転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

転職前に知りたい!円満退職する方法!円満退社できない理由やできる人の特徴

円満退職

20代、30代ともなれば転職をする方はとても多いです。
転職活動自体にも頭を抱える方は多いかもしれませんが、それが決まると次の悩みの問題が現職の退社問題です。
だれもが立つ鳥跡を濁さずということで、良い関係できれいにやめていきたいと思いますよね。

ポイント
ここでは転職前に知っておきたい円満退職のノウハウなどをお伝えしていきたいと思います。
どんな方が円満退職できるかできないかということもお教えしてしまいます!

「伝え方」が大事!円満退職するためにどんな風に上司に報告する?

円満退職をするためには上司にどのように退職宣言をするのかということがポイントとなってきます。
では、その「伝え方」についてお教えしたいと思います。

落ち着いた時期を狙って

退職報告は有給を申請する時のような状況を頭に思い浮かべるとよいでしょう。
有給申請は有給休暇がある限り、それを取得する権利は誰にもあるので申請することに対して不安に思うことはありませんが、不安や恐怖(人の目が気になる)などを感じてしまいます。
バタバタしている時にそれを申請したって上司も相手にしてくれないでしょうし、「こんな時に!」と、怒られることだってあるでしょう。
退職報告も同じようなもので、バタバタした時期に伝えたって「なぜこんな時に大切なことを話すのだ!」と、なります。
ですので、繁忙期はもちろん、上司が個人的にバタバタしている時に報告するのは避け、落ち着いた時期や時間を狙って伝えてください。
特に、上司が気分屋だという方は、上司の気分の良い時に報告する方が良いので、どんな時に気分が良いのか、予め観察しておくとよいでしょう。

時間は余裕をもって

一般常識として、「転職が決まったので明日辞めさせていただきます」なんて言う人は円満退職ができるとはだれもが思いませんよね。
確実に残された同僚たちにあなたのしわ寄せがきて、上司だけでなく、会社の人たち全てから反感を買います。
ですから、退職予定日の最低でも1ヶ月前には上司に伝えるようにしましょう。
この時期が早ければ早いほど会社も対策を立てやすいので好まれます。

退職理由に不平不満はNG!

転職することが主な退職理由となりますが、その際に、例えば、「この会社で働いていても未来がないと思って転職活動をし続けた結果、転職先が決まったので退職します」なんて喧嘩腰な言い方は絶対にNGです。
「これからこんな分野で活動していきたいので転職させていただきます」というような感じで伝え、最後に「〇月までに退職を考えています」という旨を伝えましょう。

退職届をできるだけ早く提出する

企業によっては退職届を出さなくてもよい企業もあります。
これは企業によって異なりますので、退職届を出す必要がある企業に関しては、できるだけ早く退職届を書いて提出しましょう。
尚、退職届の書き方がわからない場合は、ネットで検索すればいくらでも例は出てきますので、参考にしましょう。

円満退職するためには伝え方のマナーだって大切!

円満退職をしたいのであれば、退職する旨を伝える時にちゃんとしたマナーも覚えておかなければ円満退職ができなくなる可能性もあります。
では、退職時にはどんなマナーを守るべきなのでしょうか。

直属の上司に報告する

「直属の上司に退職報告するのが基本だろ」と、思われた方の方が多いかと思いますが、そういった方は正しいです。
しかし、中には直属の上司に報告するのではなく、いきなり社長や部長など、直属の上司を飛び越えて報告する方もいるのです。
この場合、直属の上司の管理能力が疑われることもありますし、直属の上司としても良い気分はしません。
必ず直属の上司にまずは退職の意思を伝えるようにしてください。

有給休暇の消化よりも残務処理などを優先する

有給が残っているという方も少なくないでしょう。
せっかくの与えられた権利を退職するために失うというのももったいないですよね(有給を買い取ってくれる企業であれば問題ありませんが)。
しかし、有給休暇を優先するのではなく、退職日までに優先すべきことは、残務処理です。
引継ぎをしっかりとして、あなたがやっていた業務をなるべくあなた自身が終わらせられるようにしましょう。
そうならないためにも、転職を考えた時点で少しずつ有休を使っていくというのも1つの手ですよ。

退職意思を示したら引き止められた…さて、どうする?

