Slider

女性の転職は何歳まで?年齢が不利になるかもしれない職種とは?

女性の転職は何歳まで?年齢が不利になるかもしれない職種とは?

女性が転職を検討する際、年齢を気にする人は多いはずです。

「もしかしたら転職で年齢が不利になってしまうのではないか」と心配になるのはよくあることです。

ただ女性が転職をするのに、年齢を過度に気にする必要はありません。

なぜなら今の社会は人手不足で、猫の手も借りたいぐらい働き手が求められているからです。

女性の転職における年齢とどう向き合えば良いのかをまとめました。

また人手不足でも年齢が不利になるかもしれない職種を、いくつかピックアップします。

転職を検討していて年齢が気になる女性は参考にしてみて下さいね。

ブレイブ
年齢が高くなると、扱いにくいって思われそうだよね。
ケリー
確かに・・・倍率が高いところは避けたほうがいいかな?って思っちゃうよね。

女性の転職は何歳まで?そこまで気にする必要はない理由

以前は女性が転職するなら30歳までだったりや35歳までだったりなど、転職する時の年齢がクローズアップされていました。

あくまで一般的にみてですが、転職は若いほうが有利だとされていました。

今でもその名残りがまったくないわけではないものの、ここ最近はその風潮がだいぶ変わってきています。

年齢が上でも関係なく女性の転職を歓迎するケースが珍しくありません。

そこで女性が転職するのに年齢をそこまで気にする必要がない理由を、3つに分けてそれぞれ解説しますね。

マミ
若いほうが有利ってわけでもないのかな?とはいえ若いに越したことはないんだろうな・・・って思っちゃう。
ケリー
もちろんそういうところもあるんだろうけど、他に評価してもらえることがあるってことじゃないかな?

