TOP1
TOP2
Slider

【転職時】履歴書の志望動機の書き方と志望動機の回答例をご紹介!

志望動機 書き方と回答例

転職活動をする際に、履歴書に必ず書く必要がある志望動機。

志望動機は、みなさんが会社に入社したいという気持ちを伝えることができるアピールポイントになります。

志望動機のポイントを押さえて書くことで、採用担当者の方にしっかりと自分の入社意欲を分かってもらえるようになります。

今回の記事では、転職時の履歴書の志望時の書き方や回答例をご紹介していきます。

転職活動を始めようと考えている方や活動中の方は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてください。

【転職時】履歴書の志望動機の書き方

履歴書に書く志望動機はポイントを押さえて書いていないと、採用担当者に気持ちをしっかりと伝えることができません。
逆にいえば、ポイントを押さえた志望動機が書けていれば採用担当者に良い印象を持ってもらえるようになりますよ。

履歴書に志望動機はどのように書くといいのでしょうか、注意するポイントはあるのでしょうか。
ここでは、履歴書の志望動機の書き方についてご紹介をしていきます。

ぜひ志望動機を書く際には、以下のポイントを参考にしてみてくださいね。

なぜ他社ではなく、その会社を選んだのか理由を書く!

志望動機では同業の他社ではなく、なぜその会社を選んだのかという理由を必ず書くようにしましょう。
例えばどの会社でも利用できる内容の志望動機を書いていると、採用担当者の方は自社でなくてもいいのではないかと思ってしまいますよね。

志望している会社にしかない特徴や業務内容を志望動機としてあげると、説得力のある志望動機となります。
またあなたの志望意欲が高いことを、採用担当者の方にもしっかりと伝わるようになります。

志望動機を作成する前に、会社のホームページやパンフレットなどをしっかりと読み、その会社にしかない特色を理解しておくようにしましょう。

給与や休日面、福利厚生などだけで志望動機は構成しない

転職をする際に、今より給料が良い、休日が多いなど雇用条件を重視する方は多いです。
今よりいい条件の会社で働きたいと考えることは悪くないのですが、志望動機をこういった雇用条件についての内容だけで構成することは控えましょう。

採用する側としては、自社のどこに魅力を感じて志望しているのか気になるポイントです。
しかし、自社の雇用条件にしか魅力を感じていないと思われると、自社より条件のいい会社があればそちらに移動されるのではと判断される場合も。

志望動機で雇用条件について書いてもいいのですが、そのポイントだけでなく先ほどご紹介したその会社の特色や、仕事のやりがいなどについて志望動機を書くようにしておきましょう。

漠然とした内容にするのではなく、具体的な志望動機を書く

志望動機として、会社の経営理念に共感しましたといった風に書く方もいらっしゃいます。
志望動機の内容として間違っている訳ではないのですが、これでは漠然としすぎていてあまり良い印象を持たれません。

志望している会社の経営理念のどこに共感したのか、具体的に説明をすることで採用担当者に理解してもらえますし、熱意も伝わります。
経営理念に共感したという志望動機は利用しがちなのですが、しっかりと理由も説明できるようにしておきましょう。

志望動機は結論から書き始める!

志望動機を書く際には、結論から書き始めるようにしましょう。
採用担当者の方は忙しく、志望動機を最後まで読めない可能性もあります。

志望動機の初めに結論を書いておけば、万が一志望動機が最後まで読まれなかったとしても伝えたいことは理解してもらえますよね。
また、理由などから書き始めてしまうと何を伝えたいのか分からない文章になりやすいです。

だらだらとした文章にするのではなく、結論を述べてその後補足で理由を書くと文章構成能力がある人物だと判断してもらえます。
志望動機を作成する際には、自分がその会社をなぜ選んだのかということをまず簡潔に述べるように文章を考えてみるといいですよ。

【転職時】履歴書の志望動機の回答例をご紹介!

ここまでは、履歴書の志望動機の書き方をご紹介してきました。
書き方について理解したものの、実際にどういった風に書けばいいのか悩んでしまいますよね。

ここでは、履歴書に書く志望動機の回答例をいくつかご紹介していきたいと思います。
あくまで回答例となりますので、参考程度にしておき履歴書には自分の言葉で書くようにしましょう。

回答例をそのまま書いて志望動機を提出すると、採用担当者の方に回答例を使用していることがバレてしまうこともあります。
注意しておきましょう。

営業職での志望動機の回答例

「私が貴社を志望した理由は、お客様に寄り添いお客様のための提案をしていくという営業方針に共感をしたからです。
前職でも営業として業務を行っていたのですが、お客様との距離がありどうしてもお客様の声を聞きながら仕事をすることができませんでした。

人と人とのコミュニケーションがしっかりと行われることで、お客様だけでなく自分自身も満足のいく仕事が出来ると私は考えております。
貴社であれば、お客様に最も近い位置で業務を行うことができるので自分の理想通りの職場環境であると考えています。

採用後は、お客様の要望を聞き取りより良い提案をさせていただけるよう努力していきたいと考えています。」

事務職での志望動機の回答例

「私は自分のスキルをより活かせる環境で仕事をしたいと考え、貴社を志望させて頂きました。
前職では、営業事務として営業のサポートをしておりました。
サポートだけでなく、事務業務の効率化を図り、業務がスムーズに進めるよう努力してきました。

業務を行っていく中で、自分の能力をもっと活かせる環境で仕事をしてみたいと考えるようになり転職活動を始めました。
貴社では、事務職であっても幅広い業務をさせていただけるということを知りました。

貴社であれば前職で身に付けたスキルを活かしつつ、業務を通じてより成長していけると考えております。
事務職という業種にとらわれず、色々な分野で活躍が出来るスタッフになれればと思っております。」

技術職での志望動機の回答例

「私は大学を卒業してから、建築施工管理士として業務を行っておりました。
前職は、ハウスメーカーでしたので個人住宅の施工管理がメインでした。

業務を行う中で、商業施設などより規模の大きな現場で管理を行いたいと考え転職をすることに決めました。
貴社は県内だけでなく他県でも大型物件の受注をされており、過去の施工実績からも私の希望する業務が行えると思っております。

また中途採用者であっても、現場管理職として配置してもらえるという点も魅力に感じました。
前職で身に付けた安全管理、品質管理、工程管理のスキルを貴社での業務に活かしていきたいと考えております。」

飲食関係での志望動機の回答例

「前職では、飲食チェーン店で店長として業務を行っていました。
業務を行う中で、よりお客様と身近な距離で接することができる職場で食事を提供したいと考え貴店を志望させて頂きました。

貴店で以前食事をさせていただいた際に、スタッフがとてもお客様に寄り添ったサービスをされている点にとても感銘を受けました。
チェーン店には無い接客のスタイルが貴店にはあり、そこが私には魅力に感じました。

貴店に採用していただけましたら、前職での経験を活かしつつ即戦力になれるよう日々努力していきたいと考えております。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です