TOP1
TOP2
Slider

転職回数が多い人を企業が雇いたくない理由とは?回数が多くても大丈夫!

転職回数が多い人

転職回数が多い人を雇いたくないと思っている企業はあります。

企業側は雇いたくないと思っている理由とは何なのでしょうか。

それは企業の損害を気にしていたり、相手側の人間性を考慮している可能性があります。

転職の回数が多くても、転職できないわけではありません。

転職理由をはっきりさせて、前向きな気持ちでいること、今までのスキルをアピールしたり、新しい仕事への興味などをアピールしていくのが良いです。

後ろ向きな理由を伝えないこともポイントとなります。

転職回数が多い人を企業が雇いたくない理由

転職回数が多い人を企業がどう思うかは企業によります。

しかしながら、転職回数が多い人を企業が雇いたくないと思うのも一般的なようです。

雇いたくない理由として何が挙げられるのでしょうか。

またすぐに辞めてしまうのではないか

何度も転職を繰り返している人が一番懸念される理由は、またすぐに辞めてしまうのではないか、ということです。

今の時点では理由がわかっていませんが、またすぐに辞められたら企業側も困ってしまいます。

企業側は求人を出すためにお金をかけていたり、新しく着た人に仕事を教えるため研修を開いたり、働きやすくするために人員の配置換えをおこなったりなど、企業側であらかじめしていることがあります。

入社した人がすぐに辞めてしまうと、それらの手間をまた最初からやらないといけなかったり、すべて無駄になってしまうことがあります。

すぐに辞めてしまう人を経験している企業は、もっと敏感になりますので、採用を見送る可能性もあります。

本人に何か問題があるのではないか

すぐに辞めてしまう原因として、本人の問題があります。

それは継続することが苦手ですぐに投げ出してしまう性格や、仕事を辞めることが周囲に迷惑をかけることを想定していないなど、本人に未熟な部分があります。

何か気に入らないことがあるとすぐに嫌になってしまう性格や、その場から逃げるようなことを繰り返すことは、仕事をするということにも悪影響となります。

仕事とは何年も継続しながらおこなっていくプロジェクトや、時には面倒な人や複雑に手がかかっている商品などと付き合いながら、進めていくことがあります。

時間の経過や変化などでうまく行くこともありますし、それを我慢することでうまく発展していくのです。

その経過を待つ段階のところで、仕事が嫌になってしまって辞めてしまうと、無駄になってしまいます。

仕事をする上である程度の継続する力は、必要なことがあります。

周囲の人とうまくやることができないのではないか

求人票には仕事内容や、福利厚生、給料や休みなど初めからある程度記載されています。

もちろん求人票通りうまく行っていない会社も中にはありますが、大多数がその通りに進められています。

仕事内容はある程度分かっている中でその会社を受験しているのですから、入社してから業務内容が違って辞めるということは少ないです。

ですから求人票に書かれていること以外の、人間関係などに問題を作りやすいことも想定されます。

しかも短期間でやめることを繰り返しているとなると、すぐに相手のことを判断してこれは無理だと思って、やめているケースもあります。

人間の感情は日々変化しているものですし、理不尽なことに今話している相手に対して不満がなくても、他で辛いことがあると不機嫌な態度をとってしまったり、さまざまなケースがあります。

自分は一切関係がなく悪いことをしていなくても、気分屋な人は、自分の気分のみで行動していきます。

会社はいろいろな性格や年代の人がいて回っていくものですので、それを自分が気に入らないからと言ってすぐに手放してしまうのは間違っているといえます。

自分に合わない人というのは必ずいますので、どこの会社にでもいると思ったほうが良いです。

それを短期間で見切りをつけて自分から離れていってしまっていますので、周囲との人間関係を作っていけないのではないかと想定されてしまいます。

転職が回数が多い人が面接を成功させる秘訣

転職回数が多い人を雇ってくれる企業もあります。

転職の回数が多くても、面接を成功させる秘訣などはあるのでしょうか。

具体的にはどのようにしたらよいのでしょうか。

仕事を辞めた理由をはっきりする

転職を繰り返している人は、転職理由を言いたくなかったり隠したりしたくなる人もいます。

もちろん後ろめたい理由で辞める人もいますが、そうではなくもっと理由がある人は、理由をはっきりしておくのもよいです。

後ろめたい理由がある人も、このときの理由は、決して人間関係のもつれなどというわけでなく、前向きな意見の方が良いです。

もっと仕事の幅を広げたい、やりがいのある仕事をしたい、違う職種についてみたかったなど、仕事に対して前向きなことを伝えておきます。

やる気があるかないかは、感情的な部分ですが、ポジティブな行動や意見は周囲の人を明るくして、周囲の人を刺激していきます。

相乗効果もありますので、ポジティブなことは良いことです。

仕事を前向きな理由で辞めたということは、大切なこととなります。

就きたい仕事へのアピールをする

転職先が前の職種と違うときは、是非この職種に就きたいということを伝えることが大切です。

以前からずっとしてみたかった、昔から興味があったなど、意欲があることを存分に伝えておきます。

その仕事に対しての自分なりの魅力を語ってもよいですし、自分が好きだと思うことを伝えてもよいです。

職種に対して研究している人はその内容について熱く語ってもよいですし、とにかく仕事内容についていかに自分がかかわりたいかなどをアピールします。

仕事内容に対して詳しいことがわかると、よく勉強していることも伝わりやすいですし、企業側にとっては好印象です。

仕事内容だけでなく、会社全体について調べて、この面が気に入ったから入社したいということを伝えてもよくなります。

公式ホームページがあるところは、細かいところまでチェックしておくと、何か質問があったとき答えやすいです。

すぐに答えることができたのなら、調べたことがアピールしやすくなります。

職種が変わらない場合はスキルをアピールする

転職前も後も、職種が変わらない場合は、自分の持っているスキルをアピールします。

転職することは、新卒と一番違うことで今までの経験の部分があります。

その経験の部分は今まで働いてきた会社で身についていますので、経験の部分をアピールしていきます。

また以前の会社ではこのようなスキルが身に付いたけれど、今受験している会社はこのような違う部分が経験として身につきそうです、など、自分がスキルアップしている状況を伝えていってもよいです。

肝心なのは、今までを含めて自分がずっとキャリアアップしているということなのです。

職種が変わらないというのは、今までのスキルを含めて、新しい企業側に魅力的に映ることがあります。

すぐに実践に移れることや、一から説明しなくてもよいなど、人材の教育の部分で手間がかかりにくいことがあるからです。

そのスキルの部分を十分に生かすようなアピールをしていくと、企業側の人間に気に入ってもらえることがあります。

今までの会社で経験してきたことやその能力は、今の会社では身に付きにくいスキルかもしれません。

そのような部分をうまく話していけると、働こうとしている会社にはない人材と思われて、アピールになるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です