Slider

エンエージェントの口コミ評判・登録方法・使い方など|断られるケースもある?

エンエージェントを解説している勇者と2人の仲間

転職するときは色々な方法がありますが、転職エージェントを利用するという人も多いです。

エージェントに希望を伝えるとそれに添った案件の紹介をしてもらえますし、職場の情報や面接のアドバイスなどを受けることもできます。

エンエージェントは非公開求人も含め、1万5千件以上の求人案件があります。非公開求人は登録しておかなければ紹介してもらうことができません。

しかし転職のエージェントは多くあるので、どこに登録すればいいか分からないというのも事実です。

そこでエンエージェントの特徴や他にはないメリット、デメリットを紹介していきます。

登録の流れや利用の流れなどもまとめて紹介していくので、流れを知ってから利用したいという人も参考にしてください。

転職は大きな転機になることですから、まずはどんなエージェントなのか、利用する価値があるのかを知っておくようにしましょう。

エンエージェントの口コミ評判

書類選考の通過率が悪くて悩んでいたのですが、エンエージェントはそういった人材でも通りやすいと言われたので、申し込みを行った経緯があります。
実際、今までの悩みがウソだったかのようにきちんと雇ってもらえたのは嬉しい経験です。

引き止めるとは思わなかったというのが印象です。
最初退職して転職しようと思いましたが、エンエージェントの担当者の方が良い条件なので転職はしない方が良いと言われ引き留められたのできちんと対応してくれるところだと感じ、転職を止めたという経験があります。

エン・ジャパンなので安心して利用出来たというのが感想です。
こういったサイトは聞いたことがないところも多いのですが、エンエージェントはエン・ジャパンの系列なので抵抗なく利用でき転職も成功したと言えます。

30代だったが転職に成功したのは大きかったです。
30代の転職と言うと、条件が悪かったり、聞いたことがない企業だったりがほとんどですが、エンエージェントは大手企業の求人も多く希望するところに転職することができたのは嬉しく思います。

エンエージェントの求人は中途が充実している印象です。
求人と言うと新卒や第二新卒などが中心ですが、30代の求人も多くあったので安心して利用することができたのは良かったと感じています。

エン エージェントの特徴・他にはないメリットについて

エンエージェントの特徴はこのようなことです。

  • カウンセリングでキャリアや強みなどを明確にしていく
  • 多くの企業情報をもっている
  • それぞれに合った職場を紹介してくれる
  • 情報をもとにした面接対策を行ってくれる

カウンセリングはどのエージェントでも行いますが、エンエージェントでは登録したての人に対しても丁寧なカウンセリングを行っていると評判です。

本人の職場の希望はもちろん、個人の強みになるところ、アピールできるキャリアなどもまとめてくれるため転職活動がしやすくなるのです。

しっかり担当者がキャリアや個性を把握してくれますから、その人にあった職場紹介をしてくれ、面接対策も行っていくことができます。

エンエージェントでは企業の採用担当者と連携をとることにも力を入れているので、応募や面接、入社にあったって普通では分からないようなことも前もって知ることができます。

会社の雰囲気などは公開されている情報だけでは分かりませんが、そういった内情も知ることができるので自分に合った企業を見つけやすいという特徴もあるのです。

更にエンエージェントには他にはないこういったメリットもあります。

  • 担当者がしっかり対応してくれる
  • 担当者とチャットでやり取りをすることができる
  • 14種別のアバイザーがいる
  • 性格価値観診断テストがある

では具体的にそれぞれ紹介していきます。

担当者がしっかり対応してくれる

どこのエージェントでもそうですが、1人の担当者は多くの登録者をかかえています。

それはある程度仕方がありませんが、抱える人数が多くなると1人に割ける時間が少なくなるため、案件の紹介や対応が少なりがちです。

そうなると応募しても返事がなかったり、他の人に決まってしまったりということも起こってきます。

ですがエンエージェントは他のエージェントと比べて1人が担当している人数が少ない傾向があります。そのためしっかり話を聞いてくれ、自分に使う時間を作ってもらいやすくなっています。

