TOP1
TOP2
Slider

振替休日と代休は何が違う?休日手当が変わってくるって知ってた?

振替休日と代休は何が違う?

サラリーマンの人でも、労働に関する仕組みをちゃんと知っている人は少ないのではないでしょうか。

それを知っていないがために、本来は行使できる権利を使っていない人を多く見かけます。

トラブルが起こってから、労働基準監督署に相談しにくる人もいます。特に労働時間の問題に関しては多いようですね。

残業時間や休日日数などが、違法ではないかという内容です。有休や代休がちゃんと取れないという相談も多いようです。

そういえば、振替休日と代休の違いを知っていますか?

本当は休日なのに、仕事が残っているから出勤しなくてはならない。こういう経験がある人は多いと思います。

本来は休みだったのに仕事をしたから、その分の休日をどこかで取らないといけない。この場合だとどうなるんでしょうね。

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。振替休日と代休の違いについて、説明したいと思います。

振替休日と代休の違いとは?

人によっては振替休日と代休は言い方が違うだけで、同じと思っている人もいるようです。実はこれらは全くの別物なんです。

定休日以外に休むときは振替休日や代休、有休を使うと思います。これらの違いによって、労務上の取り扱いが変わってきます。

給与にも影響してくるので、しっかりと違いを知っておきましょう。契約で定められている定休日は休日になります。

その休日に出勤した場合、替わりに労働日のどこかで休みを取ることになります。このようなケースを代休を使うと言います。

代休は社内規定で代休制度がある場合に、申請できます。法律上は代休制度の義務はないからです。しかし、労働者に週に1日は休みを与えないといけないという法律はあります。

その場合は、何としても休んでもらわないといけないですよね。結果的には、ほとんどの会社で代休制度を採用しています。

振替休日というのは、休日だった日を労働日とします。しかし、どこかで休みを取らなければいけません。

そのために本来は労働日である日を休日にすることを、振替休日といいます。振替休日の設定ですが、労働日の前日でも後日でも設定は可能です。

特に決め事はありませんが、振替休日は労働日と近接している方が良いと厚生労働省は推奨しています。急に振替休日と言われても、困る人が多いでしょう。

そのため、前日までには労使間で振替休日を決定しておかなければいけません。その際に、労働日と休日がどうなるかということを決める必要があります。

振替休日は会社側が決めて、代休は労働者側がどこを休みにするか選ぶ感じですね。休日に急な仕事ができて出勤した場合は、代休を使うことになります。

振替休日は事前に休日が決まってますからね。大体の会社は休日を土日に設定していると思います。

そのため、土日に出勤すると平日のどこかで休みを取ることになります。例えば事前に土曜日を労働日にして、月曜日を休日にするなら振替休日。

土曜日に働いたから、その替わりに月曜日に休みにしたら代休になります。

振替休日と代休では休日手当が変わってくる!

休日出勤をした場合は、もちろん休日手当がでます。振替休日と代休は別物なので、給与の考え方も異なってきます。

休日出勤をした場合、企業側は休日手当として35%の割増賃金を労働者に支払わなければいけません。

まず振替休日ですが、これは休日労働とはみなしません。理由は労働日と休日を事前に入れ替えただけで、労働日が増えたわけではないからです。

いつもは休みの日に仕事をしたので、休日出勤をした感覚になります。しかし、いつもは働いている日を休日にしただけです。

事前に労働日と休日を入れ替えることで、休日出勤扱いではなくなります。そのため、賃金は通常通りということになります。

もちろん8時間を超えたら、残業手当などは付きます。代休の場合ですが、急に仕事が入ったことによって法定休日に労働するケースが多いです。

法廷休日に労働をした場合は、休日手当の対象になります。この法廷休日に労働したという事実は、消えることがありません。

そのため、35%増の割増賃金は必ず発生することになるのです。法定外休日の場合は、25%になります。働いた時間は同じでも、代休の方が上記の理由から給与は多くなります。

振替休日も代休も、給与の計算の仕方が少し独特です。多くの会社は振替休日を同一週内に設けています。

同一週内に取得しないと、割増賃金が発生する場合があるからです。例えば1週間の労働が40時間を超えると、時間外労働の割増賃金が発生します。

このことから、振替休日は同一週内にすることがコストの面でも良いとされているんです。代休の給与計算も少しややこしいようですね。

代休を取得した日の賃金は、控除されることになります。しかし、翌月以降に代休が取得された場合は、その月の給与から控除することになります。

これは労働基準法第24条の、賃金の全額払いの原則によるものです。休日出勤と代休日の間隔が開くと、給与計算もその分ややこしくなるようです。

経理の人は大変だなと思いますね。

振替休日と代休の違い、わかりましたか?

振替休日というのは、簡単にいうとあらかじめ決められている労働日と休日を入れ替えることです。

休日出勤をする前に労働日を決めるので、いつもは休日の日に労働をしても休日出勤扱いにはなりません。

代休というのは、労働契約上予め定められている休日に働いた代わりに、別の労働日を休日とすることです。振替休日と違って、事前に休みが決まっていません。

本来は休日なのに、急な出来事などでやむを得なく働いた場合は休日出勤になります。この場合は、35%増しの賃金が発生します。

振替休日も代休も、働いている時間はどちらも一緒です。しかし、代休の場合は休日出勤手当がでるので給与が高くなります。

企業側としては、コストを抑えるためにも振替休日にしたいと思います。労働者側としては、代休を使った方が給与は高くなります。

働く時間は同じなのに給与が異なるのは、上記の理由によるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です