TOP1
TOP2
Slider

【転職の面接時】職歴に空白期間がある際の回答例|空白期間があると印象が悪い理由

空白期間

職歴に空白期間があるとどうしても目立ってしまい、採用担当者に悪い印象を与えがちです。

これはなぜ仕事をしていなかったかという疑問が生じてしまうためです。仕事を続けるほど経験が蓄積し、人材としての能力が磨かれる場合が多くなります。

技術の進歩が早い職種が珍しくないのもポイントで、学び直しが発生すればそれだけ教育コストがあがる可能性が高くなるのです。

複数の応募者がいれば働き続けた人の方が印象が良くなることを理解し、いかに悪い印象を回避するかが大切になります。

【転職の面接時】職歴に空白期間がある際の回答例

職歴に空白期間があるとそれだけでマイナス印象になってしまうことが多く、いかに職務経歴書の記載や面接で印象を良くするかが大切になります。

やむを得ない理由がある場合はそのまま正直に答えるのも方法ですが、骨休めのためにしばらく離れていたといった内容では印象が悪くなります。

同じ内容でもプラスの面を打ち出せば悪印象を回避できる場合があるのもポイントです。

条件などの面でなかなか転職などが決まらなかった場合も、将来のために投資ししていたことをアピールするなど工夫をするのが基本になります。

時間を無駄にする意識が嫌われるのがポイントになる

職歴の空白期間は面接時に良く聞かれるポイントになります。

時間を貴重なもの捉え、努力を続ける人は何もしない時間がほとんどなくなります。

有能な人材を採用したいのはどんな企業や組織であっても変わらないため、時間を無駄にしない人間ほど好まれる傾向があるのです。

逆に時間を無駄にする傾向があれば人材としての評価が下がるため、何もしない時間を避けることが基本になってきます。

たとえば、長期の海外旅行などで仕事をしていない期間があったとします。

仕事詰めだったので骨休めで海外旅行に行ったとだけ伝えてもマイナス印象になる可能性があります。

しかし、
「仕事を続ける上で海外の流行や文化に触れ、自分の自身のアップデートが必要だと感じた」
など、旅行に行くモチベーションをもって行動したことがわかれば印象がかわります。

転職先の企業の業務内容などにあわせて内容を調整するのが重要で、密接に仕事に結びついた理由であればそれだけ評価も高くなります。

旅行の中身に触れつつ、言語能力を磨くため、多様な価値観を知るためといった目的と結びつけることが大切になります。

情報の紐付けが弱いと上滑りする可能性があるため、情報を深彫りする意識も必要です。

条件が合わなかったなどの言葉は禁句になるため注意

転職時に条件が合う企業などがなかなか見つからず、空白期間が長引いてしまうケースもあります。

しかし、「条件が合う企業が見つからなかった」などの言葉は禁句になります。

能力がある人は積極的に意思決定を行い、転職先を見つける傾向があるからです。

無計画に退職し転職活動を始めたととられてもプラスになりません。

転職活動が長引いて空白期間が出来てしまった場合は、転職活動以外の時間を何にあてていたかが大切になります。

資格の取得など小さくても目標を設定して活動しているだけでも違いがでます。

「自分のスキルの見直しや適性のチェックのため、従来の仕事とは別のジャンルの資格取得に挑んでいました。

結果として、より働きたいという気持ちが強くなり、御社の環境であれば自分を生かし、業績にも貢献できると考えるようになりました」など、調整をすればネガティブな印象が薄れます。

仕事にそのまま生かせる資格であればそのままアピールができるようになります。

取得が簡単すぎる資格の場合は仕事と両立できなかったかなど面接官から追加質問を受ける可能性があるため、「ワークライフバランスを見直し、自分の能力を生かすためには一度仕事と距離を置いた方が良いと考えました。

結果として、自分の人生をより豊かにするためには仕事を続けるべきであり、現場で能力を磨いた方がプラスになるという結論にいたりました」など、成長性をアピールするのが早道になります。

精神的に余裕がなかったなどの理由で仕事が決まらなかった場合も、「休んだ結果仕事をしたいという気持ちが強くなり、継続して打ち込みたいと考えるようになった」と結べば広く応用ができるようになります。

でだしがマイナスでも、現状がポジティブであることをアピールすれば大きな武器になるのです。

職歴に空白期間があるとなぜ印象が悪くなるのか?

職歴に空白期間があれば、それだけサボり癖があるのではと思われるようになります。

人材不足の業界が多いとはいえ、有能な人材は常に競争意識を持って仕事をしています。

空白期間が長ければ競争意識がない人間だと思われる可能性や、そのほかに何かしらの問題がある人間だと思われかねないのです。

転職に時間がかかりすぎれば人格面に問題があって採用されなかったのではという疑念や、体力や精神面で不安があるのではという疑いが生まれる場合もあります。

やむを得ない理由であれば納得できても、理由がない空白が嫌われるということに理解が必要です。

転職を決められないのは能力や人格に問題があると思われる理由になる

向上心がある人は転職なども素早くきめる傾向があり、人当たりもよくなるため採用したい人材として受け止められます。

活動すれば採用が簡単に決まるケースもあるため、転職で空白期間が長い場合は何かしら問題がある人間ではと疑われる可能性が増します。

転職活動の使い方は人それぞれですが、サボり癖があるから転職活動自体から逃げていたのではと思われるケースもあります。

採用担当者は常に有能な人材を求めるのが一般的で、問題がある人間は採用したくないというのが本音です。

よほどの人手不足の場合は問題視されなくても、競争の激しい人気企業や条件が良い企業ほど選択肢が増えます。

自分のキャリアの見直しや転職先のマッチングも含め、能力がないからこそ空白期間が長くなってしまったと解釈される場合があるのです。

決断力や行動力は人材評価の鍵になるため、能力が低いと判断されれば評価も低くなる傾向があります。

理由を説明する能力があれば問題にならないことも多い

職歴の空白期間は印象が悪くなることもありますが、それ単体では大きな影響を与えないケースもあります。

これは家庭の問題や職場の問題など、人生にはさまざまなトラブルがつきものだからです。

順風満帆な人生をたどれる人ばかりではないため、ある程度の空白は許容できるという採用担当者も多いのです。

問題になるのは空白期間を説明する能力です。空白期間があっても、マイナス印象にならないように言葉を選べるのか、誰もが納得できるようにまとめられるかは非情に重要になります。

問題を整理する能力が高く、コミュニケーション能力が高いことがわかればむしろプラス印象になるケースすらあるほどです。

しかし、説明下手でよく伝わらない場合はコミュニケーション能力が低く、扱い人材という評価をうける可能性が高くなるのです。

自分を客観視し、人に伝える能力は報告や連絡といった業務に大きく影響します。

職歴に空白期間があることよりも、それを説明する能力の方が大切になることも多いのです。

自己申告のバランスが重要になっているの点に注意

職歴の空白期間に何をしていたのか、どう説明するのかは非常に重要です。

しかし、ワークライフバランスを考える上で過剰に装いすぎるのはマイナスになる恐れもあります。

たとえば、病気の問題や家族の問題で長期間仕事につけなかった場合でも隠すことはできます。

ただし、実際に仕事についてから問題が悪化した場合などはなぜ隠したのかという、より大きなマイナスにぶつかる可能性があるのです。

病気や家族の介護といったプライベートな事情に理解を示す企業が珍しくなくなっていることには理解が必要です。

説明内容の調整は必要になりますが、病気の経験があったからこそできることや、家族の面倒を見る責任感が評価される場合もあります。

転職を成功させて働くことだけでなく、働き続けられる企業であるか考えて申告することも大切になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です