TOP1
TOP2
Slider

退職代行はなぜ甘えと言われるのか?サービスを利用した方が良いケース

退職代行はなぜ甘えと言われるのか?サービスを利用した方が良いケース

本人に代わって、退職の手続きを行ってくれる退職代行サービスがあります。

このサービスを使えば、退職手続きをすべてやってくれ会社との接点は一切なく退職することができます。

このサービスに対しては賛否両論あり、一概に利用を進めることはできませんが利用者が増えているのは事実です。

仕事を辞めるというのは経済問題を伴ってくるため、退職という重大な事柄を他人にお願いしてもいいのかという疑問があります。

一方で、利用者が増えている事実から需要があることも分かります。

退職代行サービスは、その状況において必要にもなり不必要にもなります。

退職代行はなぜ甘えと言われるのか?

退職代行に対して、否定的な意見もあります。

報告や連絡は自分でするのが通常ですから、会社を辞めるという重大なことは自分でしなければなりません。

他人に依頼して代わりに伝えてもらうことは、言葉の言い回しによっては意味が変化してしまうこともあるので、本人の意思どおりには伝わらないこともあります。

また、退職代行サービスを利用された会社にとっても気分の良いものではなく、自社に落ち度があったのではないかという責任感に悩まされることもあります。

社会人としてのマナー

社会人の基本として「ほうれんそう」というものがあります。

大事な報告や連絡をしっかりして、困ったことがあれば相談するというものです。

会社に勤めていれば必ず耳にする言葉で、これができないと社内での評価は落ちてしまいます。

もちろん退職に関しても同様に報告が必要になってきますし、退職について悩んでいるのであれば相談することも大切です。

会社だけでなく成人になれば当然に求められることですし、それができないと社内だけでなく社会的な評価も低下させます。

一般社会では退職の意思を自分で伝えることは当たり前のこととして捉えられているので、退職代行サービスをはじめとして他人に伝えてもらうことは非常識と思われてしまいます。

個人的には様々な事情があっても世間はそこまでの配慮を示してくれず、本人に落ち度があると考えてしまうことが多いのが現実です。

そのような目で見られてしまうと、そのレッテルを取り払うのは簡単ではなく、退職後に自分自身の心を傷めてしまうこともあります。

自立心が欠けている

日本では20歳になると成人と認められ、自分のことは自分で解決できる自立した人間とされます。

成人だから何でも1人でこなせるということはなく、時には他人の力を必要とすることもあります。

しかし、退職を自分の口で伝えることは、他人の力を必要とすることには入らないのが一般的な考え方です。

退職代行サービスなどを利用して退職の意思を伝えることは、他人の力を借りていることなので、自立していない未成熟な人間として捉えられる危険があります。

周りから自立していないという目で見られることはつらく、それが原因となって自信をなくしまいます。

マイナス思考に陥ってしまうことで他人との交流が減り、会話の機会が減っていくことはますます自立を遠ざけていきます。

負のスパイラルに入ってしまうと抜け出すことが難しくなるので、退職の意思はできる限り自分の口で伝えた方が賢明です。

退職代行サービスに頼りすぎ

ひと昔前までは退職代行サービスは存在せず、退職の意思は自分で伝える以外に方法はありませんでした。

仕事上の悩みや人間関係の悩みは周囲の協力も得ながら、自分自身で解決しなければなりませんでした。

退職は最善の策を尽くしても問題が解決されない場合やスキルアップのためのもので、それ以外の理由で退職を決意することは少なかったです。

退職代行サービスが普及するにつれて退職への抵抗感は少なくなり、社内で少しでも嫌なことがあれば退職してしまうケースが目立つようになりました。

サービスに頼り過ぎてしまうことで忍耐力が低下し、長く勤めようとする意識が薄れてしまっています。

退職を申し出ることは勇気がいることは確かですが、退職代行サービスに慣れてしまうと何度もサービスを利用して自己解決能力を失ってしまうことに繋がります。

サービスの利用は最善の努力を重ねた時に限られ、あまりに過度な利用は自分の成長に大きな影響を及ぼします。

退職代行は甘えじゃない!退職代行サービスを利用した方が良いケース

退職は自分の口で申し出なければならないのが事実ですが、時と場合によっては退職代行サービスの利用が効果的なこともあります。

また、退職代行サービスを利用しなければ解決できない状況に追い込まれることもあります。

退職代行サービスに否定的な意見が多いのも事実ですが、その部分だけを正当化するわけにはいかず決して甘えではない状況もあります。

自立心や社会的なマナーを大切にしすぎることで、かえって退職を言い出せない性格もあります。

退職を言い出せない状況

真面目な人に多いのが、退職を言い出せない状況に追い込まれることです。

自分の心中では退職の決意が固まっているのに周囲の反応が気になり、タイミングを逃しているうちに言い出せなくなってしまいます。

周囲から否定的な目で見られるのではないかという不安だけでなく、仕事のできる人であれば引き留められると断れないこともあります。

周囲から阻害されている場合だけでなく、好意的に見られている場合でも退職を言い出しにくくなります。

また、仕事の進行状況が気になって言い出せないこともあります。

仕事を任せられる存在になると責任感が生れてくるため、自分が退職したあとのことを考えてしまいます。

そのことが心配で言い出すタイミングを逃してしまい、ずるずると仕事を続けていくうちに悩みを深くしてしまいます。

心の中で退職を決意しながら、さまざま状況が重なって言い出せないと悩みが大きくなります。

悩みの程度にもよりますが、場合によっては退職代行サービスを利用した方が良いです。

精神的に追い込まれた状況

問題を1人で抱え込みやすい人に多いパターンで、社内での悩みを周りに相談できずに精神的に追いつめられるタイプです。

頑張って仕事をすることが多いので、周囲からの評価は高いですが本人はとても苦しんでいます。

表面上は明るく振る舞っていることもあるため、周囲から気付かれなく余計に孤独になっていきます。

状況が悪化していくと、うつ病などの精神疾患に発展することもあるため注意が必要です。

うつ病をこじらせると他人と接触するのが嫌になるため、最悪の場合には出社することができなくなります。

電話で話したり他人と会うことも億劫になることがあるので、重くなると退職代行サービスすら利用することができなくなります。

こうなってしまうと他人との接触が困難になってくるので、ひきこもり状態になるなど事態は悪化の一途をたどります。

仕事をするにも生活するにも心身の健康が最優先なので、こうなる前に退職代行サービスを利用することは有意義です。

退職の申し出を受け付けてくれない

退職の意思を示したにも関わらず、いろいろな理由から受け入れてもらえないケースがあります。

申し出をした上司が高圧的で根性論を持ち出してきたり、逆に慰留されて辞めることができない状況に追いやられることもあります。

どちらにしても本人は困惑する立場に置かれてしまい、身の置き場のない状態になってしまいます。

このような心理状況では仕事に集中することができずに、日常生活の張りがなくなってしまいます。

大げさな言い方をすれば、会社に動きを封じ込められていると言っても過言ではありません。

こうなってくると自分の努力だけでは解決が難しくなってくることもあるので、会社とは無関係の退職代行サービスを利用して手続きを進めるのが良策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です