転職クエスト~社畜勇者が剣を捨てると決めた日~

TOP1
TOP2
Slider

日商簿記は転職に有利?経理未経験でも大丈夫?何級から有利とかもあるの?

日商簿記は転職に有利?

資格があることは決して転職にデメリットに働くことはないといえるでしょう。
しかし、ただ単に資格を持つことが良いというわけではなく、幅広い実務に対応するものであり、あまり多くの人が持っていない資格を持っていることで、就職や転職には有利に働くといえます。
そんな資格の1つが、日商簿記です。
では、日商簿記は転職で役に立つのか、そして、どんな職業でこの資格が使えるのかなどを詳しくお伝えしていきたいと思います。

まずは知っておきたい!日商簿記の合格率や基礎知識

日商簿記という資格名はあなたも耳にしたことがあるでしょうが、実はどんなものかよくわかっていない方も多いかと思いますので、ここでは日商簿記の基礎知識を学ぶと同時に、気になるその合格率も見ていきましょう。

簿記とは、経営活動を記録したり計算、整理し、経営成績と財政状態を明らかにする技能で、その技能を検定するもの、それが日商簿記検定です。
これには1級、2級、3級、そして、初級とわかれており、初級では簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解することが目的で、日常業務にも利用できます。
3級では経営関連書類の読み取りができ、数字から経営状況を判断できる力があることが証明できます。
2級は、中小企業レベルの簿記に相当するもので、商業簿記と工業簿記に関する知識を有していることを示せます。
そして、1級になると、大企業レベルの簿記となり、大学レベルの商業簿記、会計学、工業簿記や原価計算を習得していることになります。

一般的に簿記は3級取得から始める方が多いのですが、それでも合格率は30~40%で半分にも満たないです。
2級はやや幅がありますが、20~40%、1級ともなると、その合格率は10%未満になることもあります。

参考 簿記商工会議所の検定試験

日商簿記って転職する際に有利な資格なの?

「日商簿記の資格を持っていれば転職に有利」だと、言われていますよね。
しかし、実際にそうなのかどうかということをここではご紹介していきたいと思います。

結論から言うと、日商簿記の資格を持っていれば就職にも転職にももちろん、有利です。
例えば、今まで経理の経験もないのに経理へ転職したい方もいるでしょう。
しかし、経理部はその企業のお財布であり、ここが杜撰な状態だと、その企業の経営はズタズタ、信頼なども失われますから、ある程度経理の知識に富んだ方を起用することが多いです。
しかし、日商簿記の資格を持った経理未経験の方の転職であれば、「経理の知識がある」と、判断することができるので、転職時に有利に働きます。
経理はどんな小さな会社にも必ず存在するものですから、日商簿記の資格がどれだけパワーのあるものかは想像に難くありません。

日商簿記3級でも転職には有利に働くの?

日商簿記には1級、2級、そして3級や初級があり、当然1級が一番ランクの高いものとなります。
では、日商簿記3級の資格であっても転職には有利に働くのでしょうか。

3級となると、試験範囲に1級や2級にはある工業簿記は含まれていません。
そのため、この資格を持っていても転職に役立たないのではないかと思われますよね。
しかし、基本的な簿記の知識があることが証明できるものですし、3級の資格があるということは、簡単な財務諸表なら読み取れる方も多いです。
これは誰でもできるというものではないので、転職時に大きく働くこともありえます。
ただし、やはり経理職などを希望するのであれば、最低でも2級は欲しい所です。

日商簿記を活かしてどんな職業に就くことができるの?

