神的なタフさに自信があります」などと自己紹介をしても「失敗を前提に行動するのは問題」と見られてしまう可能性が在るからです。

むしろ、「失敗を未然に防ぐための工夫や仕組みを作るのが好きです」といったアピールの方が有効で、様々な社会生活で実際にどう生かしてきたまで言及できるようになると更にプラスになります。

アピールすることをまとめるだけでなく、相手にプラスになるかまで考えるのは基本中の基本になっています。

ネガティブな思考になっている場合は注意

自己紹介をする場合は可能な限りポジティブな部分を引き出すことが重要になります。

転職自体にネガティブなイメージを持っていると特に危険で、転職活動が長くなっている場合も無意識にネガティブな内容が含まれやすくなります。

まず、転職は自分を生かすために行うものです。

企業側からすれば有能な人材を採用できれば問題がなく、自己紹介の場でしっかりアピールすることができるかをチェックしています。

無意識に自衛的になってしまう場合なども注意が必要で、自信がある部分もにじませないとマイナス印象になりやすいのです。

自分が過去にやってきた仕事などに自信を持ち、「どのようなことをしていたか」はしっかりと主張しておく必要があります。

断定口調を使うことも時には重要です。

特に自分の過去の実績などを述べる際に口ごもってしまったり、歯切れの悪い言い方をしてしまうとそれだけでマイナス印象になることがあるのです。

滑舌が良いだけでも印象が良くなるため、意識して喋るのも方法になります。

自己紹介の内容も必要な情報に絞っていく

自己紹介をポジティブにすること、相手企業、面接担当者の求める人材を意識して調整することは必要です。

また、不要な情報を省いて厳選する意識も大切になります。

面接官は履歴書を見た上で面接を行っています。

卒業した学校の情報などよりも、転職前にどのような仕事をしていたのか、どのような性格なのかといった履歴書や職務経歴書に書ききれなかった情報に注目します。

もちろん、志望動機を自己紹介に軽く絡めるのも方法ですが、提出書類と内容がかぶり過ぎないように調整する必要があるのです。

就職活動の癖で「部活ではどのようなことをしていました」などの内容は不要で、「前職では○○の部署で、○○の業務を行っていました」など、より実用的な情報を詰めていくことが大切になります。

質問されたら答える時間が貰えるため、情報を詰めすぎずに短くまとめることも大切になってきます。

退職理由は何と言えばいい?好印象な答えとは?

転職の際に退職理由は良く聞かれるポイントになります。どのように答えれば好印象になるかは多くの人が悩む部分でもあります。

大切になるのが企業カラーなどのマッチングの問題です。

例えば、育児などの休暇が充実している企業であれば、家族の面倒を見る時間を作るためといった内容であれば好印象になる可能性が高くなります。

一方で、転勤なども含めて働ける人材を求める企業にはマイナス印象になってしまう可能性があるのです。

企業の募集内容に応じて退職理由をある程度調整し、プラスの印象に導くことは大切なポイントになっています。

能力主義の企業であればキャリアを前面に押していくことも大切になる

転職の際に様々なチャレンジをしたいという欲求があることはプラスにもマイナスにもなります。

年齢とスキルのバランスも重要で、若い年齢でのチャレンジなどであれば歓迎されますが、年齢が高くなりスキルが低い状態であれば言葉が上滑りする可能性が高くなるからです。

能力主義の企業への転職を希望し、自分自身が若い状態であれば「より技術を学べる環境に身をおき、自分を磨き、それを企業に還元したいからです」といった野心も含めた発言はプラスになりやすくなります。

上昇志向が強い人間は学習も早いことが多いからです。

自分を生かしきれないから転職するという考え方で上昇志向を示すのは一つの選択肢で、なぜ転職が必要なのかも含めて結び付けられれば武器になります。

クリエイティブな企業やホワイト企業はプライベートも重視することが多くなる

クリエイティブな企業やホワイト企業はワークライフバランスを重視することが多くなっています。

家族のための転職や、仕事のバランスの見直しにかんする転職にも比較的好意的です。

長く働いてくれる人材であれば歓迎してくれることが多くなるため、家族の介護や子供の送り迎えといったワードを含めてもマイナス印象になりにくいのです。

残業が多すぎるといった内容であっても、それが事実であれば問題ありません。

長時間労働などを強要する企業であれば労働時間に対する苦言はマイナスになりますが、しっかりと労働を管理する意識の企業であれば影響は少ないのです。

もちろん、愚痴的な内容になるのは問題ですが、絶対に言ってはいけないということは無いのです。

逆に、キャリア志向が強く、長時間の労働も歓迎する企業であれば注意が必要になってきます。

転勤が含まれる職種の場合は身軽さをアピールした方がプラスになります。

志望動機につなげてしまうのも方法になる

退職理由を志望動機につなげてしまう方法もあります。企業のサービスや製品にふれ、仕事をしたいと思った場合も転職の理由になり得るからです。

在職中の転職であれば企業のよいところを探して「この企業で働きたいと思った」とストレートに伝えてしまうのも方法になります。

注意したいのは本当にサービスを利用したことがある場合や、商品を利用したことがない場合は言葉が上滑りしやすいことです。

企業理念などもしっかりと理解する必要があり、いかに感情が動いたかを伝える必要があります。

給与などの条件面で仕事を決めた場合、志望動機がすべりやすいのは感情が伝わりにくいからでもあります。

書類選考と違い、面接の場合は志望者の感情などが伝わりやすいため、武器として生かしたいなら転職先のよいところを探すことや、事前にサービスを利用してみるのが早道です。

実際にサービスを利用した感想などが入ると言葉に説得力がますこともポイントになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です