TOP1
TOP2
Slider

履歴書を持参する際に封筒は必要?履歴書を手渡しする際のマナーを解説

履歴書を手渡しする際の マナー

転職することを考えている方にとっての悩みとなるのが、履歴書の持参についてのマナーです。

履歴書を持参するにあたって封筒は必要になるのか、封筒には何を書いておけばいいかといった悩みや、履歴書を手渡しする場合にはどのようなマナーがあるかといった悩みを抱えている方は少なくありません。

そこでこの記事では、履歴書の持参についてのマナーを解説していきます。正しい履歴書の渡し方を理解して、転職先に良い印象を持ってもらいましょう。

履歴書を持参する際に封筒は必要?封筒には何を書けばいい?

履歴書を持参する際の悩みとなりがちなのが、履歴書を入れるための封筒は必要かということです。

結論から言えば、履歴書を手渡しする場合であっても履歴書を封筒に入れて持参するべきです。

ここでは履歴書を持参する際の封筒の必要性や、封筒に書いておくべきことについて解説します。

履歴書や封筒の取り扱いによって転職先に与える印象が変わってしまうこともあるので、履歴書を入れるための封筒についてきちんと理解しておきましょう。

履歴書を手渡しする場合も封筒は必要

自分の手で直接履歴書を渡すのなら封筒に入れる必要はないのではないかと考える方もいますが、それは間違いです。

手渡しの場合であっても履歴書を封筒にきちんとしまっておくことが大切です。

なぜなら、履歴書を持ち運ぶ際にシワができたり折れたりすることを防ぎ、汚れがつかないようにするためです。

シワができたり汚れのついた履歴書を提出してしまうと、転職先に悪い印象を与えてしまうおそれがあります。

履歴書を書き終えたらきれいに折り畳み、シワにならないよう丁寧に封筒の中にしまうようにしてください。

封筒に入れたうえで、さらに書類ファイルにきちんと収納しておくことで安全に履歴書を持ち運ぶことができるようになります。

履歴書は持参してすぐに取り出すことが多いので、のりづけなどをして封をする必要はありません。

履歴書の提出を求められたらすぐに取り出せるようにしておきましょう。

封筒の取り扱いの注意点

履歴書を入れた封筒を持ち運ぶ際に注意しなければならないことがいくつかあります。

まずは封筒を入れるバッグはできるだけ大きさに余裕のあるものを選ぶことです。

窮屈なバッグに封筒を入れてしまうと封筒ごと折れたりシワになったりしてしまい、せっかくの履歴書が痛んでしまいます。

封筒に負担をかけず、まっすぐな状態で入れておけるビジネスバッグなどを選択するようにしてください。

雨の日に履歴書を持参することになった場合には、封筒をビニール袋などでカバーしておくようにしてください。

バッグにそのままの状態で封筒を入れておくと、雨水がしみ込んでしまい封筒や履歴書がダメになってしまうことがあります。

持ち歩いている時に封筒が痛んでしまうのが心配な方は、できるだけ高級な封筒を用意することをおすすめします。

高級品の封筒は紙質が良く厚手になっているので、ある程度シワや折れの対策になります。

履歴書を入れた封筒の書き方

履歴書を転職先に直接手渡しする場合には、封筒に宛名を書いておく必要はありません。

転職先の企業宛のものであることは明らかなので、わざわざ宛名を書くことのないようにしてください。

ここからは実際に記入しておくべきことについて解説します。

まずは封筒の表面の左下に「履歴書在中」を記入します。

「履歴書在中」は赤文字で書いたうえで、文字の周囲を赤い罫線で四角く囲むようにしてください。

手書きできれいな直線を弾くのが苦手な場合は、履歴書の提出専用の封筒を購入したり、文具店などで販売している履歴書在中のスタンプを利用すると良いでしょう。

封筒の裏面にの左下には郵送する場合と同じように、自分の郵便番号と住所、名前を記入します。宛名とは異なり、誰が提出している履歴書であるかを明らかにするために必ず記入しなければなりません。

読み取りやすいように丁寧な文字で書くようにしてください。

履歴書を手渡しする際のマナーについて

履歴書を手渡しで提出する場合のマナーがあります。

マナーについてきちんと理解して履歴書を正しく手渡すことができれば、転職先に与える印象も良いものになります。

ここでは、履歴書を手渡しする場合に守るべきマナーや注意点は何か解説していきます。

マナーを守ることができているかによって面接での評価が変わってくることもあるので、履歴書の渡し方を必ず理解しておくようにしてください。

慌てて失礼な渡し方をしないよう気を付けましょう。

提出を求められたときにすぐ手渡す

履歴書を手渡しする場合のマナーのひとつが、相手から履歴書の提出を求められたタイミングですぐに手渡せるようにしておくことです。

ほとんどの場合は面接が始まってすぐに履歴書を提出するよう求められるので、面接の前にはあらかじめ取り出しやすいところに封筒を置いておくようにしましょう。

バッグから封筒を取り出して手に持っておくのがおすすめです。

素早く提出できないでもたもたしていると悪印象を与えてしまうこともあります。

注意すべき点としては、履歴書の提出の話題が出ないからと言って自分からいきなり履歴書を手渡すことはしてはいけないことがあげられます。

面接が一通り終わった段階で、履歴書の提出について一声かけてから手渡すようにしてください。

あくまでも提出を求められたらすぐに手渡すことが大切なので、あせって自分からいきなり履歴書を出すようなことはしないよう気を付けましょう。

手渡す際には封筒から取り出す

履歴書を手渡しする際に注意するべきマナーが、履歴書を封筒から自分で取り出して提出することです。

履歴書は提出してすぐにその場で読まれたり、そのまま面接を進めるために使われることが多くあります。

そのため封筒に入ったままの履歴書を手渡してしまうと、相手に履歴書を取り出す手間をかけさせてしまいます。

これはマナー違反になってしまい、面接官からの印象もあまり良くありません。手渡しの場合には封筒の封をしておかず、自分の手ですぐに取り出せる状態にしておくことが大切です。

ただし、面接官ではなく受付やスタッフの方に手渡す場合には封筒のままで渡すようにしてください。

履歴書の折り方も注意すべきポイントとなっていて、すぐに開いて読めるように記載面が表になるような二つ折りにしておくのがおすすめです。

開くのに手間がかかる三つ折りにしたり、白紙の面を表にして折るのは良い印象がないので避けるようにしてください。

履歴書はクリアファイルに入れておく

履歴書を手渡しで提出する際には履歴書をクリアファイルで挟んだうえで、さらに封筒に入れておくようにしてください。

実際に履歴書を手渡すタイミングになったら、封筒からクリアファイルごと履歴書を取り出してそのまま提出しましょう。

クリアファイルを使えば履歴書をきれいな状態で保てるだけでなく、面接官から見ても履歴書の扱い方が良いと好印象を持ってもらうことができます。

クリアファイルはできるだけ無色透明のものを使用するようにしてください。

手渡しの際には封筒の上に取り出したクリアファイルを重ねた状態で差し出しましょう。

面接官が履歴書の内容を読めるような向きで提出すると良い印象を与えることができます。

履歴書を片手で差し出したり、机の上に乗せるようにして提出するのはやめましょう。

両手で丁寧に差し出して、きちんと手渡しで受け取ってもらうのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です