TOP1
TOP2
Slider

直接応募より転職エージェントを通した方が良い理由|メリットと注意点

直接応募より転職エージェントを通した方が良い理由|メリットと注意点

企業に求人の応募をするときに、応募の方法として直接応募する方法と、転職エージェントを通して応募する方法があります。

転職エージェントを通すことで、合格率が高まる可能性があることから人気だといえますが、直接応募とそうでない場合、メリットと注意点などはあるのでしょうか。

それぞれの特徴を良く活かしながら就職活動をすると、うまく行きやすくなります。

どうしても合格したい会社などがあると、また考え方も変わってくるようになります。

「直接応募」よりも転職エージェントなどを通した方が良いと言われる理由

就職活動で企業側に応募する場合、転職エージェントを通して応募することがあります。

直接応募とが違って、転職エージェントを通した方が良い理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

求人先の情報がよくわかる

転職エージェントを通して就職活動をすることのメリットに、求人先の情報がわかりやすいということが言えます。

例えば何度か転職を繰り返している理由の一つに、自分が思っている会社とはイメージが違ったということがある場合、事前に求人先のことが少しでもわかっているということは、大きな強みとなります。

求人票や会社のホームページだけでは知ることができない、会社の情報を転職エージェントの担当者から直接知ることができるのです。

これで現実とのギャップに悩んだことがある人は、少しでも解決に向かうと考えられます。

他にも仕事内容のより詳しい確認、福利厚生などのことなど気になることはすぐに転職エージェントの担当者に聞くことができますので、最初に受験するころには疑問点があまりなく、受験することも可能となります。

すでに転職エージェント側と信頼関係ができているため合格しやすい

企業側がなぜその転職エージェントと契約しているのかはすぐにはわかりません。

ただ、企業側はその転職エージェントを信用していて、お金を払って人を紹介してもらうように、信頼しているのは事実となります。

ですから何もないで個人で企業に応募するより、ある程度信頼をしている転職エージェントから申込があった方が、申込があった人を信頼しやすいと考えることがあります。

信頼している転職エージェントが紹介している相手だから、同じようにその相手を信頼するという流れにもなりやすくなります。

そのために多少合否も関係が出てきたり、合格しやすくなっているということも言えることとなります。

また転職エージェントだから知ることができる情報をあらかじめ知っておくことができることから、転職エージェント側との事前の打ち合わせの後、企業側の懐に入る様な質問の答えができるようになったり、気に入ってもらえるような発言ができるようになることもあります。

企業側が気になっても省かれてしまうことも

求人先に直接応募することは、他の誰かの考えなしで自分の気持ちのみで応募することが可能です。

一方で転職エージェントを通すとある程度転職エージェントの意向にそった求人先に応募することになります。

ほとんどが自分の希望が通った応募先になりますが、ごくまれに相手先の企業が気になっていても、転職エージェント側で向かないと判断されて省かれてしまうことがあります。

また、どうしても受験したい会社があったとして、転職エージェントを通すと一度不合格になると再度は申込ができないことがあります。

受験したい会社への思い入れが強いと、直接応募する場合は転職エージェント側のことを考えないで、自分の意思のみでの申し込みがしやすいといえます。

転職エージェントを通して求人に申込することは、最初から求人先との絆ができていることが最大のメリットといえますが、逆手に取ると信用度が深い分、合わないと判断されてしまうと、その求人先を受験できなくなってしまうのが難点といえます。

自分が特にお気に入りの企業があり、そこに申込をしたい場合、自分の力のみで頑張るということも選択のひとつとして考えたほうがよさそうです。

「直接応募」のメリットと注意点

就職活動で応募方法には直接応募があります。

企業側に直接応募することでのメリットや注意点などはあるのでしょうか。

直接応募だからこそ、自分のことを伝えやすい環境となり、失敗は許されませんが、成功したときは大きなアピールポイントとなりやすいです。

直接応募するのならそのメリットを十分に生かしながら、就職活動をおこなっていくのが良くなります。

やり取りをすべて自分でするためそこからアピールできる

転職活動を自分で直接応募するメリットをして、企業側とのやりとりをすべて自分ですることになることから、そこからアピールできることです。

例えば転職エージェントなどに任せてしまうと、企業側とのやり取りはすべて転職エージェント側がしてくれるため、就職活動をしている人にとっては手間が減りとても便利といえます。

直接応募は、面接の日程や合否のやり取りなども直接企業側とおこなうことになります。

直接何度もやりとりをできることは自分の人柄も伝えやすく、同時に相手のことも少しずつ分かってきます。

例えばメールでのやりとりは、文章でのマナー、返信の仕方など即座に自分のやり方も伝えることができますし、失敗しなければ自分のアピールポイントとなります。
企業側は何人も面接を繰り返しながら、相手を探しています。

少しでも差をつけて差別化を図ることは、自分をアピールしやすくなるといえます。

企業に興味を持っていることが伝わりやすい

転職エージェントに登録している人から応募があっても、他にも転職エージェントを通して求人を探しているのではないか、きっと誰かから紹介されて応募したのかな、と応募された企業にそれほど興味のないかもしれない、と残念な想像をされることがあります。

これに代わって直接応募することは、ダイレクトな応募になりますので、企業は自分の会社に興味を持っていると考えてくれます。

何かしらの就職活動で、受験先の会社が気になって応募することになった流れは、他の会社の中から選ばれたという印象が残り、どちらかというと相手先にとってもよい印象となります。

他の誰かに選んでもらった会社よりも、自分で選んで受験した会社の方が、自分のやる気度も変わってきますし、相手方にも好印象です。

どうしてこの会社に興味を持ったのかも、本当のリアルなことを伝えやすく、自分の熱い気持ちや意思を伝えやすくなります。

求人内容がわかりにくいこともある

求人票には必要事項を記載しながら、表を埋めていくことで完成していきます。

逆に言うとそれ以外のことはわかりづらいことも多く、自分で会社のホームページを探したり、口コミを探したりなど自分で確認しないといけません。

これらが、自分の思うものとギャップを作る原因となったり、受験してみて初めてこういう会社だったんだ、と気づくこともあります。

求人票には自分たちの企業が悪く思われるようなことをわざわざ記載したりはしません。

体育会系の社風で先輩後輩がしっかりしている会社で、自分とは雰囲気が違っていたり、実際入社してみて初めてわかることももあります。

事前に情報が何もないところからスタートしますので、入社してみて初めて気づくことが多く、失敗したかもしれないと後から気づく事もあります。

もちろん自分で気になることは質問すれば教えてはくれますが、それですべてを補っていくには限界があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です