転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持っている人にオススメの転職先は?AFPとCFPの違いなど

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持っている人にオススメの転職先

相談者の人生における目標を達成するために、経済面での計画を立てて実現をサポートする仕事がファイナンシャルプランニングです。

ファイナンシャルプランニングという仕事を果たすには、税金や不動産といった経済面の知識が幅広く求められます。

このようなファイナンシャルプランニングを専門的に行う職業がファイナンシャルプランナー(FP)と呼ばれていて、近年では自分の生き方について相談したいという人が増加しており、需要が高まっています。

この記事では、現在FPの資格を持っていて転職を考えている人や、FPの資格を取った後に転職しようと考えている人に向けてFPとはどのような資格であるか、どんな仕事をするのか、どのような転職先に向いているかといった紹介をしていきます。

転職してFPとして働きたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

ファイナンシャル・プランナー(FP)ってどんな資格?

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、相談者の経済力やライフスタイル、価値観に合わせた資産運用やアドバイスを行います。

特別な資格を持っていなくてもFPを名乗ることはでき、FPとしての仕事をすることはできます。

しかし、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士資格や、民間資格であるAFP資格・CFP資格を取得することでFPとしての知識を深めることができ、相談者からの信頼も得やすくなります。

FPへの相談の例としては、老後の生活や子供の育て方、マイホームの購入といった今後の人生を左右するような計画や目標が挙げられます。

それらを実現していくためには当然資金が必要となってくるため、経済的な面での相談者へのサポートを行うのがFPなのです。

FPとしての仕事を果たすためには、税金や金融業界、年金、教育、不動産といった幅広い経済的な知識とそれらを総合して計画を立てる力が求められます。

ファイナンシャル・プランニング技能士資格やAFP資格・CFP資格を取得していることはFPとしての確かな知識や力量を備えている人物であることの証明となります。

まったく実績のない人物がFPを名乗っていても信頼を得ることは非常に難しいものですが、これらの資格を持っていることでFPとして確かな能力を持っていることを証明することができます。

経済的な知識のスペシャリストであるFPとして、活躍するために必要となってくるのがこれらのFPとしての資格なのです。

AFP資格とCFP資格の違いについて

ファイナンシャル・プランナー(FP)としての民間資格にはAFP資格とCFP資格の2種類があります。

どちらも日本FP協会が認定している資格で、CFP資格が上級資格となっています。

AFP資格について

AFP資格は技能検定の2級に合格し、AFP認定の研修を受けて日本FP協会へ登録した人が取得する資格です。

FPとしての仕事を果たすための基本的なスキルが身についていることを証明する資格であり、2年ごとに資格の更新を行う必要があります。

更新の際には新しい知識を身につけることになるため、更新のたびにFPとしての能力を高めていくことができます。

CFP資格について

CFP資格はAFP認定を受けたうえでCFP資格試験に合格し、CFP資格のエントリー研修を受けて実務経験をある程度こなすことで初めて認められます。

CFP資格は世界24カ国で認定されているグローバルな資格であり、世界基準で認められたFPであることの証明になります。

AFP資格と同じく2年ごとの資格更新を行う必要があり、更新のたびにスキルを磨いていくことになります。

AFP資格を取得していることが前提となる上級の資格であるため、日本におけるAFP資格者が約16万人いるのに対して、CFP資格者は約2万人ほどとなっています。

ファイナンシャル・プランナーの仕事内容とは?

ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事内容とは何か、FPとは具体的にどのような仕事をする職業であるかについて解説していきます。

家計管理へのアドバイス

自分の力では家計をうまくやりくりすることができないという相談者に対して、家計の現状がどのような状態であるかをきちんと把握して、経済的な面からどのような改善をすればよいかについてサポートします。

赤字を解消して将来への貯蓄を作るためにはどのような方法があるか、具体的な方策を示してあげることが大切になります。

老後の生活をどうするべきかのアドバイス

体力の衰えや病気など、自分の将来の暮らしについて不安を感じている相談者が少なくありません。

そのような人に対して老後の生活を具体的にどのようなものにしたらよいか、そのための資金をどのように用意するかといった計画を立ててあげる必要があります。

老人ホームへの入居や病気になった場合の入院などを考慮して、将来の不安をなくすことができるようプランを立てることが重要となります。

経済面の知識はもちろん、相談者の体調やライフスタイルについてもきちんと理解する必要があります。

相続や事業の継承に関する相談

家族が亡くなった際に大きな問題となってくるのが、相続や事業継承です。

相続については細かいルールまで理解できていない人が多く、相続の際に分からないことをFPに相談する人も少なくありません。

相続や事業継承について分かりやすく相談者に説明をしてあげたり、相続に関わる手続きや相続税の計算を請け負ったりするのがFPの仕事となっています。

保険に関してのサポート

現在では多くの人が生活を支えるために様々な種類の保険に加入していますが、自分が加入している保険が本当に自分に合っているか、自分に必要なものか保険の見直しをする人が増加しています。

