転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

危険物取扱者の資格は転職に有利?乙4は最低限必要?持ってると就ける業種一覧

危険物取扱者の資格は転職に有利

世の中には様々な危険物があり、これを移動したり処理する際には、何も資格を持たない一般の人ではできないことがあります。
でも、どうしてもそれを処理したい時などにそれができる人達、それが危険物取扱者の資格を保有する人です。
これは国家資格であり、誰もが持っている資格ではありませんから、転職に有利だと考える方は多いでしょう。
では、本当に危険物取扱者の資格を持っていると転職に有利なのか、そもそも、この資格を持つことでどんなメリットがあるのかなど、危険物取扱者を活かして転職したい方におすすめの記事となっていますので、見ていきましょう。

危険物取扱者の基礎について知ろう!いまさら聞けない危険物取扱者って何?

まだこれから危険物取扱者の資格を取って転職に利用したいという方も少なくないでしょう。
そこで、ここでは危険物取扱者とはどんな資格なのか、その基礎を知ると同時に、いくつかの種類がありますので、その違いについても押さえましょう。

大きく分けて資格は3タイプあり、甲種、乙種、そして丙種となります。
この違いは、丙種が乙種第4類から指定された危険物だけを、乙種は全6種から試験に合格した種類の危険物だけを、そして、甲種はすべての危険物を取り扱うことができるというものです。
乙種と丙種に受験資格はありませんが、甲種を受験するには多くの条件を求められるという違いもあります。
転職で危険物取扱者の資格を活かしたいのであれば、乙種第4類の資格は欲しい所です。

危険物取扱者の資格を持っていると転職には有利なの?

資格の基礎について押さえた所で、実際に転職に危険物取扱者の資格が有利に働くのかどうかというのが気になる所ですが、どうなのでしょうか。

結論から言うと、危険物取扱者の資格を持っていることで転職は有利になります。
ただし、上記でも触れたように、危険物取扱者にはいくつかの種類があり、全ての危険物に対応できるのは甲種のみです。
ただ、甲種となると、大学時代からこの資格を目指して、受験資格に合わせた大学や講義を取らなければいけないので、受験資格を持つ人自体が限られますが、これがあれば、やはり他の危険物取扱者の資格よりも、さらに転職の幅は広がりますし、大企業からのスカウトもあり得るでしょう。
しかし、現実的には誰にでも受験資格がある乙種を取得すれば、転職にはかなり有利です。
中でも人気の乙種第4塁(乙4)の資格があれば、危険物の約80%を取り扱えるとみなされるので、多くの企業に対応できます。
しかし、特に乙4の資格は人気が高いため、他の乙種に比べて合格率は低くなりますから、しっかりと学習し、試験に合格することはもちろん、多くの方が持つ資格でもあるため、これ以外の資格を取ったり、経験やスキルを増やして転職活動には挑めば、他の人よりリードできます。

危険物取扱者の資格を持っているとどんな職種に就くことができるの?

危険物取扱者の資格を持っていることでどんな職業に転職できるのかというのも、ここで押さえておきたいと思います。
下記を参考に転職先探しをするというのもおすすめです。

運転手

トラックの運転手の方は、運転免許の種類も一般のものと異なりますが、タンクローリーを運転する場合には、危険物を運搬しているという県会があるため、採用時に乙4の資格を持っていることを求められることもあります。
普段よく見えるものですが、実は危険で免許に資格、そして責任感が必要になる職業なのです。

ビルの設備管理のスタッフ

企業で働いていると、たまにビルのメンテナンスの方がやってきます。
彼らの中にも危険物取扱者の資格を持っている方がいて、一般の管理以上のことができるため、転職の幅が広げられます。

石油や化学系のメーカー

当然、こういった石油系や化学系のメーカーへの就職にも危険物取扱者の資格は有利で、石油コンビナートや化学、印刷工場などで働くこともできますが、やはり工場の危険物を全て取り扱うことができるという意味でも、この場合甲種の資格を求められることもあります。

