Slider

履歴書の学歴・職歴欄はどこから書くべき?書く際の注意点やポイント

履歴書の学歴・職歴欄はどこから書くべき?書く際の注意点やポイント

転職をするときに必須となるのが履歴書です。

履歴書が書類審査に使われるものですし、「自分がどういったことを学んできたのか」を簡単に説明するものなので、しっかり書いておきましょう。

しかし学歴や職歴など、よくよく考えてみるとどうやって書けばいいのか良く分からないという人も多いです。

そこで学歴や職歴などの基本的な書き方、良くみせるコツを紹介していきます。

基本を守っていないと常識がないと判断されてしまうことにもなるので、まずは基本から知っていきましょう。

履歴書の学歴・職歴欄はどこから書くべき?書く際の注意点など

履歴書には学歴と職歴を書くようになっています。

「学歴・職歴」という欄にまとめて書いていきますが、まずは1行目に「学歴」と自分で書き、2行目から実際の学歴を書いていきましょう。

学歴を書き終わったら1行あけ、「職歴」と書き、その下の行から学歴を記入していきます。

履歴書は人に見てもらうための書類ですから、相手が見やすいようにそれぞれ分けて書いていきましょう。

では上記のことを踏まえて、具体的のそれぞれどこから書いていくのか説明していきます。

学歴は基本的に高校から書いておく

学歴は基本的には高校から書いていきます。

中学までは義務教育ということもあり、それ以前の学歴は書かないケースが多いです。

ただし「学歴は高校から書く」という決まりがあるわけではありません。

あくまで高校から書く人が多いというだけですし、特殊な学歴がある場合は書いておくと話がスムーズに運びます。

例えば高校以前にこのような学歴がある場合は書いておくと良いでしょう。

  • 海外の学校に通っていた
  • 難関といわれる小学校や中学校に通っていた

海外の学校に通っていた場合は語学力のアピールにもなります。

書いていなければ分からないことですから、アピール材料になるものは書いておきましょう。

難関、名門といわれる学校に通っていた場合も同様です。

名門であれば書類審査で必ず有利になるというわけではありませんが、自分の学力をアピールすることもできます。

いわゆる「ごく普通の小学校や中学校」に通っていた場合は書かない人が過半数ですが、「一般的ではない小学校や中学校」に通っていた場合は説明も含めて記入していくケースが多いです。