相談者の経済力やライフスタイルを考慮したうえで、本当に必要な保険は何か、どのようなプランの保険に加入するべきかといったアドバイスをするのがFPの仕事になります。

日々の生活に不安を感じずに暮らすことができるよう、保険について的確なサポートをしてあげる必要があります。

教育にかかる費用のサポート

子供を持つ家庭の大きな悩みとなっているのが、子供にどのような教育を受けさせるべきか、そのための費用はどうするかといった問題です。

相談者の家庭の状況を把握して、子供の教育方針をどのようにするべきかアドバイスをしたり、教育にかかる資金を調達するための方法についての提案をしたりするのがFPに求められる仕事となります。

このように相談者に対して経済面でのサポートをしてあげることがFPとしての仕事になります。

ファイナンシャル・プランナーの資格を持っている人にオススメの転職先

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持っている人にオススメの転職先について紹介していきます。

FPの資格を活用して転職しようと考えている人はぜひこのような職種を目指してください。

保険会社

保険会社の営業職はFPの資格を生かせる職場の代表的なものです。

保険の商品を販売するうえで必要になるのが、顧客の経済力やライフスタイルを理解してセールスを行うことです。

FPとしての能力を生かして顧客一人一人に合った保険商品を提案することで、優れた営業マンになることができます。

公認会計士や税理士

これらの職業では顧客の資金計画や税金の管理をサポートする必要があるので、FPとしての能力を生かした働きができます。

FPの資格を持っていることで確かなサポートができるというアピールにもなり、顧客からの信頼も得やすくなります。

\会計士になりたいなら/
マイナビ【公式サイト】

ハウスメーカー

家を購入するためには多額の資金が必要となり、住宅ローンを組んで購入する人が大半です。

家の購入や住宅ローンはその後の人生に大きな影響があるため、きちんと計画を立てなければなりません。

ハウスメーカーに勤務していれば、FPとしての能力を生かして顧客の人生に合わせた資金計画を提案することができます。

不動産賃貸

賃貸物件や土地の営業を行ううえでFPとしての知識を生かすことができます。

賃貸を利用する顧客に対してだけではなく、不動産を所有している人に対して土地の運用について提案することで営業もできます。

自動車会社

自動車の購入には高額の資金に加えて各種税金や維持費などが必要となるため、自動車を購入するにあたってアドバイスを必要としている顧客が多くいます。

そこでFPとしての能力を生かして自動車の買い替えやローンの組み方、加入しておくべき保険などについて提案することができます。

一般企業における経理職や総務職

企業の経理や総務の仕事では経済面での管理をすることが多くあります。

FP資格を持っていればこのような仕事に能力を生かせるだけでなく、企業に対して即戦力の人材であるとアピールすることもできます。一般企業への就職を目指す場合にも、FPの資格が役立つことがあるのです。

FPの資格を生かして転職するならこれらの職種がオススメとなります。

ファイナンシャル・プランナーの資格の試験日時、流れ、料金など

ファイナンシャル・プランナー(FP)の国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能検定の試験について解説します。

1級の試験は年に一度、9月に行われています。2級及び3級の試験は年に二度、5月と9月に行われています。ファイナンシャル・プランニング技能検定においては学科試験と実技試験を受けることになります。

2級・3級の学科試験の出題形式はすべてマークシート方式による選択式の問題となっています。

学科試験で問われる内容としては、資金計画やリスク管理、資産運用、不動産や相続といったFPとしての仕事をこなすうえで欠かせない知識が幅広く問われます。

2級および3級の学科試験では全60問が出題され、60点満点中36点以上が合格基準となっています。

1級の学科試験ではマークシート方式による四択問題が50問と、記述方式による問題が5問出題されます。

合格基準は200点満点中120点以上となっています。2級・3級の実技試験では記述式による筆記試験が行われます。

5つの事例について出題され、50点満点中30点以上が合格基準となっています。2級と3級では出題範囲に差があり、2級の方がより深い知識を求められます。

1級の実技試験は面接形式で行われ、実際のFPの業務と同じように口頭で相談者に対しての対応をすることになります。1級の実技試験では200点満点中120点以上が合格基準となっています。

学科試験では鉛筆や消しゴムといった筆記用具に加えて、普通の演算機能だけを備えた計算機を持ち込むことができます。

問題によっては計算機が欠かせないものがあるので、基準を満たした計算機をきちんと用意しておきましょう。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の受験申し込みの方法は、インターネット申し込みと郵便申し込みの二つがあります。

受験手数料は試験によって異なり、3級試験であれば学科・実技共に3,000円、2級試験であれば学科が4,200円、実技が4,500円、1級試験は8,900円となっています。

ファイナンシャル・プランナー(FP)は保険会社に有利!

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格とはどのようなものであるかについての詳細と、FPとしての能力を生かせる仕事にはどのような業種があるか、FPとして転職するのにオススメの仕事は何か、FPになるための試験の内容はどういったものかといったようなFPに関しての紹介を行いました。

資格そのものだけでなく、資格を生かす方法についても取り上げたので、FPという仕事に興味を持っている人や、FPの資格を生かして新しい仕事を見つけたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

FPとしての資格を取得することで、これまでに経験したこともないような業種で働くことができるようになり、仕事に対して新しいやりがいを見つけることができます。

身につけた幅広い知識を生かして相談者一人一人の悩みや不安に対して真摯に向き合い、一緒に解決していくことができるよう取り組んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です