この日商簿記の資格を持っていることで、どんな職業でそれを活かすことができるのでしょうか。
転活時の目安ともなるので、見ていきましょう。

経理関連

やはりお金に関することですから、経理職には強い資格です。
入出金の管理や取引に関する記帳、財務諸表の作成や税務申告書の作成など、まさに日商簿記の資格が1番役に立つ職種だといえるでしょう。

財務関連

経理と同じような印象を受けますが、やっていることは全く異なります。
資金調達が主な仕事となりますから、金融機関から融資を受ける場合など、その際にはあなたの簿記の知識が役に立ちますし、活かされます。

税理士や会計事務所での仕事

こちらも大きくまとめれば経理の仲間になるのですが、その企業直属ではなく、企業や個人の経理を代わりに行っているのがこういった事務所です。
特に、お金持ちの方は自分で所得や税金を管理しにくいので税理士を雇っている方がほとんどです。
事務所に勤めずとも、個人的にあなたの簿記の知識を活かして税務申告のお手伝いなどもできます。

こういった職種でなくても、仕事において必ずお金は絡むため、どんな職種でも数字に強い方と証明できる日商簿記取得者は転職に有利だといえます。

日商簿記の資格をどうやって履歴書に書くの?

転職をするにあたって、面倒な履歴書を書くのはどの国も同じです(海外は日本のようなフォーマットはなく、自身でPCを使って作成します)。
しかし、資格の書き方というのがいまいちわかりにくいですよね。
では、日商簿記の資格を履歴書に書く際にはどのようにしたらよいのでしょうか。

まず、「簿記検定〇級」とは絶対に書かないでくださいね。
というのも、簿記と言ってもいくつかの種類があるためです。
どうしても、日本人は略す癖があり、例えば、英語検定を英検と略しますし、この日商簿記も略称です。
それでも良いのですが、「日本商工会議所簿記検定試験〇級」と書いた方が印象は多少良くなるでしょう。
また、取得日には試験実施日となりますので、その日付を書くのですが、その際に、履歴書全体の時制を西暦で書いているならば西暦で、元号で書いている場合は元号で記入するというのも意識しましょう。

日商簿記を活かして転職したい!成功するための3つの方法

日商簿記を活かした転職がしたい、この資格を持っている方であればだれだってそう考えますよね。
そこで、日商簿記を活かした転職を成功させるための3つの方法をご紹介していきたいと思います。

日商簿記の資格だけに頼らない

当然ですが、日商簿記の資格だけに頼って転職をするのは失敗の元となりますので、やめましょう。
日商簿記を持っているから転職もスムーズだろうと思って面接対策などをしなかった場合、もちろん企業から採用をもらえる確率は限りなく低くなります。
ですので、日商簿記にプラスして何か希望の職種に有利な資格を新たに取得することも良いですし、日商簿記を活かしつつ、自分が今までやってきた経験をアピールすれば、企業にはあなたを採用すればメリットがあると思われ、転職成功への近道となります。

3級よりも2級、2級よりも1級!

日商簿記の資格にだけ頼ってはいけないのですが、それをどうしても活かした仕事がしたいというのならば、まずはステップアップする努力をしましょう。
多くの企業が求めている日商簿記のレベルは2級以上です。
3級の方は2級にチャレンジして合格すれば、転職オプションが増えて、転職の幅がぐっと広がります。
さらに、1級ともなれば夢の大企業での経理などを担当できる可能性も高いため、よりあなたの希望に合った転職をするなら上を目指しましょう。

未経験なら経験職の経験と絡めて自分をアピール!

経験者であれば日商簿記の資格にプラスしてあなたの今までの経理や財務としての経験をフルにアピールしましょう。
そうすれば、企業側には「この人物ならすぐに率先力となってくれるだろう」と、判断されやすいです。
また、日商簿記の資格はあるけども、今まで経理などの職種に就いたことはない未経験者の方は、経理に関する知識があることは検定が証明しているのですから、それ以外の面でアピールすることが大切です。
例えば、経理の実務はなくても、今まで営業マンとして簿記の知識を活かし、営業成績をアップさせてきたなど、うまく前職の経験を絡めると、好印象です。

働きながら日商簿記の資格を取る!おすすめの勉強法をご紹介!

次回の転職は日商簿記の資格を取得して、ステップアップしたい、そう思っている方も少なくないでしょう。
そこで、ここでは働きながら日商簿記の資格を取る勉強法についても触れたいと思います。

3級なら独学で!