食品製造業

食品の多くには油が使われています。
そのため、この食用油に関する知識がある危険物取扱者の資格を有する人材を求める企業も少なくありません。

ガソリンスタンド

危険物=引火物となりますから、その間点で言えば、ガソリンスタンドがパット頭をよぎる方は多いでしょう。
ガソリンスタンでは引火性液体を扱いますから、これを扱えるようにするには先ほどご紹介した乙4の資格が必要です(アルバイトの場合必要ありませんが、あれば自給アップにつながるかもしれません)。
これを取得したら、ガソリンスタンドで危険物保安監督者として働くことができます。

消防士

火といえば、やはり消防士というイメージはぬぐえませんよね。
危険物が引火してしまった際の消火の知識やその際に使う消火剤の知識にも富んでいることが望ましいため、危険物取扱者の資格は非常に役立ちます。

危険物取扱者の基本的な仕事内容についても教えて!

一般的に危険物取扱者の資格を持つ人がどういった仕事を行っているのか、これは転職後にどんな実務をこなすのか気になる方も多いでしょうから、チェックしておきましょう。

危険物取扱者を取得していると、転職でどんなメリットがあるの?

やはり資格というのは、持っているだけでもデメリットになることはほとんどありませんから、メリットはありますが、危険物取扱者の資格を持っていることで転職にはどんなメリットがあるのでしょうか。

転職先の幅がかなり広がる

危険物取扱者の資格を持っている方は専門的なことができるとみなされますし、この資格を保持していることが条件となっている求人もあります。
そのため、こういった資格を持っていない方と比べれば、当然該当求人が増えますから、転職の幅も広がります。
後々、危険物取扱者に関連する資格をどんどん取っていけば、益々該当求人は増え、キャリアアップにつなげることも可能です。

スキルにより給料・年収アップが見込める

誰もが持っている資格ではありませんから、当然持っていない人よりもスキル面を買われることになります。
また、この資格が昇進するための条件としている企業もあるので、これを取得することで、給料や年収アップはもちろん、ステータスのアップも見込めます。

危険物取扱の知識を身に着けることができる(スキルアップ)

当然ですが、危険物に対する知識は必然と身に着けることができます。
この資格を取得後も、定期的に保安講習を受ける義務があるため、そこでさらに危険物に対する知識を身に着けたり、疑問だった部分が解決するので、さらにスキルはアップしていきます。
もちろん、それによってあなたのキャリアアップにもつながるでしょう。

危険物取扱者の資格を活かして転職したい!どんなスキルがさらに求められるの?

ただ危険物取扱者の資格を持っているだけでは企業の面接官にはあなたの魅力が伝わってきませんよね。
企業側は危険物取扱者の資格にプラスしてどんなスキルをあなたに求めているのかをご紹介していきたいと思います。

資格だけでなく、危険物に関しての高い知識や経験

転職時には率先力が企業から求められます。
そのため、危険物取扱者の資格を持っているだけでなく、危険物取扱者に関する高い知識、例えば、法令に関することや化学の知識など(試験に出てくることです)、これらがしっかりと身についていることが大切です。
さらに、既に経験職であれば、その経験も転職時には活かされますので、しっかりとアピールできるようにしておきましょう。

通常以上の集中力

危険物は名前の通り、危険なもの(火事になる恐れがあるもの)を扱うので、適当に扱っては自己どころか命を失う危険性だってあります。
そのため、細心の注意を常に払えるような高い集中力が求められます。

専門家としての強い責任感

危険物は家事の危険性物があるものですから、火災を予防する対策もしなければいけませんし、万が一火災になってもそれを最小限に抑える力があるのが危険物取扱者を持った方です。
被害を最小限にできるよう最後まで対処する、そんな責任感があることも危険物取扱者には求められます。

危険物取扱者の資格を独学で取得する際の勉強ポイントはこれだ!合格率は?