担当者とチャットでやり取りをすることができる

転職についてのやり取りは電話やメールが一般的です。しかし勤務しながら転職活動をしていると電話する時間もなく、メールだとなかなか要件が伝わらないということもあります。

しかしチャットで担当者とのやり取りをすることができるため、スムーズに連絡をとることができます。

もちろん電話やメールでの連絡でも構いませんが、連絡するツールが1つ増えるので単純に便利です。

チャットを利用するには専用のアプリをダウンロードする必要がありますが、ダウンロードの料金は無料になっているので安心してください。

アプリでも求人情報のチェックなどをすることができるので、空いた時間に転職活動をすることもできます。

14種類別のアドバイザーがいる

多くのエージェントにはそれぞれの職種を担当するアドバイザーがいます。

職種ごとのアドバイザーは多くても10種類ほどですが、エンエージェントではアドバイザーが14種類に分かれています。

営業や事務、IT系などそれぞれに特徴がありますが、業界内でもトップクラスにアドバイザーの種類が多くなっています。

それぞれの職業に熟知した担当者がいるというのは、転職先を探す上でも面接でも有利になることはあっても不利になることはありません。

性格診断テストがある

個人の性格によって向いている企業とそうでない企業があります。「自分に向いているのは〇〇な企業」と自分で思っていても実際はそうでないこともあるので自分も知るためにも役に立ちます。