能力さえあれば年齢に関係なく転職が歓迎される

実力主義や能力主義が叫ばれるようになって久しいですが、その影響は性別を超えています。

男性でも女性も関係なく能力のある人が会社で活躍するようになっていて、今は女性がトップをつとめる会社が珍しくありません。

能力次第で女性がトップをつとめるケースがあるのですから、転職においても女性の年齢を理由にマイナス評価を受けるケースは減ってきています。

以前だと30歳を超えたら結婚して退職して子育てに専念するのが一般的でしたから、そのぐらいの年齢での転職は難しかったのかもしれません。

ですが今は本人にやる気があって能力が備わっていれば、会社は女性の転職をむしろ歓迎します。

能力があるならその部分は正当に評価されますし今は人手不足なのですから、有能な人材はどこの会社ものどから手が出るほど欲しいです。

また課長や部長などの管理職を、年齢の高い女性が任されることもあります。

能力や実績がなければさすがに年齢が高いと転職は厳しいですが、それは男女ともに共通する傾向です。

今は能力主義に変わってきているので、能力があれば年齢が高くても転職で不利になりません。

育児への理解が進んできている

年齢の高い女性すべてに当てはまるわけではないものの、育児と仕事を両立させようと頑張る女性は多いですよね。

以前は女性の育児に対する会社の理解がそれほど高くなかったため、子どもがいて育児をする年齢の高い女性の転職事情は比較的厳しかったです。

ですが今は女性の育児に対する会社の理解がだいぶ進んできているので、女性の年齢が高いからといって転職できないわけではありません。

それどころか転職の求人で「働くママさん歓迎」や「主婦の方でも働けます」など、ママさんや主婦を歓迎するスタンスの会社すらあります。

年齢が高い女性は、今までだと育児をはじめとした家庭の事情が転職のネックになってしまうことがよくありました。

今でもそういう部分はまだあるものの、以前と比べれば育児への理解はだいぶ進んできています。

つまり年齢が高い女性でも転職しやすい状況です。

女性目線の商品やサービスを提供するための戦力として期待

今は商品やサービスを提供する際、女性目線でどうなのかが欠かせなくなりました。

女性の消費動向によって商品やサービスがヒットするか決まるといっても過言ではありません。

実際に女性目線を取り入れて商品やサービスをヒットさせている会社が、ここ最近は本当に多くなってきています。

今までは女性で年齢が高いと採用されにくかったかもしれませんが、今は状況がまったく違います。

女性目線の商品やサービスを提供するための戦力として期待されることがよくあります。

もちろんただ女性であれば良いというほど甘くはありませんので、会社が必要としているスキルや実績がなければ転職は厳しくなります。

ですが前職で培ったスキルや築いた実績があれば、たとえ年齢が高くても戦力として期待されます。

転職するのに、年齢をそこまで気にする必要はなくなりました。

【女性の転職】年齢が不利になるかもしれない職種は?

能力主義での採用が進んできているため、男女の差や年齢は転職であまり関係なくなってきています。

ですがもしかしたら年齢が不利になってしまうかもしれない職種も中にはあります。

いくら能力主義に変わってきているとはいえ、年齢が転職に関係してしまうケースがないわけではありませんよね。

ではいったいどんな職種が転職において年齢が不利になってしまうのかを確認していきます。

もしも転職を考えているなら、ちょっと覚えておきたいですね。

ブレイブ
やっぱり経験よりも年齢を重視する職種があるってことだよね。
ケリー
それは仕方ないことかもね。でも、最初に知っておけばわざわざそのハードルを越えようとしなくて済むよね。

購入者層が若い販売職

購入者層が若いショップやお店の販売職へ転職するのは、年齢が高いとやや厳しいかもしれません。

なぜなら購入者層が若い販売職は、スタッフも若い女性を中心に占められているケースが多いからです。

たとえ販売職の仕事に従事した経験があって経験豊富でも、採用されるとは限りません。

購入者層が若いのであれば、やはり若いスタッフに共感を得やすいです。

ですから購入者層に合わせるため、スタッフも若い年齢で揃えることが多いです。

こうした事情があるので、スタッフが若い販売職への転職は年齢が高いと厳しくなる傾向があります。

ただフロアマネージャーやチーフなどの管理職寄りの業務を行う求人では、採用される可能性があります。

販売一筋でやってきてどうしても販売職にこだわりたい場合は、管理職寄りの求人に応募すると採用されるかもしれませんね。

育成志向が強い会社の営業職

育成志向が強い会社の営業職も、年齢の高い女性が敬遠されやすい職種です。

今はあまり一から育てるよりも即戦力を求められることの多い営業職ですが、それでも育成志向の強い会社もないわけではありません。

育成志向が強いのですから、年齢が高いとどうしても敬遠されてしまいがちです。

また営業の場合は販売する商品やサービスにもよるため、年齢の高い女性に合っていない商品やサービスだと転職が厳しくなってしまいがちです。

もしも営業にどうしてもこだわりたいのであれば、通常の訪問営業ではなく電話営業だと転職しやすいです。

トークスキルが求められはするものの、その点さえクリアしていれば年齢が高いからといって敬遠されたりはしません。

むしろ年齢が高い女性ならではの落ち着いた声を高く評価され、積極的に採用されることもあるほどです。

営業職を希望するなら、訪問営業だけでなく電話営業も含めて転職の求人探しをするといいかもしれません。

専門知識を必要としない一般事務

専門知識を必要としない一般事務は、年齢が高い女性だと転職しにくい恐れのある職種です。

どの会社の求人に応募するのかにもよりますが、専門知識を必要としない一般事務はできる限り将来をみすえて若い人を採用する傾向があります。

専門的な知識を必要とする一般事務なら、年齢よりもスキルが重視されるのは間違いありません。

ですが特にそうではない一般事務は、これから育てていくことも兼ねて若い人を採用することが多いです。

突破口があるとすれば、一般事務だけでなくマルチタスクでの作業を要求される事務です。

その場合は若い人だとどうしても対応できませんので、年齢に即した経験が求められます。

経験が求められるため、高い年齢であっても敬遠されたりしません。

一般事務は全体的に人気が高い職種ですから、募集が集まると若い人の方が採用されやすいです。

ですので一般事務を希望する場合は、年齢の高さがネックになってしまいかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です