工業簿記が試験内容に入っていない3級の場合は、比較的独学でも合格できるといわれています。
その際には、参考書などを購入して試験対策に挑むのも良いですが、アプリをダウンロードするのも効果的です。
日商簿記3級の勉強ができる無料のアプリがいくつかあります。
例えば、パブロフ簿記3級liteや、NEW簿記3級スピード仕訳などですが、これらを利用すれば、通勤電車の中やお昼の休憩なんかも本を持たずに勉強できるので効率的な学習法です。

通信講座+参考書+アプリ

2級と1級には工業簿記の試験が入り、これが難易度をアップさせるのですが、ちょっと独学では厳しくなります。
そこで、参考書や上記で紹介したようなアプリで隙間時間は勉強しつつ、通信講座を利用することで、専門的な知識を身に着けることができるので、合格への道も近づきます。

日商簿記合格者にポイントを聞こう!

日商簿記は人気の資格ですから、あなたの周りにこの資格を持っている方も少なくないでしょう。
そんな試験経験者にポイントを聞くというのも大切な勉強法の1つです。
まずは、どんな風に勉強した(教材の確認もする)のか、どんなポイントを押さえることが大切なのか、合格者の体験談を基にして試験対策を立てれば、どこを重点的に押さえるべきかがわかるので、効率的な勉強をすることができます。

日商簿記の資格を活かした転職する際におすすめの転職サイト4選を発表!

日商簿記の資格を活かして転職したい方はぜひチェックしていただきたい転職サイトを4つ発表していきましょう。

リクナビネクスト

日商簿記を活かした転職だけでなく、オールマイティな業種や職種に対応している転職サイトといえば、リクナビネクストです。
求人数は転職サイトの中でもトップですが、「日商簿記2級」を指定して検索すると、そこまで求人数は多くありません。
ですが、リクナビネクストは、プロフィールを登録しておくと、面接確約オファーが届くというシステムが備わっています。
そのため、検索時にヒットしなくても、非公開求人であなたのことが気になる企業からオファーが来ることもあるので、必ず登録しておきましょう。

詳細はこちら

doda

転職といえばdoda、そんな風なイメージを持っている方も多いでしょう。
特に、経験者に強い転職サイトとなりますが、「日商簿記2級」で検索した際には、リクナビネクスト以上に求人数があります。
しかも、これは公開されている求人のみであり、dodaも、リクナビネクスト同様、非公開求人を多く扱っているため、求人数はもっと多いことが予想されます。
特に、税理士事務所などの求人が多いので、そういった場所で働きたい方にはぴったりでしょう。

詳細はこちら

マイナビキャリレーション

事務職に強い転職サイトが、このマイナビキャリレーションです。
「日商簿記2級」で検索すると、dodaほどではありませんが、リクナビネクストよりも求人数は多いです。
比較的、未経験の方でも採用してもらえることが多いので、日商簿記を活かした未経験職種への転職をされる方には強い味方となるでしょう。

type

こちらは他のサイトよりも求人数は減りますが、それでも税理士事務所や大手企業グループの求人が掲載されているので、メインとしてではなく、サブサイトとして利用していただくとよいでしょう。
プロフィ―ルを登録していれば、非公開求人からスカウトされることもあるため、そうなれば転職成功への道に明るい光が見ていきますよね。

ちなみに、「日商簿記〇級以上」という希望条件を掲載していないこともたくさんありますから、これらのサイトから日商簿記の資格を活かせる求人検索をする際には、指定キーワードを入れずに転職したい企業や職種を探すのも転職成功へのカギです。

日商簿記は転職に有利!転職の幅を広げるなら最低でも2級が必要!

日商簿記の資格は転職には確実に有利に働くといえます。
しかし、企業が求めるレベルは最低でも2級レベルとなりますので、日商簿記の資格を活かして転職したいならまずは2級取得を目指しましょう。
それが手に入れば、あなたの希望通りの転職も夢ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です