TOP1
TOP2
Slider

転職で圧迫面接の特徴やされる理由・意図は?対応や質問例/態度例までご紹介します!

転職で圧迫面接

就活や転活をしている人にとって、特に緊張する場面というのは、やはり面接の時です。
緊張以上に怖いとか、不安などのネガティブな気持ちを抱くシーンです。
しかし、そんなナーバスな状況の時に企業側が追い打ちをかけてくる圧迫面接というのがあります。
あなたはこれについてご存知でしょうか。
面接のノウハウをつかむためにも、ここで圧迫面接についてぜひ知っていただきたいと思います。

圧迫面接って何?

圧迫面接という言葉を聞いたことがないという方は、ここでその言葉の意味を押さえておきましょう。

圧迫面接とは、面接官が面接者の対応能力を試すために、あえて否定的な態度をとったり、意地悪な質問をする面接のことを言います。
ただでさえ緊張している就活生や転活中の方にとってはできる限り圧迫面接は浮けたくありませんよね。
しかし、この圧迫面接には就活生や転活中の方のストレス耐性をチェックするという意味もあるのです。
「え、これってパワハラ?」とか、「いじめじゃん」なんて思われるかもしれませんが、説明した通り、面接官も理由があってやっているということを念頭に入れた上で、それに対応できるように受け答えするというのが理想です。

圧迫面接の特徴を押さえておこう!

圧迫面接とはどんな特徴を持った面接なのかということを抑えておき、圧迫面接かどうかを判断しましょう。

  • 1つの質問に対して回答を深掘りする
  • 面接官が無表情(何を考えているか読めない)
  • 質問のスピードが速い
  • 否定的なことばかり言われる

あなたがこういった「一般的な面接ではない」面接にどのように対応するのかをチェックする際にこういった方法を用いることが多いです。

どうして企業は圧迫面接なんてするの?

上記でも圧迫面接が行われる理由は少し述べていますが、改めて圧迫面接にどういう意図があるのかということをご紹介しましょう。

就活生のストレス耐性を確認するため

社会人になれば、嫌なことなんていくらでも出てきます(転職者の方はご存知でしょうが)。
特に、直接クライアントと接することがある営業の方などは、クライアントからも、そして社内では上司からも嫌なことを面と向かって言われることもあるでしょう。
それに対してすぐに顔に出したり、怒りや不満を言動で表しては社会人としてやっていくのは難しいと考えられます。
あなたが圧迫面接されることによって、どんなリアクションをとるのか、そういったことを面接官はチェックします。

あなたの臨機応変さをチェックするため

何事も冷静に判断できる人であることが社会人には望まれることだといえるでしょう。
圧迫面接をあなたにすることで、あなたがどんな反応を示すか、質問に対してスムーズに回答ができるのか、あなたの臨機応変さを面接官は見ています。

あなたの就職・転職への本気度をチェックするため

あなたが本当に就職したいと思っているのか、その企業に入社したいと思っているのかを圧迫面接で判断する材料にしています。
もし、本当に就職・転職したいという方は、何が何でも面接にくらいついてくるでしょうが、そうでない方の場合、面接に対するやる気が失速してくるでしょうから、こういった面を面接官は圧迫面接でチェックしているのです。

圧迫面接を乗り切るための方法は?

圧迫面接なんてされたら、ただでさえ緊張している状態なのに、さらに緊張して、その企業に就職したいと切に思っているのに何も答えられなくなってしまう方もいるでしょう。
では、そうならないためにはどのような方法をとれば良いのでしょうか。

圧迫面接でよくされる質問を押さえておく

後程ご紹介しますが、圧迫面接でよくされる質問がいくつかあります。
これらをあらかじめチェックしておき、こんな質問をされたときにはどう対処すればよいのかなど、回答と気持ちを準備しておきましょう。

冷静になる努力をする

あがり症だという方は特に、圧迫面接だと思ったら、緊張してわけのわからないことを発言したりしてしまうこともあり得ます。
そうならないために、面接に向けて冷静に何でも対応できるような癖をつけておきましょう。