危険物取扱者の資格は独学でやろうと思えば取得できるものだといわれています。
しかし、もちろん、ポイントを押さえなければとれるものも撮れなくなりますので、危険物取扱者の資格取得学習ポイントをお教えしていきましょう。

出題されるものは、危険物に関する法令と危険物の性質や火災予防、消化の方法に関する問題、そして、資格の種類によって異なる問題(乙種なら基礎的な物理や化学)の3タイプで、問題数も制限時間も異なれば、全てマークシート方式になっています。
そのため、ちょっと迷うことがあっても、選択肢をよく見れば、答えが得られる可能性も高いということを踏まえて勉強法を見ていきましょう。

問題集の使い方を考えて!

まずは、危険物取扱者の問題集を購入しましょう。
ただし、ここもポイントで、ただ問題だけがずらずらと書かれているものではなく、きちんと解説が記入されているものを購入してください。
問題と答えを丸暗記するという方法もありますし、それでも合格はできるでしょうが、知識として見につかないので、転職のことを考えると不利になります。
解説があることで間違った際になぜ間違えたのかを理解するためにも解説付きの問題集が合格率を高めます。

・自分の得意分野を完璧にする

特に、化学や物理に関する問題は難しいため、正答率は低くなり、そこを狙っていくのは得意であればよいのですが、危険だといえるでしょう(もちろん得意な方もいますが)。
そのため、まずはそれ以外の分野を完璧にした上で、苦手分野はできる限りの情報を詰め込むようにしましょう。

講習を受ける

時間がないから効率的に勉強したいという方は、危険物取扱者に関する講習がありますので、それを受講しましょう。
これを受講すれば、自宅で勉強する際の勉強法も自然とつかめます。

さて、気になる合格率はというと、甲種と人気の乙4は30%程度で、それ以外の乙種は60%となっています。
難易度としては中の上といった所ですから、上記のポイントを活用して学習すれば、合格も夢ではありません。

危険物取扱者の資格を活かして転職をするなら押さえておきたい転職サイト

危険物取扱者の資格を活かして転職したいと考えている方にぴったりの転職サイトがありますので、ぜひ下記を参考にして、早速登録・利用してみてください。

リクナビネクスト

誰もが転職時にお世話になるサイト、それがこのリクナビネクストです。
トップの求人量を誇るサイトですから、メインとして使っても良いですし、他のサイトに足りない部分を補う面でも役に立ちます。
乙4の資格を持つ方の求人もいくつかあり、ビルの管理やタンクローリーの運転手などの求人が多いです。
大手企業関連の求人もあるので、マストチェックです。

doda

特に、既に危険物を取り扱った経験がある方に関しては、経験者を優遇する求人が多いdodaはおすすめです。
クオリティの高い求人も多く、年収アップも期待できます。
危険物取扱者の資格保有者に関する求人は200件以上もありますから、リクナビネクスト以上です。
化学工場などでの勤務など、その種類も豊富なので、キャリアアップを狙う方はぜひ利用してください。

エン転職

エン転職も出dodaほどではありませんが、危険物取扱者の資格保有者を求める求人がいくつかあります。
求人の中身は、ビルメンテナンスのスタッフなどが中心です。
求人数をカバーするという点でも、上記2つのサイトと併用して使うことをおすすめします。

危険物取扱者は転職の幅が広がる資格!乙4をまずは取得しよう!

危険物取扱者の資格保有者であれば転職の幅は広がるので、転職には有利です。
これを持っていれば昇給や昇進の可能性も高くなるため、やはり持っていた方がメリットは多いです。
しかし、転職でそれを活かすには乙4の資格が必要となりますので、まだ資格がない方は上記の学習法を参考にして勉強すれば、資格取得までスムーズにいくはずです。
まずは乙4を取得し、あなたのやりたい職業に転職できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です