TOP1
TOP2
Slider

転職面接で企業が逆質問をする目的とは?逆質問のお手本例をいくつかご紹介!

転職面接で企業が逆質問をする目的とは?

企業側から「何か聞きたいことは?」などと聞いてくるのが逆質問です。

実際に入社してみないとわからないことが多いだけでなく、入社を希望しているのだから何かあってもそれを受け入れるという覚悟で面接に来ている人もいます。

理由がわからないからと不安になってしまうケースもありえます。

しかし、逆質問によってどのような反応が返ってくるかをチェックする面接官は多く、ある程度想定しておいた方がプラスになります。

逆質問がある前提で企業側に聞いてみたいことを用意しておくのも方法なのです。

企業が逆質問をする目的とは?

企業が逆質問をする目的はいくつかあります。最もわかりやすいのは仕事の意欲をチェックするためです。

意欲が高い人はそれだけ疑問を見つけ、よりよい方向に改善しようという気持ちが強くなります。

逆質問に対してすぐに質問を用意できるかで普段から意欲的に学ぼうとしているかどうかといった姿勢が現れやすいのです。

また、コミュニケーション能力が現れる部分であり、どのような受け答えをするかで答える側の性格がわかりやすくなります。

一般的な質問や自己紹介では見えにくい部分を補完するために逆質問が行われることがあるのです。

仕事に興味を持っている人は逆質問に積極的に疑問をぶつける傾向がある

企業の逆質問に対して積極的に疑問をぶつける人は仕事や自分の労働環境に対して強い興味があるという判断になります。

意欲がある人も積極的に質問をぶつけるケースが多く、積極性の有り無しを見分ける基準にもなってきます。

たとえば管理職候補や店長候補など人を引っ張っていく立場の人間の面接であれば逆質問にどのような疑問をぶつけられるかはかなり見られます。

さまざまな物事に興味をもち、考えなければリーダーとしての適性が低いと見られる可能性があるからです。

逆質問に対して全く何も思い浮かばない人間であれば「支持待ち」の人間だと疑われる可能性もあります。

正社員の採用であればある程度の自主性が求められることが一般的なことにも注意が必要です。

質問の内容によってコミュニケーション能力がわかる

逆質問をした際に、どのような質問したかによってコミュニケーション能力がわかるのも見逃せないポイントです。

質問がホームページを調べればすぐにわかるような内容であれば、何故聞く必要があるのかといった問題がでてきます。

面接中に出た内容を繰り返していないかなど、会話の内容で発展性があるかどうか、相手の感情や知識をどう引き出していくのかがわかるのです。

コミュニケーションが高い人材であれば、面接中のやりとりからより踏み込んだ疑問を見つけることができます。

また、話題の選び方にもセンスがでるため、どのようなことに興味を持っているかも把握する事が出きるのです。

興味が強い分野が明確な場合は就職後の配置に影響が出ることもあります。

適切な場所に配置することで能力を発揮できるようにすることも企業側の仕事の一つだからです。

職場の雰囲気を保ち、業務を円滑に進めるためにもコミュニケーション能力は大切で、アピールして損はないポイントにもなっています。

企業の求人情報の質などをチェックするために行われる場合も

企業の理解度などをチェックするために逆質問が行われるケースがあります。

例えば、逆質問に答えられない人ばかりが集まってしまった場合は、企業の魅力がアピールしきれていない場合や人材層のミスマッチなどが生じている場合があります。

企業側も求人が適切な層に届いているかをチェックする必要があり、集まる人材の質やマッチング率にも気を配らなければならないのです。

また、どのような質問をぶつけるかで企業に対する理解度がわかる場合もあります。

労務に関する質問が多ければ労務関係の情報開示が十分でないなど、企業側の課題が見つかることもあるからです。

企業側のチェックはあくまで副次的なもので、主要な目的は意欲やコミュニケーション能力のチェックになります。

ただし、社風に会った人材かどうかなどもチェックされているため、事前に企業側の情報をしっかり調べることも大切になるのです。

面接の「逆質問」のお手本例をいくつかご紹介

逆質問に対してはいかに前向きな質問を返せるかが重要になります。

例えば休みや給料に関する情報などが多ければ、仕事の意欲を疑われる可能性が高まります。

スカウトなどをされて給与面の交渉が重要になるような場面でもなければ余り聞きすぎてもプラスにならないのです。

実際に働くとしたらどのように情報を役立てられるかも重要で、一日の仕事の流れなどを質問する人が多い理由にもなっています。

事前の学習のためにどのような勉強をした方が聞いてしまう人もいるのです。

業務に役立てられる情報を積極的に聞くとプラスになりやすい

実際の業務の流れなどは働いてみるか、インターなどとして活動してみないとわからない部分になります。

逆質問に対して「働くイメージを持っておきたいのですが、実際に働くとしたらどのような流れで一日を過ごすことになりますか」など、具体的な業務に触れるとプラスの印象になりやすいのはポイントです。

積極的に働きたいという意識を表明することになり、事前の心構えなどを作ろうとする人材と認識されやすくなります。

また、「御社は高い技術力を魅力に感じていますが、勉強会を定期的に行うなど工夫をされているのでしょうか」など、教育環境に切り込んでいくのも方法です。

企業によってどのように技術や知識を伝えるかは大きく異なります。

学習意欲がある人間だとアピールするのも方法です。

サークル活動などがないかを聞いていく方法もある

大手企業の場合はさまざまなサークルがあるのが一般的で、福利厚生などの一環として重要な地位を占めるケースがあります。

しかし、企業規模によってはそういったサークルの情報などがなかなか出回らず、直接聞かなければわからない場合もあります。

「健康増進のためにスポーツの習慣を作っているのですが、社内のスポーツサークルなどは存在しますか?」などと聞いてみるのも方法です。

サークル経由で人脈ができる場合もあるため、積極的に参加する人も多いからです。

もしないといわれた場合は「作ることが可能か」聞いてみるなど、積極性をアピールしていくのも方法です。

企業側の受け答えで積極的にスポーツなどを推奨しているのか、基本的に業務に関わること以外はそれほど関心がないのかを確認することもできます。

反応が悪ければ無理に踏み込まずに、勉強会などの集まりはあるのかなど、方向を変えていくのも方法です。

仕事に役立つ情報を事前に聞いてしまうのも方法

面接から採用に至るまでは就職か転職かでも代わってきます。

しかし、ある程度間が開くことは珍しくないため、「入る前に勉強しておいた方がいいことがあるか」聞いてみるのも方法です。

業務に対する意欲をわかり易く示せるだけでなく、学習意欲が高いことも明確にすることができます。

もし、業務内容が説明会などでもしっかりと説明されているようであれば、「業務について学ぶ前に読んでおいた方がよい本などはありますか?」などアレンジを加えるのも方法です。

専門書にも複数の種類があり、それぞれに内容に違いが出ることもあります。実際にどのようなものがおすすめなのか聞いてみるのも方法なのです。

ただし、役職によってお薦めできる本などが異なってくる場合もあります。

逆質問をする場合に、誰に聞かれて、誰に質問したいかはしっかりと見極める必要があります。

重役などが面接に参加しているのでれば、内容も調整する必要があるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です