退職報告をする際に、上司に引き止められるということはよくある話です。
しかし、これにはいくつかのパターンがありますので、そのパターン別の対処方法をご紹介したいと思います。

「恩を仇で返すのか」と言われた

企業が1人の人材を一人前に育て上げるのにはかなりのお金と時間を費やすことになります。
そのため、あなたが退職の意思を告げた際に、このような暴言を吐いてくる上司もいます。
もちろん、あなたの退職の意思が強ければそれを通すべきですが、それでもずっと同じようなことを言われ続け、強迫的な言動をとられた場合には法的措置に出ることも考えましょう。

昇進や昇給を約束された

その企業にとって、あなたがとても重要な存在であれば、昇進や昇給であなたを「吊る」こともあるでしょう。
それであなたが転職することを辞めても構いません。
もちろん、それを断っても構いません。
迷った時にはあなたがどうして転職したいのかなどを考えた上で答えを出してみるとよいでしょう。

引き止められたけどすぐに引き下がった

形だけ引き止められるというようなこともあります。
「もうちょっと頑張ってみれば?これからが楽しくなる時だよ」なんて言葉は、仕事が好きな人にとっては魅力的な言葉ですが、「いや、それでも転職したいのです」なんて言ってみると、上司が「そうか、わかった」と、すぐに食い下がる場合は、ちょっと残念な気持ちもしますが、転職しやすい状況がそろったと思って退職の準備を進めましょう。

退職時に上司にしつこく引き止められる理由と対処法について【なぜ引き止める?】退職時、上司にしつこく引き止められる理由と対処法について

円満退職ができる人の特徴

円満退職ができる人はどんな特徴を持っているのかということを押さえておくと、あなたも円満退職ができるはずですので、特徴を以下でチェックしてみてくださいね。

計画的に転職活動をしている人

転職活動を始める前に、ある程度自分自身でどのように転職活動をしていくのかということをプランニングしている方は円満退職しやすいです。
そういったことが念頭にあると、退職前に残務処理でバタバタすることはありませんし、引継ぎなどもある程度「あの人にこれは任せたい」というように決めておくことでスムーズに仕事が引き継げるからです。
こういった方は、残された同僚にも気持ちよく送り出してもらえますよ。

十分な時間を設けている人

在職中しながらの転職は、どうしても退職する際にバタバタしてしまうことが多いのですが、計画的にやっていれば十分な時間がある方も少なくありません。
退職までに十分な時間を設けている方は、最後にバタバタすることも少ないですし、企業や同僚側にも気持ち的な猶予を与えるので、円満退職はしやすいといえます。

退職理由が明確で不平不満を言わない方

退職報告をする際に、退職理由を述べるのは当然ですが、その際に会社や上司に対しての不平不満を述べる方は、もちろん円満退職からは遠ざかってしまいます。
退職理由もしっかりとしたもので、自分の将来のための退職というのが理由であれば、多くは円満退職できます。

円満退職ができない人ってどんな人?

円満退職ができる日ともいれば、それができない人というのももちろん存在します。
では、一体どんな人だと円満退職ができない人なのでしょうか。

退職時に不平不満を言う人

「どうせこの会社にいるのは後ちょっとだし」と、思って、今まで溜まっていた不平や不満を上司にぶつけたらどうでしょうか。
これは誰もが円満退職ができるわけはないと思いますよね。
誰だって悪いことを言われて良い気持ちはしないので、間違いなくこの場合、円満退職はできません。

退職までの期間が短い

転職先も、あなたが在職中であるということがわかれば、ある程度入社まで時間を空けてくれます。
しかし、中にはそういった融通が利かない企業もあった場合、退職するまで残り1ヶ月未満しか時間を与えてくれないこともあるでしょう。
そうなれば、今の勤め先で十分な残務処理ができなかったり、上司に「急すぎる」と怒られたりするでしょう。
あなたも中途半端に去ることになるので、残された側も去る側もモヤモヤしたままになります。
転職先に「早く退職してこい」と言われた場合、転職先の企業の常識の無さも読み取れるので、この場合、その企業への転職も考えた方が良いです。

円満退職をサポートしてくれる存在がいるって?!

円満退職をしたいのであれば、あなただけの力でする必要はないのです。
こんな人に頼ってみてはいかがでしょうか。

今の仕事を円満退職したいのであれば、転職活動をする際に転職エージェントを利用するのがおすすめです。
どのエージェントでも転職アドバイザーやコンシェルジュがつきます。
彼らはあなたの転職活動を応援してくれることはもちろん、円満退職するためのアドバイスもしてくれる存在です。
特に、初めてどこかの企業を退職するという方の場合、うまく流れをつかめずに円満退職ができないことだってあるでしょう。
そうならないためにも、最初からプロの力を借りて、最後もあと腐れなしに去っていける転職アドバイザーの存在は大きな助けとなってくれるはずです。

円満退職するには転職計画をしっかり立てよう!

最終的にバタバタするような退職では円満退職することはできません。
そうならないためにも、転職活動は計画的に行って、日々の業務でも徐々に片づけをしていく、こうすれば迷惑をかけずに退職することができますし、今の企業から快く送り出してもらえるので、転職活動は計画的に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です