圧迫面接に対してポジティブにとらえる

圧迫面接でどうやってポジティブになればよいのだと思うかもしれませんが、「圧迫面接を乗り越えられれば内定がもらえる」などと思えば、ネガティブな気持ちよりもやる気の方がわいてきませんか。
ですから、ネガティブに考えるのではなく、圧迫面接をポジティブにとらえるようにしましょう。

圧迫面接の存在を理解する

圧迫面接がどうして行われるのか、その理由は上記でご紹介した通りです。
この理由を頭に入れておけば、冷静に対処していただけますし、圧迫面接された際にも「これが圧迫面接か」と、余裕が持てるはずです。

圧迫面接されると採用されるって本当?!

圧迫面接が行われる理由は、あなたの就職や転職への意思や社会人としてやっていけそうかどうかを判断するためのものだとご紹介しました。
これを聞くと、「もしかして圧迫面接されるのは採用したいから?」と、考える人が多いのですが、実際に圧迫面接=採用となるのでしょうか。

結論から言えば、比較的その可能性が高いということが言えます。
ただし、圧迫面接に対してきちんと対応できた方が対象となります。
しかし、残念ながら、圧迫面接にちゃんと対応できた方でも、それ以上に魅力的な人材がいれば不採用となってしまう可能性もあります。
ですから、圧迫面接をされた人が100%採用になるということはありませんし、採用の最終判断材料として圧迫面接をしているのではなく、狙いもなしに圧迫面接をする企業もあるので、注意してくださいね。
ただ、お伝えした通り、圧迫面接を突破するためには、ポジティブに考えることが大切です。
そのため、「圧迫面接がきたぞ」と、思ったら「よし、採用まであと1歩だ」と、思うのも良いでしょう。
そうすれば、内定にも近づきますよ。

圧迫面接の質問例文をご紹介!

具体的にはどんなことを圧迫面接では言われるのか、されたことのない人には理解できませんよね。
そこで、ここでは圧迫面接によくされる質問例をお教えしたいと思います。

圧迫面接によくされる質問例
「ここ(面接を受けている企業)が不採用になったらどうするの?」
「あなた以外の応募者はもう少し年齢が低いのだけど、どう思う?」
「あなたはこの仕事に向ていないような気がするな」
「もっと面白い回答できないの?」
「なんでうち(の会社)がいいの?他の方が合っているんじゃない?」
「今からする質問に全部即答して」
「採用なんてまだまだじゃないかな」
「あなたの考えは甘いね」
「正直言うけど、うちの会社は厳しいね」
「うちに入っても続くの?」
「全然知らない大学だね。何してきたの?」
「どうする?このまま面接を続けるかやめるか」
「かなりの応募者がいるんだけど、採用されると思っている?」
「もう帰ってもいいけど、どうする?」
「笑ってごまかしていない?」
「もっと努力しないとでしょ」
「それでコミュニケーション能力があると思っているの?」
「結婚と仕事を両津できると思っているの?」
この例文は一部にすぎません。
ですが、よくある質問ですので、こういったニュアンスの質問をされた場合には、「圧迫面接だ」と、思っていただいて良いでしょう。
また、面接を受ける企業で圧迫面接が行われそうだと思っている方は(実際に過去にそういった例があることがわかっている場合)、企業の口コミやその企業に知り合いがいれば、面接でどんな質問が行われるのかをチェックしておくと良いでしょう。

圧迫面接は言葉だけじゃない!態度でも見抜かなきゃ!