職歴は短期間であっても全て書いておく

職歴は基本的には全て記入していきます。

自分がどういった企業で働いてどういったことをしてきたのかということを知らせるためなので、全て書いておきましょう。

短期間しか勤めていない会社があればマイナス評価になってしまうので省きたくもなりますが、いくら短期間でも職歴は全て書くようにします。

派遣社員であっても同様で、派遣元と派遣先を記入しておくようにしましょう。

勤めていた期間に嘘を書いてしまうと、内定が取り消しになることもあります。

履歴書は正直に書くことが前提となっていますから、正社員や派遣社員で働いたことは短期間であっても全て書いておきましょう。

無職の期間があった場合は空白をもうけておきます。

履歴書は正確に書くことが大事ですから、務めていた職歴年数を伸ばすなどして調整はしないようにします。

空白の期間があれば面接にて質問をされるでしょうから、しっかり答えられるように準備しておくことも大事です。

また、退職理由なども面接で聞かれることが多いので答えを考えておきましょう。

学歴や職歴を書くときに注意しておくこと

学歴や職歴を書くときはこのようなことに注意しておきます。

  • 略称を使わない
  • 和暦や西暦のどちらかに統一する
  • 学校名や社名が変わっている場合はそのことも記入しておく

履歴書は正式名称で記入していきます。

例えば高校ではなく高等学校、(株)ではなく株式会社などですね。

略式で書いてもほぼ全ての人が理解できますが、略式はフランクな場面で使うものです。

面接、転職、履歴書といったかしこまった場面には適切ではありませんから、全て正式名称で記入していきましょう。

和暦や西暦が混ざっていると読みにくいですし、時系列が分かりにくくなってしまいます。

履歴書を見たときに混ざっているとキレイでもありませんから、必ずどちらかに統一していきましょう。

また、学校名や社名が変更になっている場合もあります。

その場合は「株式会社〇〇入社(現〇〇株式会社)」など補足しておくと相手に伝わりやすくなります。

こういったことができていないからといって、書類選考で落ちるわけではありません。

しかし「常識がない」と判断され、マイナス評価になることは充分にありえます。

履歴書の学歴・職歴欄を良く見せるポイント

中には学歴や職歴に自信がない人もいるでしょうが、今更変えようがありません。

履歴書は今まで自分が所属してきた学校や職場を記入していくものです。

しかし、書き方によってはよく見せることができるのです。

全く同じ経歴でもポイントを抑えている履歴書とそうでない履歴書であれば差は明らかですから、できだけ良く見えるように書いていきましょう。

真実を書くことが大事ですが、書き方で印象は大きく変わるので書類審査を通過するためにも取り入れていってください。

職歴の欄は業務内容や担当した事柄も書いておく

職歴の欄は単に「〇〇入社」「〇〇退社」などを書くのではなく、もっと具体的な内容を書くようにしましょう。

例えばこのようなことも記入しておきます。

  • 配属先
  • 担当した業務内容
  • 従事した内容

単に勤めていた会社名を書いている場合、その人がどのような仕事をしてきたのかが分かりやすくなります。

配属先や「マネージメントに従事」「営業課長として顧客フォローを担当」など、ある程度具体的な業務を書くと相手も理解しやすくなるのですね。

「担当」「責任者」という言葉を使うとパッと見たときに「それなりに責任のある立場で仕事をしていた」という印象になりやすいです。

職歴は職務経歴書で詳しく書きますが、応募者が多いときは職務経歴書にすら目を通してもらえないこともあります。

まずは履歴書で自分に関心をもってもらえるよう、簡単に自分が行っていた業務を書いておきましょう。

補足はほんの1行でも構いません。

具体的な業務内容を少し書くだけで良く見えるようになるので、積極的に書くようにしましょう。

業務上の関連がある場合はアルバイト経験も書いておく

長期間のアルバイトであれば記入することもありますが、基本的には短期間のアルバイト経験は履歴書には書きません。

しかし応募する会社の業務内容や職種によっては短期間のアルバイトでも記入しておきましょう。

履歴書は自分のことを分かりやすくまとめた書類ですが、同時にアピールするためのものでもあります。

アルバイトを職歴に記入する場合は社名などを書き、「主にデータ収集を担当」「顧客フォローのマニュアル作成サポート」など具体的に書いていきましょう。

特に応募する企業に近い職歴が自分自身にない場合、アルバイト経験でも大きな武器となります。

前職とは全く違う業界からの転職であれば、できるだけ転職先の業務に近い「業務内容」を書くようにしましょう。

アルバイトであっても経験になりますから、履歴書の見栄えもよくなりますよ。

アルバイトだから悪い、正社員だから良いということよりも「どんな経験があるのか」の方が重要なので書類審査にも通りやすくなります。

適度にスペースをあけて見やすくまとめる

履歴書ではなくてもそうですが、行間の詰まった文章は非常に読みにくいです。

学歴と職歴を書く欄はそれなりに余裕があるはずですから、空白やスペースなどを入れて読みやすくしていきましょう。

いくら学歴や職歴が一般的に「良いもの」であっても、見にくく書かれていると印象が悪くなります。

まずは下書きとして自分の学歴や職歴を書き、全体のバランスを見てから本番を書いていきましょう。

学歴や職歴がごく一般的で特徴がなくても、見やすくまとめられた文章は良い印象になります。

それもある意味才能ですし、「きちんと相手が見やすいように配慮している」というにもことにもなるため、読みやすさも意識していておきましょう。

履歴書の最後には「現在に至る」と書き、その右下に「以上」と書いておきます。

こう書くことで最後がまとまりますし、常識のあるしっかりした人間という印象も与えることができますよ。

たったこれだけでもパッとみたときの印象が良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です