性格価値観診断テストはエンエージェントで独自に行っているテストです。

自分の性格や特性、キャリアを知ることができるようになっていて、コミュニケーション能力や創造的思考などを診断していくものです。

転職は精神的にも肉体的にも疲れますから、こういったメリットやサポートがあるのがエンエージェントの強みです。

エン エージェントのデメリット|登録を断られる場合がある、求人を紹介してもらえない場合がある

どのようなサービスでもそうですが、エンエージェントにもデメリットがあります。以下のようなことがあるので、知っておいた上で利用するようにしましょう。

  • 登録を断られてしまう場合もある
  • 求人を紹介してもらえない場合もある

では詳しく紹介していきます。

登録を断られてしまう場合もある

エンエージェントに登録したくても場合によっては断られてしまうこともあります。断られてしまう理由の1つ目は、紹介できそうな案件がないということです。

案件がないというのは色々な理由があるでしょうが、例えば「専門的すぎる分野での仕事を探している」というケースです。

職種によってはめったに求人があがってこないものもありますから、そういった仕事を探している場合は断られてしまうことがあります。

また、今までのキャリアに比べてはるかに高い希望をしている場合なども、登録を断られてしまう場合があります。

無職の期間が長いという場合でも「紹介できる案件がない」という理由から、同じく登録を断れてしまうこともあります。

2つ目の理由は、面談をする場所がない場合です。エンエージェントの拠点は東京、名古屋、大阪、福岡の4ヶ所です。

そのためそれ以外の地域に住んでいる場合は面談を行うことができません。

多くのエージェントでもそうですが、エンエージェントも初回の登録には面談もかねているため、面談をできる場所がない地域であれば断られてしまうことがあります。

求人を紹介してもらえない場合もある

登録を無事にすませても、場合によっては求人を紹介してもらえないことがあります。

1つ目の理由は、態度やコミュニケーションなどに問題があった場合です。

登録するときは面談を行い、どのような仕事をしたいのかなどを相談していきますが、そのときの態度や発言によっては紹介をもらえないということがあります。

具体的にいうと挨拶ができない、敬語を使えないなど、一般的な常識がないと判断されてしまった場合です。

他にも服装や仕事に対しての考え方など、社会人としての適性が低いと判断されれば紹介はなかなかもらうことができません。

エンエージェントも「仕事を紹介する立場」なので、しっかり勤めてくれそうな人を紹介するのは当たり前なのです。

2つ目の理由は、希望している求人がない場合です。

職種によっては求人自体が少ないですし、厳しい条件をつければつけるだけ案件は少なくなります。

「その人に合った仕事を紹介する」という考えをもっているため、条件に合わない場合は紹介を受けることができないことがあるのです。

ここで紹介したデメリットはエンエージェントだけではなく、他のエージェントにも言えることです。

態度の悪さや言葉づかい、対応などは意識して正すことができますから、面談にいくときは身なりを整えて社会人として行うようにしましょう。

必要最低限の条件をつけて求人を探すのは当然ですが、あれもこれもと厳しく条件をつけると案件自体がなくなってしまうこともあるので注意も必要です。

ここで紹介したこと以外でも登録を断られる、紹介がもらえないということもありますが、上記で書いた理由が一般的です。

エン エージェント登録方法・利用の流れ

エンエージェントに登録するには、まずホームページから申し込みを行います。プロフィールを入力するようになっているのですが、必須となっているのは以下の事柄です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 現住所
  • 最終学歴
  • 直近の職歴と年数
  • 直近の年収
  • 転職回数
  • 直近の就業状況

これらを入力して送信すると申し込み完了となります。申し込みをしてから3営業日に連絡があるので、指示に従って指定場所に行き、面談を行います。

ホームページからではなく電話で登録することもできますが、その場合は上記のことを口頭で伝えるようにしましょう。後の流れはホームページから申し込んだ場合と同じです。

面談では、職務経歴や希望などを細かく聞かれることになります。人によってかかる時間は違いますが、だいたい1時間~1時間半ほどだと考えておくようにしてください。

面談が終わると登録手続きなどをし、条件に合った求人があればその場で紹介してもらうことができます。

その場ではなくても後日アプリなどを使って求人を検索することができますし、自分に合った仕事があれば担当者から連絡がくるようになっています。

自分で案件をみつけた場合はそのままスマホなどから応募できるようになっているので、担当者の折り返しを待つようにしましょう。

書類審査がある企業が多いため、まずは書類審査をし、通過をすれば面接となります。

面接の日程調整などはエージェントが行ってくれますから、希望日などを伝え、あとは面接の準備をしていきましょう。

エンエージェントでは履歴書や職務経歴書の対策サービスもあるので、履歴書などをチェックしてもらい、面接のアドバイスも行ってもらいます。

面接が終わるとあとは合否を待つだけです。合否が出る前にエージェントからレビューがくるようになっているので、自分の面接がどうだったのか確認しておくようにしましょう。

エンエージェントでは内定がでた後もサービスがあります。

エージェントが自分の代わりに入社条件の交渉などを行ってくれるので、希望があればしっかり伝え、交渉を行ってもらいます。

特に給料面や休日のことは自分では言い出しにくいため、エージェントを通して交渉してもらうようにするのがおすすめです。

入社したあとも3年間は定期的なフォローがありますから、何か困ったことがあれば相談するようにしてください。

基本的な流れはこのような感じとなっていますから、特別難しいことはありません。

求人をサイトやアプリから検索する、または担当者からの紹介があるので、希望に合えば応募をして面接にすすんでいく流れとなります。

エンエージェントは新しい会社だからこそサポート体制がしっかりしている

エンエージェントは、転職エージェントの中では比較的新しい会社です。

全国展開はしていないので利用できる地域が限られていますが、該当地域であれば利用してみるといいかもしれません。

新しいエージェントのため大手と比べると求人件数は少ないですが、その代わりサポートやサービスが充実しているという特徴もあります。

他にはないメリットもありますから、転職活動に役立てるようにしてください。

転職のエージェントはいくつ登録しておいても問題ありません。

多く登録すると連絡がそのぶん多くはなるので対応が大変ですが、窓口は広げておいた方が良い求人が見つかりやすくなっています。

転職をするときは多くの人が複数のエージェントを利用しているので、その中の1つとして考えてみるのがおすすめです。

もちろん登録料や利用料なども無料ですから、安心してサービスの利用を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です