圧迫面接は何も言葉だけで圧迫してくるわけではなく、態度でも圧迫してきます。
そこで、ここでは圧迫面接かどうかを判断する材料として使っていただくためにも、圧迫面接によくされる面接官の態度をご紹介していきましょう。

圧迫面接官の態度

  • 腕を組んで眉間にしわを寄せて見てくる
  • 頬杖やあくびをひっきりなしにやっている
  • 眼鏡を拭いている
  • かなりの頻度でスマホやPCなどをいじり時ながらの面接
  • 面接中に携帯で話しだす
  • ちゃんと話を聞かず、こちらが話している時に質問してくる
  • 目を合わせようとしない
  • 何も受け答えをせず、相槌しかしない
  • 話途中で威圧的な声で話に割って入ってくる
  • 貧乏ゆすりをする
  • 面接官同士でひそひそと話し出す

こちらもほんの一部ですが、よくテレビで見る横柄な態度の上司がいますよね。
そんな態度を示してくるとイメージしてみるとわかりやすいでしょう。
ただ、態度で示してくる人に対しては、日頃からそういう態度をとる人であるということもあり得ますので、一概に圧迫面接だとは言えないのですが、そういった面接官に対しても冷静に対応しましょう。

どれくらいの人が圧迫面接を経験したことがあるの?

できれば圧迫面接は避けたい所ですが、一体どれくらいの方が圧迫面接を経験したことがあるのでしょうか。

23
経験あり:23%
経験なし:77%

圧倒的に経験がない方の方が少ないです。
というのも、圧迫面接をする企業自体が減ってきているからなのです。
だからといって、「私はどうせ中小企業しか受けないし、圧迫面接なんて関係ないや」なんて思わないでくださいね。
どんな企業でいつだれに対して圧迫面接が行われるかは判断できません。
面接は色々なシチュエーションがあります。
どんなシチュエーションにも耐えられるように、圧迫面接に対応できるあなたにしておくと、内定はもらいやすくなります。

リアルな圧迫面接体験談をチェック!

実際に圧迫面接された方の体験談をいくつかご紹介していきたいと思います。

私1人に対して面接官は2人の面接でした。1人が進行役として質問をしていて、もう1人は最後までひと言も話しませんでした。でも、ため息や舌打ちなど威圧的な態度を醸し出していたのですが、それは気にせず、もう1人の面接官からの質問にしっかりと答え、2人の目を見ながら話すようにしました。結果は採用でした。

面接の最初の方では肯定的に話を聞いてくれていました。しかし、終わりの方になると威圧的な声で私が今まで答えたことを否定してきました。でも、面接官のそんな態度は無視して淡々と質問に答えると、採用をもらうことができました。

面接で質問に答えていたのですが、ずっと無視されました。その態度を私も無視して質問に答え続けていたら面接にパスしました。

面接の質問に対してちゃんと答えていたのに、すべて否定されました。なので、私も「そうですね」と、答えたら、面接は通りませんでした。

自分が持っている意見や考えを面接官にすべて否定されました。それが嫌だったので、面接を途中で抜け出したら採用をもらうことができました。

これは圧迫面接だと思って、面接官に「ストレスチェックの一環でそういう態度をされているのでしょうが、非常に不愉快です。
一企業の人事担当者として、学生を見極める立場にあることは理解できますが、私たちは入社を志望する学生であり、御社の製品を利用する一ユーザーでもあります。また、面接では企業が学生を見るのと同時に、学生も企業を見ています」と、言うと、最終的には企業側から謝罪メールと電話をもらい、再度面接したいということも言われましたが、断りました。

圧迫面接=採用であるというケースが多いということもわかりますが、圧迫面接に対して適当な対応をしてしまうと、不採用につながるということもわかります。
また、圧迫面接に対して嫌悪感を持っている方は、それに対して面接で抗議したことで、企業から謝罪までされるという稀なケースもあります。
本当にその企業に入りたいのであれば、面接官の態度や言葉に感情で答えるのではなく、冷静に対処するというのが1番です(相手の態度や言葉を間に受けない)。

圧迫面接はポジティブにとらえて冷静に判断すれば大丈夫!

就職や転職の際に度々行われることがある圧迫面接をされれば、焦りや不安が一気に襲ってくるでしょう。
しかし、それでは企業の思惑通りです。
面接を最後までやりきるために、圧迫面接をポジティブにとらえること、そして、圧迫面接に対して冷静に判断して回答するというのがベストです。
面接対策時に、冷静になることや圧迫面接でされそうな質問を押さえて、それに適した回答を用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です